« オペラとお寿司 その2 その3 | トップページ | シルバーウィーク »

2015年9月17日 (木)

サマンサが60歳!

まつこです。

BBCのラジオ番組にキム・キャトラルが登場し、ちょっとした話題になっています。「キム・キャトラル」と聞いてもピンとこない人も、「SATCのサマンサ」と言えば、ああ、あのフェロモン女優ね、と思いあたるのでは?

Sexandthecity

[Sex and the Cityの4人。ちょっとお姉さん格で、いちばん奔放なのがサマンサ]

ニューヨークで自由と恋愛を謳歌する4人の独身女性を描いた人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。その中でもひときわ奔放なサマンサを演じたキム・キャトラルは、意外にもイギリス人で、シェイクスピアやノエル・カワードなどの舞台にもときおり登場しています。

Kimcattrallascleopatra001

[ジャネット・スズマン演出の『アントニーとクレオパトラ』で主演したキム・キャトラル]

今週月曜日のBBC4のWoman's Hourの特別番組に登場したキム・キャトラルは、「子供がいないまま独身で60歳」を迎えるというテーマについて、率直かつ冷静に語って、多くのイギリス人女性の共感を得たようです。

そもそもインタビュアーが「50代でいらっしゃいますが・・」と言いかけたとたん、「50代後半よ!」と潔く言い切ったところからカッコイイ。来年、60歳になるそうです。親の死、離婚、孤独・・・と、ともすれば暗くなりがちな話題も、正直に、かつ前向きに、ポンポンと弾けるような口調で語っていました。

『ガーディアン』から『デイリー・メイル』まで新聞各紙で話題を集めたのが、「子供がいない(childless)と言われるのは不愉快。"less"という言葉が劣っていると言われているように感じる」という発言。妊娠したことも、オムツを替えたこともないけれど、自分は若い人たちの支援に力を注いでいる。その点では自分にも母性に近いものはある、と主張していました。

確かに欧米で、「子供はいない」と言うと、気の毒にと同情されたり、「いつ子供をつくるのか」(When are you going to start a family?)と聞かれたりします。子供がいない人への逆風は、日本より欧米での方が強いような気がします。キム・キャトラルは「結婚生活は楽しんだけれど、子供を持つところまではいかなかった。女優でなくて、政治家だったらもっと批判されただろう」と言っています。

老化や将来の孤独に不安を感じる同世代の女性たちが共感する発言がインタビューの中にたくさんありました。「孤独は感じるけれど、この歳になれば自分の人生を少し離れて眺める気分」、「私の抗鬱剤は仕事よ」、「アンチエイジングの化粧品や美容整形より好きなことに夢中になる方が効くわ」、「恋愛はもう引退よ」、「キングサイズのベッドの真ん中で寝て、自由だを実感してるわ。いびきかいてもおならしてもいいし」・・・などなど。この歯切れの良さは、やっぱりあのSATCサマンサのまま。

キム・キャトラルは12月からロイヤル・コート劇場での新作に主演するそうです。60代になっても、映画や舞台でますます活躍してもらいたいものです。

« オペラとお寿司 その2 その3 | トップページ | シルバーウィーク »

コメント

ほんと、かっこいい!アップもダウンもあったけどサバイブしたわ、ってさらっといいきれるように私もなりたいものです。So what's next?? :)

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

子供におしゃれなお洋服着せて見せびらかしている(?)サラ・ジェシカ・パーカーより、明るい老後を目指すこちらのほうが断然かっこいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/62298923

この記事へのトラックバック一覧です: サマンサが60歳!:

« オペラとお寿司 その2 その3 | トップページ | シルバーウィーク »