« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

映画3本

まつこです。

すでに小学生も夏休みなのに、大学生は試験期間で、大学教師は夏バテしながら答案の山と格闘中です。

そんな蒸し暑さと忙しさの中、映画3本立て続けに見ました。

1本目はイギリス映画Suffragette。『未来を花束にして』という口当たりの良い邦題になっていますが、女性参政権を求めて闘った20世紀初頭のロンドンの女性たちを描いた歴史もの。

Suffragettexlarge
[ ヘレナ・ボナム・カーター、アンヌ・マリー・ダフらイギリス俳優たちがそろって好演]

イギリスの女性参政権運動の中心的リーダーは、自分たちに参政権が認められないことに疑問と不満を抱いた上中流階級の女性たちでした。ですが、そんな政治意識を持つ余裕などなかった労働者の視点から描かれているのが、この映画の面白さです。子供の時から洗濯工場の劣悪な環境で働き続けている女性が、家庭の幸福を犠牲にして、過激な運動の闘士へと変貌していきます。

迷いつつ突き動かされていく主人公と、その愚直な夫を、キャリー・マリガンとベン・ウィショーが好演。でも、運動のカリスマ的リーダー、エメリン・パンクハースト役でメリル・ストリープをちょっとだけ登場させたのは、いかにも「客演大スター」みたいで興ざめ。がんこなおばちゃん役ならぴったりのイギリス女優がいくらでもいるのに・・・。

2本目はドイツ映画Toni Erdmann『ありがとう、トニ・エルドマン』。私、いちおう、文学作品や演劇を解説することが職業の一部なんですが、この映画の面白さを言葉で語るのはあきらめます。あまりのおかしさに、涙でマスカラが落ちるほど笑ったのですが、そのおかしさを説明できない。完敗(?)です。

Tonierdmann2
[手前の毛むくじゃらの後ろ姿がエルドマン]

ドイツ映画らしくテーマは内面的で「人間らしく生きることとはなにか」といったことなのですが、実質主義のものづくりが得意なドイツらしく、「重量感たっぷりの土臭い笑い」がこれでもかというほど満載です・・・

と、こう書いてもなんのことか、さっぱり伝わらないでしょ・・・。タイトルのErdmannとは、Erde(土)とMann(人)を組みあわせた名前。途中で登場する得体の知れない「土人」が、わけわかんないけどおかしいというこの映画のシンボルです。

3本目はフランスを舞台にしたアメリカ映画、Paris Can Wait『ボンジュール、アン』。「人生の岐路に立つ大人の女性」のための映画という謳い文句ですが、フランスの美しい景色、おいしそうな料理、ほのかなロマンスの気配という、中年女性の願望と妄想をほどよくくすぐる娯楽映画です。

Paris_can_wait_courtesy_of_sony_pic
[『リトル・ロマンス』の美少女も今は52歳。でもやっぱりきれい]

ぽにょ:「ダイアン・レイン、やっぱりきれいだったね」
まつこ:「でもシワ、隠してないね。シミはなかったけど。あとからでもシミは消せるからね」
ぽにょ:「デジタルだからね。あのバッグ、どこの?グッチ?」
まつこ:「エンド・クレジットにトッズってあったよ」
ぽにょ:「柔らかそうな皮のバッグだったね。使えそう」
まつこ:「でも皮のトートって、見た目より重いよ。あのパンツ、おもしろいデザインだったね」
ぽにょ:「ちょっとずんぐり見えたけど」
まつこ:「だから厚底のサンダル履いてたよ」
ぽにょ:「Americans have to have a reason for everythingって言っていたけど、そのとおりだよね」
まつこ:「そうそう。ま、全体にアメリカ人のフランス文化コンプレックスを描いだ映画だね」
ぽにょ:「ダイアン・レイン、シワだらけだったね」
まつこ:「きれいだけどシワあったね」(振り出しに戻る)

映画を見終わった後、おいしいものを食べながら、このようにとことん気楽なおしゃべりをするのにぴったりな映画でした。

2017年7月 9日 (日)

うめぞうの誕生日

まつこです。

7月4日はうめぞうの誕生日。68歳。しかし年をとると誕生日の祝い方もぐっと地味になってきます。

「プレゼント? 特にほしいものないよ。」「外食? 家でゆっくり食べるほうがおいしい。」

Photo
[自作自演?の誕生日]

私も忙しい平日だったので、カードは駅ナカのソニプラ、プレゼントは駅にくっついているリラクゼのギフト券。帰宅途中であわただしく調達し帰ってみると、あらま、びっくり!

