« プチ模様替え | トップページ | 神無月 »

2015年9月23日 (水)

サンクチュアリ

まつこです。

似ているように見えながら、微妙に少しずつ変化しているデニム。色の落とし方、ライン、布の質感など、細部へのこだわりは、わかる人にはわかる。(はいている本人以外気がつかないことも多いけど。)

というわけで、この秋冬用のデニムを購入することに。

Dsc03125
[今回、お買い上げの2本。今まではいていたセブン(Seven for All Mankind)の黒のスリムがあまりに浅履きで細身なため似合わなくなって、AGの黒に買い替え。Care labelのは股上深め(high rise)を選びました]

おばさんマダムたちに愛用者の多いブランドAGが私の定番・・・というか、他のブランドを試してみるのがだんだん億劫になり、いつもの売り場でいつものブランドという安心感を求めて、今回も日本橋高島屋のインディゴバーへ。

ところがお馴染みのインディゴバーは、いつのまにやらデニムスタイルラボというのに変わっていました。かっこいい、ちょっとハードな、ワークショップっぽい雰囲気のインテリアに、50代のおばさんマダムはドギマギ。

欲しかったAGのキレイめ(ワン・ウォッシュ)デニムは、私のサイズは売り切れ。やむなく店員さんに「あの・・・比較的年長の人に合っているブランドでおすすめってありますか?」と聞いたところ、イタリアのブランドCare labelを勧められました。試着してみると、柔らかめではきやすいのに、ラインがすっきりキレイ。「ハイ、これ、いただくわ!」

可愛い若い店員さんが、「いいでしょう、これ。Care label、今、すごく売れているんです。1日に何本も売れて、こんなに売れるのAG以来です」と言うので、つい余計な一言を言ってしまいました。

「そりゃ、日本橋高島屋さんだからでしょう。お客さんの年齢層高いからAGとかCare labelが売れるんですよ。私もその一人だけど・・・」

若い店員さんは思わず吹き出して、笑いが止まらなくなってしまいました。

見渡せば、このデニム売り場にいるお客さんは、私以外に40代と60代後半とおぼしき母娘の一組だけ。新宿や二子玉川の高島屋とは違い、この日本橋高島屋はいつもこんな感じです。昭和8年竣工という建物は重要文化財に指定されたそうですが、いつも比較的空いていて静か。古めかしい建物で、中高年世代が安心してのんびりお買い物できる雰囲気がこの日本橋店の魅力。

ちょっとだけお高めでも、着心地とカットの良さで、中高年体型を包んでくれるデニムが買える日本橋高島屋のデニムスタイルラボ。デニム愛用者のおばさんマダムたちのサンクチュアリ(保護区)です。


« プチ模様替え | トップページ | 神無月 »

コメント

いつもデニム姿が惚れ惚れするほどカッコいいまつこ様。どこのブランドをご愛用か聞いてみたいと思っていたので、とても参考になりました。最近家着用にGAPのガールフレンド・デニムを買ったものの、ローライズすぎるのか、ずり落ちてくるのが気持ち悪くて、ついついウェスト部分をぐっとあげてしまいます。私も年相応のデニムを探しに行きたいと思います。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

いくらなんでも、褒めすぎ・・・。

この夏、白いデニムはユニクロでした。「ユニクロでもぜんぜん変わらないねえ」とうめぞうに言われました。まあ、そんなんですけどね。

最近、「若作り」を避けるよう心がけています。数年前のアバクロとかセブンのは潔く捨てました。ものすごく浅くて、細いタイプ。たとえ体が入っても顔と合わないんですよね。デニムにも年相応ってものがあるんだなあ、と実感しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/62336779

この記事へのトラックバック一覧です: サンクチュアリ:

« プチ模様替え | トップページ | 神無月 »