« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ワインカラーの髪

まつこです。

本郷追分の角で「浜矩子講演会」と書かれた看板を持っている人が立っていました。場所はすぐ近所の西片町教会。演題は「グローバル化時代の救世主、それが日本国憲法」だそうです。教会でエコノミストが講演?経済学者が憲法を語る?興味をひかれて出かけて見ました。

Dsc_0285
[西片町教会は日本基督教団の教会です。小さな教会ですが、パイプオルガンもあり、古い木造の落ち着いた雰囲気です]

この教会にはクリスマス・イブの礼拝に何度か来たことがありますが、牧師さんが社会派でお説教の中でも社会正義を語っておられました。定期的に護憲のための勉強会なども開催されているようです。今回の浜さんの講演会も、この教会、九条の会、反原発運動の会、労組系の組織などが一緒になって主催したもののようでした。

浜さんの講演の内容は安倍政権批判で、「アベノミクス=富国」「安保法案改正=強兵」「一億総活躍=国家総動員」「少子化対策=産めよ増やせよ」「戦後レジームからの脱却=大日本帝国復活」と、すべてが時代錯誤な強国志向で貫かれているという批判です。

浜さんはいつもBig Issueのコラムを読んで言葉のセンスの鋭い人だと思っていたのですが、話し方もとてもうまかったです。話の組み立てがはっきりわかるように整理して明瞭に語っていました。笑いを誘うタイミングも実にうまい。まず冒頭、「こちらプロテスタント教会ですが、実は私、カトリックなんですけど・・・」、最初から笑わせて和やかな雰囲気で始まります。

資本が野生化し手に負えなくなっている世界で、希望の持てる未来を切り開くためには、弱き者の声に傾ける「耳」、悲しむ人に共感し涙する「目」、苦しむ人に差し伸べる「手」が必要だという浜さんのメッセージは、教会で聞くのにふさわしいものでした。

ワインカラーに輝く髪と、鋭いユーモアのセンスで、これからも堂々たる存在感を発揮しながら社会に物申すエコノミストとして活躍してほしい女性です。

2016年3月25日 (金)

映画『最高の花婿』

まつこです。

テロ、難民、空爆、金融不安、EU問題と、ヨーロッパをめぐる芋づる式の問題は容易に解決しそうにありません。ヨーロッパ、北アフリカ、中東・・・と広域で起きている液状化現象が第三次世界大戦につながるなどということにならないと良いのですが。

・・・というような暗い気分を一瞬忘れさせてくれる明るい映画が『最高の花婿』。

Poster2
[フランスで2014年の観客動員第1位の大ヒット作]

ロワールの地方都市シノンの美しい家に暮らすブルジョア一家の4人の娘が、アラブ人、ユダヤ人、中国人、コートジボワール人と結婚。多文化、多宗教、多人種という今日のフランス社会の縮図のようなこの一家に果たして平和は訪れるかというコメディです。

Xsaikounohanamukoe1455374862644jpgp

[現代フランスの縮図?]

フランスだけでなく、ヨーロッパ各国はなんとか多文化社会を実現しようと苦戦しています。過去の帝国主義支配の負の遺産という側面はありますが、移民も難民も正式には受け入れない姿勢の日本に比べれば、ヨーロッパの国々が歴史の大変動をなんとか受け入れようとしてきたこの半世紀の努力には敬意を表するべきでしょう。対立、排除、憎悪といった暗い問題になりがちな多文化社会の問題を、軽快な笑いで描いた『最高の花婿』は、いわばマルチ・カルチュラル・コメディです。

Saikounohanamukosub5s_large

[ユダヤ人、アラブ人、中国人の婿殿たちが、クリスマスにはカトリック教会で一緒にキャロルを歌う]

 

フランス映画なので字幕に頼らざるをえないのですが、字幕に訳出されていなくて、「あれ?」と思ったのは耳に入ってきた「フクシマ」という言葉。末の4人目の娘だけはなんとかカトリックの白人フランス人と結婚してほしい。親のその切なる願いにもかかわらず、娘が選んだ結婚相手はコートジボワール人。その「大惨事」を「フクシマ」と呼んでいたようです。福島で被害にあわれた方たちの心情を思えば日本語版の字幕には入れにくのも確かですが、「フクシマ」はすでに「大惨事」の代名詞として定着し始めているのでしょう。

笑いの中にいろいろ政治的、社会的問題が詰め込まれているのですが、隣で見ていたうめぞうも上映中は大笑い。ところが映画が終わった後の感想に呆れちゃいました。「一番末の娘、可愛かったね〜(デレデレ)・・・でも、僕、上の3人の娘はみんな綺麗でどの人がどの人の結婚相手なのか最後まで区別がつかなかった。」

Saikounohanamukosub3triming_large

[左端が末娘のローラ。うめぞうには3人の姉の区別がつかなかったそうです(うめぞうは美人オンチ?)]

 

その程度の理解度でも大いに楽しめるコメディです。ブリュッセルのテロの報道に暗い気分になりがちな時にこそ、こういう映画を見て明るい気分になりましょう!

2016年3月16日 (水)

酒と化粧品

まつこです。

年度末の送別会や誕生会などでお酒を飲む日が続いたら、肌が荒れ気味。そんなとき効果的なのがこのフェイシャル・オイル。

Dsc_0230_2
[ニールズヤード・レメディーズのフランキンセンスのフェイシャル・オイル]

さらりと肌になじむオイルで、肌の調子が安定してきます。オメガ3などの脂肪酸が入っているので、抗炎症作用があるようです。

日頃はあれこれアンチエイジング系のローションやクリームを使っているのですが、肌が不安定でまだらな赤みが目立つ時はこれだけにすると、すぐに落ち着きます。

化粧品ジプシーであれこれ試してみましたが、最近確信したのは・・・

1.節酒すると肌がきれいになる
2.化粧品の販売員の女性の肌はけっこう荒れている

睡眠不足、ストレスとともに、飲酒も肌荒れの原因です。1週間飲まないと、明らかに肌のつやは良くなります。

デパートの1階の化粧品売り場は、莫大な広告費で作りあげるファンタジーの世界です。美しくなりたいという欲望を満たすためにお金を払い、ひと時の夢を味わうおとぎの世界です。ディズニーランドに行って遊ぶ気分で、化粧品を買い、心を満たす。それはそれで楽しいことです。

しかし、冷静になって、じーっと販売員のお姉さんたちの顔を観察してみましょう。確かにメイクはうまい。しかし、その高度なメイク・テクニックとカバー力の高いファウンデーションやコンシーラーを使ってもなお、けっこう肌の荒れがうかがえる人がたくさんいます。

さまざまな効果をうたう商品があふれかえっていますが、それが本当なら販売員さんたちの肌はもっときれいなはずです。3万円以上するドゥ・ラ・◯ールのクリームと、500円のニベアは、成分も効果もそれほど変わりない、という話もあります。かかとに塗るとつるつるになるユースキンAは顔にも効きます。

こうした厳然たる事実を直視しましょう。

その上でなお、夢を買い、妄想を楽しむために、化粧品は存在しているのです。

わかっちゃいるけどやめられない・・・。その点でお酒も化粧品も同じようなものです。

2016年3月13日 (日)

焦るウメゾウ

まつこです。

うめぞうの仕事の都合で、一日遅れてのバースデーのディナー。前から行きたかった市ヶ谷のシェ・オリビエへ。

Photo_2
[いくつになっても誕生日はいいものだ!]

あまり肩肘張らない楽しい雰囲気のお店です。コースについてくる食前のおつまみやデザート前のお口直しの甘いもの、食後のコーヒーと一緒にいただくカヌレ、自家製パンなど、どれもとても美味しくて大満足。

Photo_3
[左上から時計回りに卵黄とハーブのソースで食べるキノコのフリカッセ、オマール海老の入ったインゲン豆のスープ、子羊のパイ包み、温かいチョコレートとアイスクリームのデザート]

シェフのオリビエさんもとてもフレンドリー。自ら料理を運んできて日本語説明してくれました。聞き取れない言葉があったのですが、「じゃあ、持ってきて見せるね」と言ってキッチンから手のひらにのせてきてくれたのは、アマニのつぶつぶでした。

プレゼントは1週間前に「ガスコンロ」をもらっていましたが、最初の乾杯のとき、うめぞうがおずおずとカードをくれました。

Photo_4
[お誕生日おめでとう!]

