« メイ首相のレザー・パンツ | トップページ | カイザー・ヴィルヘルム教会 »

2016年12月18日 (日)

再びパンツ問題

まつこです。

再びパンツ問題。

イギリス首相のパンツではなく、私の・・・。

Dsc03868
[微妙に違うデニム2本]

20代半ばから体重が変わらず、服のサイズも変わっていなかった私。体重管理に苦労する同輩たちを尻目に、いくら食べても太らなかった私。1、2キロの体重増は、普通の生活をしていれば1週間程度で元にもどっていた私。

その私がとうとうデニムのサイズを変えることになりました。今までのも入ることは入るのですが、ピチピチ感が辛いのよね・・・。体重の変化はそれほど大きくなくても、体型が変わっているのです。本人にとってもきついのですが、見た目もきつい。ピタピタのデニムをはいていると「ムリしているおばさん」に見えるのです。(←自覚あり)

なにせ80年代のボディコン世代。体の線はきっぱり出した方がかっこいい、という過去の残影もあり、ゆったりした服は今まであまり着ませんでした。しかし50代も半ばを過ぎると少しゆるやかなラインにした方がおしゃれに見える、と確信しました。

そこでデニムを新調。いつものAGのStiltという形ですが、今回は今までよりも1サイズ上、色もあまり落としていないもの。はいてみるとだいぶおとなしい印象になります。その方が気分も身体もリラックスできます。

さらにリラックス路線はこれ・・・

Dsc03771
[左はTheory Luxe、右はJoseph]

なんとウェストがゴム!いや〜、らくちんです。

最初はウェストがゴムなんておばあちゃんみたい・・・と抵抗があったものの、お店の人に勧められてはいてみるとシルエットがきれい。最近のパンツはよくできています。

Seven for All Mankind, J Brand, Care Labelなどなど、我が家のクローゼットにごちゃごちゃたくさんあったスリムラインのデニムは、本日、いっせいにリサイクルにまわしました。気分すっきりです。

(ちなみにJosephの店員さんが言うには、来年あたりからまたパンツの流行はスリム化しそうなので、今持っているのは捨てないように、とのこと。忠告にしたがって、Josephのスリムなパンツはとっておきましたが、還暦近くのスリムパンツは自他共にきついかも・・・。)

« メイ首相のレザー・パンツ | トップページ | カイザー・ヴィルヘルム教会 »

コメント

まつこさんはデニム似合いますものね~私なんて、もう随分前からスリムには完全に白旗あげています。やっぱりAGのStiltが好きです。そもそも、パンツが難しくなってきたような気がして、最近はスカートが多くなっています。ツイードのジャケットとか、パンツスーツとか、タートルニットとか、ロングヘアとか、好きだけど年齢と共にあきらめたアイテムって結構ある気がします。。。まあ、年齢と共に手を出しているアイテムもあるわけですが(←最近大物いきました)

Pukiさん、コメントありがとうございます。

そういえば最近、お目にかかるたび、Pukiちゃんのファッションはエレガント度増してますもんね。その「大物」を拝見するのを楽しみにしています。

タートルネックは首のたるみ隠しや首元の冷えの防止になるので、シルバー世代には実用性あると思います。私は愛用しています。(Pukiちゃんにはまだちょっと早いけど。)

ツイードのジャケットはおばちゃんが着るともろにミス・マープルみたいになる危険ありますね。おばちゃんのパンツ・スーツも確かに危険。ヒラリーの落選の一因はあの真っ赤なパンツスーツがいけてなかったことではないかと、私は思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/64641504

この記事へのトラックバック一覧です: 再びパンツ問題:

« メイ首相のレザー・パンツ | トップページ | カイザー・ヴィルヘルム教会 »