Dsc_0998
[ちらしずし]

うめぞう、自分でお祝いのちらしずし作っていました。

Dsc_0999
[アジフライも]

近所の魚屋でアジを三枚下ろしにしてもらい、アジフライまでお手製。ベランダの青じそをとってきて、衣に入れるという芸の細かさです。

あと2年で退職のうめぞう。退職後は専業主夫として、料理の腕を上げたいと、誕生日の抱負を語っていました。

そのうめぞう、週末にかけては沖縄に出張。帰ってきたらこんな姿で、またびっくり。

Photo_2
[アロハシャツで帰ってきたうめぞう]

暑さで着て行ったものが汗だくになり、当地でアロハシャツを買って着替えたそうです。もともと地黒で東南アジア系の顔立ちなので、まあ、よく似合うこと・・・

68歳になっても、70代になっても、うんとおじいさんになっても、このまま愉快な驚きと笑いを提供し続けてほしいものです。

2017年7月 2日 (日)

1日1万歩

まつこです。

この2年ほどで3キロ以上増えてしまった体重。ここでなんとか食い止めたい!「1日1万歩と夕食の糖質制限」と目標を設定したら、10日ほどで1キロ半減。な〜んだ、簡単じゃない、と思ったものの、そこで気を許したらまた元通り・・・。うーむ。

「1日1万歩」というのがけっこう難しいのです。普通に通勤していると7千歩前後。1万歩をめざすとなると、6階のオフィスまで歩くとか、一駅手前で電車を降りて歩く、というような工夫をしなければなりません。しかし、ピンヒール、ポインテッド・トウのパンプスでこれはちょっときつい。

そもそも年齢にともない足の筋肉が落ちるため、ヒールで歩くのが辛くなってきます。同世代の友人たちもだんだんとコンフォート・シューズっぽい靴を履くようになってきました。私もいよいよコンフォート・シューズか・・・(嘆息)

Dsc_0976
[3足まとめて大人買い]

フランスのコンフォート・シューズのアルシュのは、色がきれいだったり、デザインも細めですっきりしています。派手目のおばあちゃん靴みたいなのもありますが、すっきりしたデザインのを選べばあまり年寄りくさくはなりません。

Dsc_0974
[archeのシンボル・カラーは赤]

以前買った迷彩柄のバレエ・シューズが、なかなか使い勝手が良かったので、セールの機会に3足まとめて買ってしまいました。

Dsc_0977
[少しだけヒールがある方が歩きやすい]

アルシュの靴は底が吸収性の良いゴムで、本体がとても柔らかいヌバックです。あまりに履きやすいので、これにいったん慣れてしまうと、なかなかハイヒールにはもどれなくなります。

Dsc_0979
[やけのやんぱち。この日買った4足目]

スーツを着た日も1万歩を歩けるように、ポインテッド・トウのフラットシューズもお買い上げ。こちらはChemburという日本のメーカーです。日本のメーカーの靴は、幅が広くて前に足がすべり落ちて、かえって歩きにくいというものも多いのですが、こちらはフラット・シューズなので大丈夫でしょう。

Dsc_0957
[通勤途中の並木道は今、紫陽花が満開]

ハイヒールを諦めてコンフォート・シューズを履くのは、ある種の「断念」でもあります。シャルル・ジョルダン、ブルーノ・マリ、ペリーコなどなど、かつてカツカツと高らかに音を鳴らして7センチヒールで闊歩した若き日は、遠ざかりつつあります。

今は出勤時にカツカツ威勢よく出かけても、帰宅時にくたびれはてて最寄駅からタクシーということもしばしば。でも、たまにはハイヒールも履き続けたいという「意地」も残っています。「断念」と「意地」が下駄箱の中でせめぎあっています。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »