« うめぞう故郷で風邪をひく | トップページ | パワー・ポーズ »

2016年1月31日 (日)

食べまっし、買いまっし

まつこです。

先週末の金沢出張、土曜日午後からの仕事にもかかわらず、金曜日から金沢に行ったのはお買い物目当て。欲しかったのは九谷焼のお銚子です。

Dsc03288001
[一合ぴったり入る小さなお銚子。ガラスの箸置きは大森康子さんという金沢を拠点にしているガラス工芸家の作品]

いくつかお店の覗いてみてもなかなか欲しいものが見つからず、諦めかけたのですが、夕刻、武家屋敷街で見つけました。雪のちらつく夕刻、静かな武家屋敷界隈でひとつついていた灯りに誘われて行ってみると、「本田屋食器店」というお店でした。

Photo
[雪のちらつく武家屋敷界隈。シーンと静まりかえっていて趣たっぷりでした]

女性が経営している「本田屋食器店」は、古い伝統的なデザインを生かしながら、現代の住空間で普段使いできる食器を職人さんに発注して売っているそうです。欲しいものはいくつかあったのですが、「旅のお土産は少ない方が印象に残る」と思っているので、お銚子を一本だけ。

目的の買い物を果たしたら、もうひとつの楽しみは金沢の食。

Dsc032382
[軽くスモークしたブリや白子がおいしい]

Dsc032402_2
[カブのすり流し]

友人のプリンちゃんのご主人、ミスタープリンは金沢に単身赴任中。情報通、食通のミスタープリンから教えてもらって行ったのはカウンター8席だけの和食のお店「一献」。

Photo_4
[残ったお赤飯をお土産のおにぎりにしてもらってうれしいうめぞう]

お料理がおいしく美しいことに加え、こちらは女将さんが美人。うめぞう、大喜びでした。

街歩きをしていて良いお店を見つけるのも旅の楽しみ。今回私が出くわした楽しいお店は2軒。

Photo_3
[保存食のStoock]

Stoockは、地元産の素材で作ったピクルス、ジャム、ハム、ソーセージなどなど、和洋様々な「保存食」のお店です。

Dsc03290001
[棒茶、ウメジャム、ミント入りのオレンジ・マーマーレード]

ジャムの種類がものすごく多くて楽しいお店でした。こちらではジャム2種類と「加賀の棒茶」を買いました。

旅先で和食が続くと朝食はやっぱりパンが食べたくなります。ホテルの近くでおいしいパン屋さんを見つけ、二日続けて行きました。

Photo_5
[暴風雪の中を10分歩いて朝食を食べに行ったひらみぱん]

中はおしゃれなカフェになっています。

Photo_6
[クロックマダムで朝ごはん]

太い梁の古い鉄工所を改装したお店です。石油ストーブの上でポットがシュンシュン音をたて、暖かいひざ掛けを貸しくれます。外は猛吹雪でしたが、ぬくぬくと居心地が良いお店でした。

Dsc03296001
[東京に持ち帰ったパン]

パンはしっかりと小麦の味と酵母の香りがしてとてもおいしいです。翌朝の分まで買って東京に持ち帰りました。

最後の買い物は金沢駅の駅弁。グランクラスにはお弁当がついていたので、これはこの日の夕食に。

Dsc03298001
[のどぐろの炙り寿司とカニ寿司]

金沢に古くからある「芝寿司」の押し寿司です。そのほかにも名店街で買った金沢名物を並べれば立派なお夕飯。

Dsc03302
[ごりの佃煮とくるみの佃煮]
Dsc03303
[かぶら寿司]

武家屋敷で見つけたお銚子にお酒を入れて、かぶら寿司などつまめば旅の余韻がたっぷり。

Photo_7
[うめぞうが手にしているお猪口も数年前の金沢出張でたった一個だけ買った九谷]

金沢弁では「〜しなさい」というのを「〜まっし」と言います。金沢にはおいしいものや伝統工芸がたくさんあります。「食べまっしぃ〜」、「買いまっしぃ〜」とのんびりした口調に誘われ、ついついあれこれ欲しくなる旅でした。

« うめぞう故郷で風邪をひく | トップページ | パワー・ポーズ »

コメント

素敵な週末だったんですね!お食事もどれもおいしいそうでまっし。(あってないとおもう)
パン屋さんは知りませんでした。ミスターに教えときますね♪

このお銚子ですか!なるほど、九谷焼ならではの華やかな絵付けが素敵です。ちなみに、まつこさんのムートンも素敵です。金沢の街並みに映えますね~。「芝寿司」の押し寿司、私もまったく同じ2種のセレクトでお夕食にしました。また食べたい♪

ミスプリンさん、コメントありがとうございます。

「一献」の女将さん、明るくて美人!ミスタープリンのおすすめに納得しました。もちろんお味も素晴らしかったです。ひらみぱん、おいしいですよ。こんどお土産に買ってきてもらいまっし。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

九谷焼は派手なので、アクセント的に使う小さいものが欲しかったんです。これとは別に骨董でひとつ気に入ったのがあったのですが、いかにも九谷という「ゴージャス」な徳利で、大きなお座敷なら合うでしょうけれど、小さいマンションでは不釣り合いで諦めました。のどぐろの炙りのお寿司、おいしかったですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べまっし、買いまっし:

« うめぞう故郷で風邪をひく | トップページ | パワー・ポーズ »