« 頑張れ、レネー! | トップページ | 朝のあいさつ »

2017年1月22日 (日)

壁ではなく橋を

まつこです。

次々ととっかえひっかえブロンド美人ばかり妻にしている人が、ビル・クリントンの古い女性スキャンダル持ち出すってどうなのよ・・・?英語が得意じゃない東欧系のファッション・モデルを3人目の妻にしている人が移民差別するって矛盾してない・・・?

というような素朴な疑問から、民主主義の根幹が崩れているという理念的な危機感を抱く人まで、多種多様な問題意識を持った女性たちが、大統領就任式の翌日に世界の各地でデモ行進しました。

A74f1c2ed1c14a3890a5001b31e4e77a
[ワシントンは50万人。写真はIndependentより]

このWomen's Marchは、トランプ大統領への抗議だけではなく、女性の権利や、もっと幅広く人権問題全般についての問題意識を共有するためのデモです。

3c5ef318000005784142956imagea76_148
[ワシントンではマドンナもスピーチ。写真はDaily Mailより]

グロリア・スタイネムのようなフェミニズム活動家だけではなく、マドンナやヴィクトリア・ベッカムなどいわゆるセレブリティたちも多数支援して、アメリカだけでなくイギリスでもかなりな盛り上がりを見せました。

3c5cf8d9000005784142956emma_watson_
[エマ・ワトソンもワシントンでデモに参加。写真はDaily Mailより]

事前にも事後にもかなり話題になり、報道も大きくなされたようです。

C97ab72edc7845eaba428de22af81cda
[こちらはニューヨーク。写真はIndependentより]

イギリスのインデペンデント紙の報道によれば全世界各地600箇所で250万人の人が参加したそうです。

3c5d5030000005784142956imagea178_14
[ジュリア・ロバーツのかぶっているようなピンクのニット帽が今回のシンボル・アイテム。写真はDaily Mailより]

イギリスでもロンドン、エジンバラ、カーディフ、リバプールなど各地で開催されました。ロンドンではメイフェアのアメリカ大使館前からトラファルガー・スクェアまで、10万人の人が行進したそうです。

_93731763_mediaitem93730755
[ロンドンのトラファルガー・スクェア。写真はIndependentより]

Women's Marchとはいうものの、あらゆるジェンダーの人が参加し、人種や性への差別や環境問題など、多様なメッセージを訴えました。

Image
[こちらはロンドン・ブリッジ。写真はTime Outより]

イギリスでは「壁ではなく橋を作ろう」(Bridges Not Walls)が合言葉になり、ロンドン・ブリッジ、ウォータールー・ブリッジ、ウェストミンスター・ブリッジなど、テムズ川にかかるいくつもの橋に横断幕や巨大プラカードが掲げられました。

9
[東京のアメリカ大使館前に集まった人たち。写真はMinichiより]

東京でも日比谷公園から六本木までデモをしたそうです。参加者数は報道機関によって350から500までと幅があります。

H
[東京のデモの様子。写真はMainichiより]

参加者のほとんどが外国人。こういうデモが開催予定であることも、あまり広く知られていませんでした。

イギリスのEU離脱やトランプ新政権などについて、日本の報道を見ていると経済的影響のことばかりが話題になっています。しかしポピュリズムのうねりや性差別や排外主義は世界的現象で、日本も例外ではありません。「橋」が必要なのは日本も同じです。

日本でも松田聖子とか安室奈美恵あたりがピンクのニット帽かぶって、「私は韓国でもアイドルでした〜。慰安婦問題乗り越えて新しい時代を築きましょう」とか、「私の故郷の沖縄のこと、みんなももっと真剣に考えてね〜」みたいなスピーチしたら、もうちょっと盛り上がるんじゃなかろうか。

« 頑張れ、レネー! | トップページ | 朝のあいさつ »

コメント

日本のデモの風景も変わりましたが、国際性という点ではお寂しいですね。お正月に朝日新聞の1面に掲載された「民主主義の試練」という記事が興味深かったです。トランプは、現代社会の縮図を見る思いで、気分が塞ぎます。しかし、この色鮮やかなピンクを見ると、ちょっと元気が出てきますね。20世紀とは違い、21世紀は女性が圧倒的な存在感を放っています。そこに一縷の希望を見たいものです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

どこを見ても頼りになりそうなのは女性ですね。ミッシェル・オバマのファースト・レディとしての最後のスピーチ聞いていると、この人が大統領になればよかったのに…と思っちゃいます。マドンナのスピーチも聞いてみましたが、トランプの就任演説よりはるかにマシです。

いろいろ見通しが暗い世相ですが、私たちも何か明るいピンクのものでも身につけて、前向きに頑張りましょう。(差し色にピンクの小型のバッグなんかいいかな...)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁ではなく橋を:

« 頑張れ、レネー! | トップページ | 朝のあいさつ »