« おにはそと | トップページ | 似ている二人 »

2017年2月 7日 (火)

マ プール

まつこです。

私たちの住まいは、山手線内で、地下鉄駅から徒歩1分という至便なロケーションにもかかわらず、外食不毛地帯です。なにしろ最寄りの店(?)は東京大学農学部生協食堂です。わずかにあったラーメン屋、おでん屋、パン屋もこの数年で店を閉めました。

そんな外食不毛地帯に突然、鮮やかな黄色い外観のフランス料理屋が出現しました。

Dsc_0600
[ひなびた風情の旧中山道に突如おしゃれなお店が出現。上階の美容院、隣の米屋が昭和の風情]

黄色い灯りに吸い込まれるように行ってみました。

おお、おいしい〜!

Dsc_0578
[バラの形も美しいサーモンの前菜]

このマ・プール(Ma Poule)はご夫婦二人だけでやっている小さなフランス料理屋さんです。

Dsc_0580
[チキンを使ったジュラ地方の郷土料理。ほのかにカレーの風味が混じるキノコのソースがおいしい]

シェフの市岡徹也さんはフランスで長く料理人をしておられたそうです。しっかりと作りこんだおいしいお料理を出してくれます。

Dsc_0582
[子羊の肉をたたいたものを網脂で巻いて焼いたお料理]

かなりなワイン好きらしい奥様が、料理に合わせたワインを一皿ごとに選んでくれます。このワインもおいしい。

Dsc_0585
[デザートもおいしく、見た目も可愛らしい]

1月半ばに開店したばかり。お二人は自分たちのイメージにあったお店のために、都内の100か所以上の物件を見てから、この場所を選んだそうです。

なぜ、よりによってこの外食不毛の地を選んだのでしょう?たまに新しい店が出来てもカレー屋かラーメン屋。「ねえ、東大生ってカレーかラーメンしか食べないの?」と聞きたくなるような土地柄です。なんでこの地でこんなにおいしいフランス料理屋を?

マ・プールのHPを見たら、ちょっとだけその謎が解けました。「まるでフランスの片田舎に居るような大人の店」とのこと。確かに東京の真ん中にしては「片田舎」ふうに寂れ、高齢化した「大人」の住民の多い静かな住宅街です。

でも、こんな人通りの少ない通りで大丈夫なのかしら・・・。せっかく出来たこのおいしいフランス料理屋さん、ぜひともこの街に定着してほしいものです。私たちは同じマンション内に住む人に出会うたび、「あそこ、おいしいですよ」とせっせと宣伝しています。

« おにはそと | トップページ | 似ている二人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/64863479

この記事へのトラックバック一覧です: マ プール:

« おにはそと | トップページ | 似ている二人 »