そのカードについていた絵と添えられていた言葉は・・・

Dsc03382_2
[必死の形相でうめぞうの気持ちを表してくれたワンちゃん]

うめぞう、このカードを文房具屋の店先で見つけた時に、「妻の誕生日に仕事がかちあって焦っているのはボクだけじゃないんだ」と思ったそうです。このカードを見て、私は口にしたシャンパンを吹き出すかと思うほど笑ってしまいました。

この晩はさらなるサプライズが・・・

Dsc03377
[ファリエロ・サルティのストール。ネイビーのライダーズ・ジャケットと会わせるとぴったり]

うめぞうがこっそりもうひとつプレゼントを用意していました。驚きました。

発色がきれいで、肌触りが良くて、柔らかな布地が微妙なニュアンスを作るファリエロ・サルティのストールです。

私が驚いたのは密かにプレゼントが用意されていたことだけではなく、ファリエロ・サルティなんか知っているはずのないうめぞうが、これを選べたこと。「うめぞう・・・ひょっとしてSORRISO?」

私がときどき衝動買いをする地元のセレクト・ショップ、千駄木のSORRISOにうめぞうは行って、そこの店主にプレゼント選びを相談したのだそうです。仕事でお祝いが一日遅れたのを挽回すべく、うめぞうよくがんばりました!

Dsc03378
[この春夏に活躍しそうなストールです]

というわけで、たいへんハッピーな一日遅れのバースデーでした。

2016年3月11日 (金)

まつこです。

今日は大阪の母に会いに行きました。この1年、母は次第に声を出すことができなくなり、会いに行っても話をすることはできません。私が話しかけても、じっと私を見つめ返すだけです。

Dsc_0011_3  
[書道クラブでの母の作品。老人ホームで秋の作品展で掲示されていました]

歩くこともできず、すっかり症状が進んでしまったのに、不思議なことに、書道だけはなんとかやっています。「人」「水」「川」といったごく簡単な文字だけなのですが、若い頃に身につけた筆使いが身体の中に残っているようです。

まつこ:「ママ、元気だった?私よ。」
母:・・・・・(沈黙。こちらの顔をじーっと見つめる)
まつこ:「今日は私の誕生日なのよ」
母:・・・・・(沈黙。微かに笑顔)
まつこ:「55才になったのよ」
母:・・・・・(沈黙。まったくの無表情)
まつこ:「◯◯産婦人科で産んだのよね?」
母:・・・・・(沈黙。微かに笑顔)
まつこ:「ママはそのときは25才だったのね」
母:・・・・・(沈黙。はっきり笑顔)
まつこ:「で、今はママは80才で、私は今日で55才よ」
母:・・・・・・(沈黙。全くの無表情)

これが今では母との精一杯のコミュニケーションです。でも失われたものを悲しんでばかりいてもしかたありません。運命を謙虚に受け入れながら、できる限りの努力をするのが「人」というものかと、あらためて思う「3月11日」です。

Dsc_0267
[母はフラワーアレンジメントのクラブにも入っています。でもこちらはもう自分でやるのはムリなので、先生が作ってくださるのを部屋に飾るだけ。今月のアレンジメントは春らしくフリージアと桜]

帰宅したあとは、うめぞうが仕事でいないので、一人で過ごす誕生日。

Dsc03362
[シャンパンとイチゴショートケーキ]

千疋屋のショートケーキとモエ・エ・シャンドンで、ひとりしみじみ過ごしたバースデーの夜でした。

2016年3月 5日 (土)

バースデー・プレゼント

まつこです。

1週間早めにうめぞうから誕生日のプレゼントをもらいました。

Dsc03331
[チューリップの季節です]

もらったのはこの花ではなく・・・

Dsc03333
[え?]

ビルトイン・ガスコンロ!

ここからガスコンロ入れ替え作業の中継を開始します。

Dsc03334
[パロマさん登場]

Dsc03337
[古いのをはずして・・・]

Dsc03341
[新しいのをパコッと入れる]

Dsc03343
[はい、完成!]

