« クリスマスまであと15日 | トップページ | メイ首相のレザー・パンツ »

2016年12月11日 (日)

そうだ京都

まつこです。

このプリンみたいな砂山はどこでしょう?

Dsc03930
[向月台と呼ばれる砂山]

これを見て「銀閣寺」とすぐにわかる人も多いはず。

うめぞうが大阪に行く用事があったので、私も同じ日に高槻の母に会いに行き、京都に一泊してきました。「そうだ、京都、行こう!」と思い立って出かけた、一日だけの観光です。

Dsc03905
[寒い日に熱々の湯豆腐がうれしい]

特に下調べもしていないので、比較的よく知っているコースを散策しました。

Photo
[南禅寺の前で]

寒い冬の京都。まずは南禅寺のそばで湯豆腐を食べて体を温めてから出発。

Photo_2
[ところどころで散り残った紅葉が楽しめました]

若王子神社のあたりから哲学の道を、疎水にそってずっと歩きます。日曜日でしたが、紅葉の季節がほぼ終わった後なので、それほど混んでいません。冬の日差しを浴びながら、静かな道をのんびり歩きます。

Dsc03931
[銀閣寺を訪れたのは、私は中学生のとき以来]

でも銀閣寺の近くまで来たら、道にあふれるほどの観光客でごった返しています。それを見てあきらめていったん引き返し始めたのですが、せっかくここまで来たのだからと、混雑覚悟で銀閣寺へ。

Dsc03943
[室町時代からずっと手入れされ続けている庭は芸術品]

銀閣寺に入ってみると、想像していたほどの混雑ではなく、建物や庭の美しさを十分に堪能できました。

Dsc03939
[白い砂がきれいに整えられている庭]

木々も苔も砂も、計算し尽くしたように、整えられています。でもフランス式庭園のように幾何学的な人工ではなく、自然を素材として自然を再現した芸術です。どこを見ても完璧に洗練されています。

Dsc03948
[東山から見下ろしたところ]

東山の山懐に抱かれた銀閣寺は冬の日差しの中で静かに佇んでいました。多少、観光客が増えたところで、その賑やかさをも吸い込んでしまう静けさです。

さすが京都。古都には悠久の時が流れていました。

« クリスマスまであと15日 | トップページ | メイ首相のレザー・パンツ »

コメント

えーっ、京都に来られたのですね!お会いしたかったです!と言って、日付を見ると、私は東京だったかも(笑)。お互い忙しい日々、そうだ!と突発的に行動するのが一番ですね。そんな感じで、新年には是非うめぞうvsPukiパパの囲碁対決を実現させましょう。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

急に連絡さしあげてもお忙しいだろうと思い、声もかけず失礼しました。Pukiパパとは「対決する」のではなく「ご指導をお願いする」のだと、うめぞうは申しております。ぜひよろしくお願いします。

京都、やっぱりいいですね。人が多くても、道路が渋滞しても、いったん山門を入れば別世界。食べ物もいろいろおいしいものがあるし。土曜日の夜は木屋町でおばんざい食べました。そうそう、先斗町歩いていたら市川海老蔵が横を通り過ぎていきましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだ京都:

« クリスマスまであと15日 | トップページ | メイ首相のレザー・パンツ »