« エレン・テリーとスモールハイス | トップページ | サウスウォルド »

2016年8月27日 (土)

ブライトンでピンター

まつこです。

イギリスの夏だって、たまにはこんな日があります。

Dsc03628
[気温30度近くまで上がりました]

ここはブライトンです。

Dsc03633
[外観はインド風。中は中国風のロイアル・パビリオン]

ジョージ四世が摂政だった時代に作った宮殿など見学し・・・

Dsc03635
[タラの料理と白ワイン]

海を眺めながら遅めのランチを優雅に食べ・・・

Dsc03622
[1984年、保守党の党大会が開かれたときにIRAの爆弾テロがあったホテル]

豪華なグランド・ホテルに投宿し・・・

Dsc03630
[ブライトンのシアター・ロイアル]

ニースにしてもブライトンにしても19世紀に高級リゾート地だったところは、豪勢な建物が潮風と太陽にさらされて古びて、厚化粧が剥げかけたような倦怠感が漂うように感じられます。

ブライトンまで出かけてきたのは、ハロルド・ピンターのNo Man's Landを見るため。9月になるとロンドンでも見れるのですが、ブライトンには来たことがなかったので、観光もかねてやってきました。主演はイアン・マッケランとパトリック・ステュアート。

酒を飲み続ける老人二人のやりとりなのですが、酔いと高齢による記憶の不確かさで、言っていることがぜんぜんあてにならない。言葉のやりとりの端々は面白いんだけど、いつまでたっても状況はあいまいなまま。過ぎ去った時間も終わりかけた人生もが手探りの記憶でしかない。イライラと笑いの間の無人地帯という感じの芝居です。

Xnomansland2jpgpagespeedicvlpderhed
[イギリス演劇界の大御所二人]

パトリック・ステュアート演じるハーストの方が、ときに弱々しく、ときに攻撃的に、ときに紳士的にと会話の内容によって立場と表情を変えるのに、一方のイアン・マッケラン演じるスプーナーは終始自分の立場を守ろうとするフーテン老人の闖入者。二人ともうまいのは伝わるんだけど、でも言葉のやりとりのおかしみが、残念ながら理解できず、周りの観客がドッと笑うのに「え、今、何がおかしかったの?」と焦ることがたびたび。

ブライトンくんだりまできて、古めかしい劇場で、爆笑に包まれ、なんとなく虚しい作り笑いを浮かべている私の方が、ステージの上の二人より、よほど不条理な状況に置かれているんじゃあるまいか、とも感じた一夜でした。(ピンターでこういう経験するの初めてじゃないんで、ある程度覚悟していたんですけどね。コンテクストを奪い、言葉だけで笑いを起こすという手法は、外国人にはハードルが高いと改めて確認した気がします。)

« エレン・テリーとスモールハイス | トップページ | サウスウォルド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライトンでピンター:

« エレン・テリーとスモールハイス | トップページ | サウスウォルド »