« 正しい夏休み | トップページ | 雨の朝 »

2015年8月19日 (水)

瞑想ビジネス

まつこです。

先日、『グーグルのマインドフルネス革命』を読んでちょっと面白そうだと思って、グーグル社員も使っているという「ヘッドスペース」(Headspace)という瞑想のためのオンラインのサイトに登録しました。

Herotenminutes
[キャラクターがポップで可愛い]

PC用のプラットフォームのほかに、iPhoneやAndroid用のモバイルアプリもあります。キャラクターが可愛くて使いやすそうだったのもありますが、グィネス・パルトロウ、エマ・ワトソン、そしてアリアナ・ハフィントンもメンバーと聞いたとたん、ぐっとオシャレな印象が強まり、じゃあ、私も登録しよう!となりました。

登録すれば最初の10日間は無料でガイドつき瞑想が経験できます・・・が、しかし、ありがちなことで、登録しただけで瞑想などせずに放っておきました。

そしたら数日後、「どうしたの?簡単に始められるよ」というようなメールが届きました。このキャラクターのイラストつきで。

催促されてシブシブとサイトにアクセスし、ガイドに促されるまま10分間瞑想。簡単な英語で、気楽な雰囲気で瞑想経験できるようなガイドメッセージが流れます。それに合わせてやっていると10分なんてあっという間に終わります。

なんか良い調子なので3日続けたら、「3は魔法の数字だよ。3日続けばだんだん違いが感じられるようになるよ!」というようなメールがまた届きました。

参加者の心をちょうど良いタイミングで鼓舞し、その気にさせるうまい作られ方をしています。このあたりにHeadspaceのビジネスモデルとしての成功の鍵の一つがあるのでしょう。現在、全世界で会員200万人以上、グーグル、セルフリッジ、ウェスティン、トワイニング、ヴァージンアトランティック航空などと提携し、「瞑想ビジネス」を大きく展開させています。

このようにビジネス成功例として目覚ましいHeadspaceですが、もともとはイギリス人アンディ・プディコム(Andy Puddicombe)がチベット仏教の僧侶になり経験したことから始まっています。瞑想の良さを実感したアンディは、多くの人に広めるために還俗し、ロンドンでイベント会社を設立したのだそうです。このあたりの割り切りの良さも成功の秘訣かも。現在はロンドンとロスの二カ所を拠点にしています。

[TEDでのAndy Puddicombeのスピーチ。PuddicombeはCircus Artsでも学位を取得しているそうですが、話しながらのジャグリングもうまくてびっくり]

BBCのドキュメンタリー番組「ホライゾン」で、8週間、このHeadspaceのアプリを使って瞑想すると脳にどのような変化が現れ、どのような効果があるかを検証したのも、イギリスでは話題になったようです。

「可愛い」「オシャレ」「科学的」の3要素がそろったHeadspace。もし日本語サイトがあれば、自分磨きとストレス解消に余念のない日本のワーキングウーマンにも受けそうです。

« 正しい夏休み | トップページ | 雨の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/62114315

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想ビジネス:

« 正しい夏休み | トップページ | 雨の朝 »