« コルマール | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

霧のストラスブール

まつこです。

ストラスブール最終日の朝、街はすっぽりと深い霧に覆われていました。

Dsc04188
[イル川も霧の中]

朝食前に川沿いを散歩しました。たぶん気温は氷点下。草や木が霧氷で真っ白になっています。

Dsc04189
[Fondorie橋も霧の中]

とても寒いのですが、いかにもヨーロッパの冬らしい街のたたずまいが、旅情をかきたてます。

Dsc04195_1
[グーテンベルク広場のグーテンベルクの像も霧の中]

「また来てみたいね・・・」「また来れるかな・・・」と、うめぞうが何度かつぶやきました。人生の残りの時間や老後の体力(および経済力)を考えると、繰り返し同じ街を訪れる可能性は大きくありません。旅は街との一期一会の出会いだと感じる瞬間です。

Photo_2
[ストラスブール駅は古い駅舎がすっぽりとガラスで覆われている面白い建物です]

でもストラスブールへの日本からのアクセスはわりと簡単です。直航便のあるフランクフルトからルフトハンザの運行する直行バスで2時間半ほどです。またぜひ来てみたい、次は夏に来てみたいね、と話しながらストラスブールを後にしました。

で・・・

うめぞうはフランクフルトから日本に帰国。

私はといえば・・・

Dsc04213
[ロンドンも霧の中]

え、ロンドン?

夫を帰国させて、ちょっとだけひとり旅です。

« コルマール | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧のストラスブール:

« コルマール | トップページ | あけましておめでとうございます »