« 誤訳の定義は難しい | トップページ | はじめての野菜 »

2015年10月31日 (土)

エクレア革命

まつこです。

芸術の秋にふさわしいクイズです。この絵は誰の何という絵の一部でしょう?

Kimg0016
[答えはこの記事の下にあります]

パリのエクレア専門店レクレール・ド・ジェニのエクレアです。カスタード・クリームだけのいちばんシンプルなものですが、「マリアンヌ」と名前がつけられています。

「マリアンヌ」はフランス共和国の象徴する女性です。ニューヨークの(お台場にもある)「自由の女神」もこのマリアンヌの像です。

昨日、日本橋高島屋でこれを見つけました。エクレアに革命の絵なんて大げさだと思い、「なんでマリアンヌなんですか」と聞いてしまいました。若い女性の店員さんが「大阪にレクレール・ド・ジェニの一号店ができた記念です。関西に革命を起こそう!という気合をこめています」と教えてくれました。関西の王統派のみなさん、エクレア革命に気をつけてください。

もうひとつ買ったエクレアはこれ。

Kimg0013
[ハロウィン!]

こちらのジャック・オ・ランタンのエクレアはカボチャが練りこまれたカスタード・クリームでした。

実は私は幻のエクレアを求めて、あちこちのエクレアを試しています。生涯で食べたエクレアで忘れられないものが2つ。ひとつは2012年の夏休みに滞在したアヌシー湖畔の村マントン・サン・ベルナールのパン屋さんboulangerie le fournil de mon pèreのエクレア。もうひとつはロンドンのサウス・ケンジントンにあったフランス・パン屋さんBagatelleのエクレア。

どちらもパン屋さんだけどお菓子も美味しく、特にエクレアは卵の味がしっかりしているのにカスタードの甘みはさっぱりしていて、皮はパリンと軽く焼き上げられ、食べ飽きない美味しさでした。残念ながらBagatelleは閉店してしまい、アヌシーの小さな村も再び行く機会はなかなかないだろうなあ・・・。

レクレール・ド・ジェニやおしゃれなパティスリーの洗練されたエクレアも美味しいのですが、卵の滋味が感じられる素朴なエクレアが食べたい・・・と思いながら、ジャック・オ・ランタンの顔を崩しながらパンプキン・エクレアもとても美味しくいただきました。

冒頭のクイズの答えはこれです。

1024pxeugene_delacroix__la_liberte_
[ウジェーヌ・ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』(1830)ルーブル美術館所蔵]

1789年のフランス革命ではなく1830年の7月革命の絵なので間違えないようにしましょう。(参照記事:そういえば以前、フォションにダ・ヴィンチの『モナリザ』をプリントしたエクレアがありました。)

« 誤訳の定義は難しい | トップページ | はじめての野菜 »

コメント

エクレア、急に食べたくなりました。それにしても、この絵、フランス革命じゃなかったのですか(驚)!知りませんでした。もちろん、ポランニーなど知っているはずもなく。手元の注を見ると、BlakeのSatanic Millsも引き臼が第一義で、そこから派生して工場の意味もあるようですね。引き臼でゴリゴリ惹かれ、薄暗い工場に閉じ込められ・・・現代の職場にどちらもぴったり、とほほん。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

BlakeはMillという言葉を何度か使っていて、複雑な議論がいろいろあるらしいですね。国教会批判とか、古代の巨石とか、神秘主義的な意図をこめたとか。日本のある研究者はJerusalemの訳では「水車」として「ミル」とルビをふっていました。

うちの職場は今週末学園祭で久々の連休です。碾き臼からしばし解放された気分でエクレアなどのんびり食べています。来週以降は国民の祝日無視の碾き臼生活がまた再開しますけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/62585344

この記事へのトラックバック一覧です: エクレア革命:

« 誤訳の定義は難しい | トップページ | はじめての野菜 »