« 昭和の花嫁たち | トップページ | The Gap of Time »

2015年11月 8日 (日)

一点集中

まつこです。

美容院で見る雑誌は『家庭画報』と『ミセス』。両方とも自分では買わない雑誌です。宝石も高級料亭の器や料理もおよそ垣間見る機会のない世界ですが、グラビアの美しさにいつも嘆息します。

今回、『家庭画報』と『ミセス』の両方で特集していたのは京都国立博物館の特別展「琳派京を彩る」。金を多用した豪華絢爛な美術にはあまり興味がないと思っていたのですが、本阿弥光悦の書と俵屋宗達の絵の共作「鶴下絵三十六歌仙和歌集」のグラビアを見たら、思わず見入ってしまいました。

Item02a
[一番最初の部分。(京都国立博物館のHPより)]

シンプルに省略されているのに、動きや形がリアルな鶴の群れが、群れなしてたたずみ、やがて高く、低く、波打つように飛んでいく。その絵に重ねられた書が、絵とシンクロするように、時に力強く、時に繊細に変化しながら、延々と続いていきます。

Item02
[全部で13メートルの巻物。(京都国立博物館のHPより)]

本物を見てみたい!全体を見てみたい!と強く思いました。でも秋の京都はただでさえ大混雑。さらにこういう特別展はたいてい入場までに長時間待ったあげく、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車状態ということが多い。それを想像しただけで諦めてしまいます。でも見たい・・・。

そう思っていたところに大阪出張。博物館の入場は17時まで、閉館は18時。17時ギリギリなら待たずに入場できて、閉館間際の人気が無くなりかけた頃なら、ゆっくり見ることができるのではないかと考え、大阪での仕事のあと出かけてみました。

Dsc_0013
[夕暮れどきの博物館]

この計画は大成功でした。17時5分前に到着すると待ち時間ゼロで入場できました。それでも館内はかなり混雑していましたが、イヤホンガイドを聞きながらいろんなものを少しずつ見て、おおよその概要を理解します。

今回は「鶴下絵三十六歌仙和歌集」に目標を絞りこんでいるので、超人気の宗達、光琳、抱一3人の「風神雷神図」の競演も潔く省略。いよいよ閉館10分前くらいになったところで、3階の「鶴下絵三十六歌仙和歌集」に戻ります。順路の最初の方の光悦の展示室はずいぶん空いていました。最後は誰もいなくなった静かな部屋で、たっぷりと全体を眺めることができました。

近くで見ると、細く美しい筆の流れなど、書の高い完成度にため息が出るほどです。でも少し遠ざかって全体を眺めると、13メートルの大きな流れがよくわかります。凝縮された密度の高い部分と、おおらかに広がる部分とが、波のように繰り返されます。

ほかにも見どころはたくさんある展覧会ですが、こんなふうに一つだけに集中して見るのも悪くありません。長く、長く、うねるように続く絵と書の流れの前に一人で立ち尽くした数分間は、とても贅沢な時間でした。

« 昭和の花嫁たち | トップページ | The Gap of Time »

コメント

わー、行かれたのですね!羨ましいです。つい先日、バスで前を通りかかったのですが、それはもうすごい行列でした。琳派って、いまひとつ定義がわかりにくいところがありますが、作品重視で見るとよいのでしょうね。たしかに、これ見て見たいです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

東京での展覧会にはなかなか行かないのですが、出張のついでだと行く気になるものですね。Pukiさんも、逆に東京に出張でいらしたときに美術館に行ってらっしゃいましたね。

琳派の特別展示はtwitterで入場までの待ち時間を知らせてくれるのですが、昼間だと「180分待ち」とか・・・。V&AやBritish Museumの特別展は時間枠ごとに人数制限をしている予約制ですが、ああいうふうにできないものですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/62639612

この記事へのトラックバック一覧です: 一点集中:

« 昭和の花嫁たち | トップページ | The Gap of Time »