« お国自慢 | トップページ | アナログ生活 »

2015年6月27日 (土)

第四の男

まつこです。

もう1ヶ月ほど前のことになりますが、ケンブリッジの友人が雑誌記事を切り抜いて送ってきてくれました。Country Lifeというライフスタイル雑誌に掲載された記事「第四の男の正体はシェイクスピア」("I know who the fourth man is -- it's Shakespeare")です。

970f9e15c68044529dac0a9516881c9a410
[Country Lifeの当該号の表紙]

マーク・グリフィスという植物学者・歴史学者が数年間にわたって検証した結果、The Herballという題の本草学の本の表紙に描かれていた人物像の一人が、シェイクスピアだと確証できるという内容です。

Country Lifeは19世紀末に創刊された週刊誌で、美しきイングランドの田園、カントリーハウス、コテッジの庭、アンティークといった、悠々たるミドルクラスの生活の楽しみを美しいカラーグラビアと記事で伝える雑誌です。

グリフィスは、植物学、紋章学、図像学、古典学、書誌学等々の知識を駆使し、細密画のようなタイトル・ページの絵に秘められた暗号を読み解き、そこに描かれていた4人の人物を特定しています。それがCountry Lifeらしい美しいグラビアつきで20ページ近い記事にまとめられていて、読みものとしてはとても面白かったです。まるで推理小説を読むような感じ・・・そう、あの『ダ・ヴィンチ・コード』を読むような面白さです。

6a00d83451da9669e201bb0830b7f0970d4
[こちらがJohn GerardのThe Herballという本草学の本の表紙。右側の真ん中が問題の人物像]

肖像画が見つかったというだけでなく、若き日のシェイクスピアはバーリー卿ウィリアム・セシルをパトロンとし、息子ロバートの昇進のため、エリザベス女王を館に迎える歓迎の小品を書いたという、伝記の大きな見直しにつながる発見だとグリフィスは主張しています。

Country Lifeの当該号が出る前に、BBCや新聞各紙は大ニュースと伝えました。一方、アカデミックな世界からは、冷ややかな懐疑論や痛烈な反論が寄せられました。でも発見の真偽のほどはともかく、詳細な推論の積み重ねそのものには、知的ゲームの面白さがあることは確か。結論だけをとりあげて「トンデモ論」と切って捨てるのではなく、まずは読んで楽しむという余裕も必要かな、という気もしました。

まあ、こちらに知識がないぶんだけ、内容を鵜呑みにする素直な読者として楽しめるという面はあるのですが。本物のアカデミシャンはこういうのを読んで「楽しむ」というわけにはいかないのだろうなあ・・・。

« お国自慢 | トップページ | アナログ生活 »

コメント

これ、すごく面白そうですね。私にはどツボのトピックで、是非取り寄せて読んでみたいと思います。記事もさることながら、Country Lifeの美しい写真も眺めてみたくなりました。とかく仕事のストレスが織のようにたまりやすい今日この頃、House & Garden、Country Life、Periodical Homes等々の雑誌で、イギリスのカントリーライフを妄想するのはなかなか楽しそうです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

Michael Dobsonは"I'm deeply unconvinced"とコメント。Stanley Wellはツイッター(!)で"So apparently Shakespeare went around in fancy dress holding a fritillary in one hand and a cob of corn in the other"と皮肉っぽくツイートしてますけどね。でもまあ面白いです。記事、コピーをお送りします。

この蒸しい空気、どんよりした曇天、ぐったりした学生、もっとぐったりした教師。この現実に囲まれながら、イギリスの爽やかな田園風景とそこを散策する自分を妄想すると、ちょっと辛い気持ちにもなるかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四の男:

« お国自慢 | トップページ | アナログ生活 »