« 大人のおしゃれ | トップページ | 旅のワードローブ »

2016年8月10日 (水)

フランクフルト・エアポート・ヒルトンの蛇口

まつこです。

昨日、フランクフルトで一泊しました。フランクフルト・エアポートのヒルトン・ホテルです。

Dsc03607
[ポストモダンな建物のフランクフルト・エアポート・ヒルトン]

去年の12月にもここを使って、空港から歩いてチェックインできるし、まだ新しいからきれいで気持ち良いのですが、デザインがちょっと凝りすぎ。

Display_mde_cgahl_thesquaire_36292

[これがThe Squarireの外観。スペルミスにあらず。Squareとairを一緒にした造語だそうな]

オフィス、ホテル、駅が一緒になった複合施設のThe SquaireはちょっとSFっぽい雰囲気の建物です。ゲルマン的潔癖さをもって、あらゆるところに、近未来的なデザインが使われています。

洗面所もこのとおり。

Photo

「鏡の中に鏡が浮かんでいるように見える洗面所]

蛇口まで徹底的にそぎ落としたデザインになっていますが、しかし、この蛇口のつかいにくいこと。指でつまんで回すのですが、突起もデコボコもないすっきりしたデザインのせいで、まわしにくいのです。

Dsc03603
[こんな使いにくい蛇口は他にはないでしょう]

手や顔をあらって指に石鹸がついていたらぜったいに回せません。ドイツのものづくりって、機能美が持ち味だったはず。それが見た目がカッコよければ、使い勝手は二の次なんて、ドイツらしくない!

妥協を許さぬゲルマン魂が間違った方向に進むとロクなことはない・・・と思いながら、ツルツルピカピカの部屋で一泊してから、ロンドンにやってきました。

« 大人のおしゃれ | トップページ | 旅のワードローブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト・エアポート・ヒルトンの蛇口:

« 大人のおしゃれ | トップページ | 旅のワードローブ »