« カイザー・ヴィルヘルム教会 | トップページ | クリスマス・ディナー »

2016年12月25日 (日)

クリスマスの都

まつこです。

クリスマスおめでとうございます。

Photo
[とても大きなツリーが飾られているクレベール広場]

クリスマスの都(Capitale de Noel)とも呼ばれるストラスブールに来ています。

ベルリンでのテロ事件にややビビりましたが、ええい、ままよ、とやってきました。昨年も予約していたのですが、11月にパリのテロがあったせいでキャンセル。1年間も予約を先延ばししてくれたホテルを無駄にするのも嫌だったので、今回は決行です。

ストラスブールの旧市街は周囲をイル川で囲まれた中洲です。クリスマス・マーケットの開かれている12月24日まで、旧市内への車の乗り入れは規制され、橋の一つ一つに警官がいて、全員、荷物チェックをされてから旧市内に入っています。賑やかな街の中でも警官の姿が目立ちます。

欧州議会もあるヨーロッパ政治の中心地の一つで、2000年にもテロ未遂事件があったので、警戒がひときわ厳しくなるのも当然です。そんな厳戒態勢の中でも人々は笑顔でクリスマスイブを迎えています。この幸福感が世界に広がり、憎しみが消える日がくることを願う今年のクリスマスです。

« カイザー・ヴィルヘルム教会 | トップページ | クリスマス・ディナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの都:

« カイザー・ヴィルヘルム教会 | トップページ | クリスマス・ディナー »