実際は、下のオーブンからの配管をしたり、ガス漏れがないか確認するので、30〜40分ほどはかかりましたが、それほど大げさな工事など不要で新しいのに入れ替えてもらえます。

ただ今回は機種選択にやや手間取りました。

条件1
下のオーブンと同じメーカーでないと配管や換気口の位置がずれるので入れられない。

条件2
うめぞうのたっての願いは、トップ部分に凹凸がなく掃除がしやすいこと。

条件3
うめぞうのもう一つの願いは、魚焼きグリルが両面焼き。

条件4
オーブンや換気扇が黒いので、ガスコンロも絶対に黒。(これは私の主張。)

以外と厳しかったのが「条件4」。今の流行はシルバーだそうで、どのメーカーとも主力商品はシルバーが多いのです。家電量販店に行って、「パロマの黒」を探してもらったのですが、店員さんからは「黒は片面焼きグリルの古いタイプしかありませんね」と言われてしまいました。何軒か聞いてみたけれど、同じような反応・・・。

ここで諦めず、私はパロマ本社にメールを書きました。「10数年前は黒が流行っていた。インテリア上、黒じゃないと合わない家も多いと思う。それがそろそろ入れ替え時期を迎えているはずなので、ぜひ黒も生産してほしい」という趣旨のメールです。

すぐに返事がきて、種類は少ないけれど黒の製品もありますとのこと。この本社のカスタマーサービスで取扱業者さんもすぐに手配してくれました。日本のメーカーって、顧客サービスがきめ細かいのね〜、とあらためてびっくりしました。

誕生日プレゼントとしてはロマンチック度ゼロですが、ピカピカのガスコンロで気分爽快です。満足度は高いプレゼントでした。

2016年3月 3日 (木)

おひなさま

まつこです。

今日はひな祭り。

Dsc03330
[我が家のお雛様]

昔の日本では左側の方が上の位だったので、お内裏さまは左側にいたのに、明治以降、西洋化し男雛が右側にくるようになったのだそうです。

本日、我が家の「お内裏さま」は家でお留守番。昨日の残りのポトフを温めて一人ぼっちのお夕飯。一方、妻は職場の同僚と散々飲んで、食べて、騒いで、ぎっくり腰になりかけ、よろよろと帰宅。

こんな妻でも「おかえり〜」と迎えてくれる夫でよかった・・・と改めて思うひな祭りの夜です。


2016年3月 1日 (火)

ジョー・マローン

まつこです。

今日から3月。春の始まりに少し気分を変えたくて、ソープとローションを変えてみました。

Dsc03322
[Jo Maloneの定番の香りLime Basil and Mandarin]

トイレにジョー・マローンなんて、ものすご〜く、贅沢している気分。でもトイレで使うなら半年以上は使えます。細く長くラグジュアリアスな雰囲気を楽しめます。

ジョー・マローンはイギリスのミドル・クラスの洗練された生活を象徴するフレグランス・ブランド。でも設立者のジョー(Joanne Malone, 1963- )は、才能はあっても生活力のない父親、病気の母親、本人も難読症といった辛い状況の中で育ったようです。14歳までしか学校教育も受けていません。

小さなアパートで細々とエステサロンをやっていましたが、お手製のマッサージオイルが、ある上流階級のマダムの気に入ってもらえて、そのマダムの主催するパーティのお土産として100名のゲストに配られたのが成功のきっかけ。世界中のお金持ちが続々と、そのマッサージオイルを求めるようになったのだそうです。

今は本人も超お金持ちとなりチェルシーでエレガントな生活をしているようですが、乳がんの闘病を経た後、ジョー・マローンのブランドを売却して、50歳で新たなブランド"Jo Loves"を立ち上げたり、まだまだ人生に力強く挑戦し続けているようです。

P02g3pzm_2

[Jo Maloneはイギリスで最もサクセスフルな女性の一人。BBC Radio 4のDesert Island Discsにインタビューがあります]

 「私は学歴ゼロ。ビジネスに必要なのは知識じゃなくて、勇気と創造力」とマローンは言い切っています。爽やかなジョー・マローンの香りを楽しみながら、この香りのクリエーターのきっぱりと力強い起業家マインドも見習いたいものです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »