« 食洗機の色問題 | トップページ | エプロンおじさん »

2017年5月27日 (土)

緑燃ゆ

まつこです。

我ながらうまくなった、と感心するのは新幹線からスマホで撮る富士山の写真。

Dsc_0855effects
[風薫る五月]

大阪の老人ホームに入居した母を訪ねるようになって、7年目。新幹線はできるだけ富士山側の席を取るようにします。富士駅の少し手前、この田んぼの中のまっすぐな道に差しかかったところが、いつもシャッターを切るタイミング。

「今日の富士山よ」「あら、きれいね」というような会話を母とすることができたのは、いつ頃までのことだったか・・・。このところ急激に衰えてきた母は、嚥下が難しくなり、水すらもトロミをつけて口に入れている状態になってしまいました。

新幹線に乗って訪ねたところで私にできることはなく、じっと私を見つめる母を、私もじっと見つめ返すだけ。

骨と皮だけにやせ細った母の体に手を触れると、自分を産み育てた力強い母性が、かつてはこの体の中にあったのだと、ひれ伏したくなるような思いにかられます。「小さく弱いもの」になった母は、生命とは畢竟このようなものなのだと、その厳粛さを教えてくれているような気がします。

帰路、初夏を思わせる青々と広がる風景を車窓に眺めつつ、自分もまた老いて、いつか命を終えるのだなと思いながら、不思議と穏やかな気持ちになりました。

Dsc_0853
[老人ホームの飾り付けは傘と紫陽花。そろそろ梅雨の季節ですね]

« 食洗機の色問題 | トップページ | エプロンおじさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/65335834

この記事へのトラックバック一覧です: 緑燃ゆ:

« 食洗機の色問題 | トップページ | エプロンおじさん »