« 薫風 | トップページ | それぞれの妻 »

2015年5月 3日 (日)

海の幸、山の幸

まつこです。

農家をやっている母の旧友を訪ねたところ、帰路は軽トラックの荷台で送ってもらいました。うめぞうも私も、軽トラの荷台に乗せてもらうのは初めてです。「楽しいね〜」と、うめぞう、おおはしゃぎ!

Photo
[軽トラの荷台から眺める水田風景。頬にあたる風もさわやか]

水のはられた水田、残雪が残る山、若葉の緑色がやわらかな里山・・・。ところどころ打ち捨てられた工場跡や、コンビニの看板が目に入るのが残念ですが、それでも5月の田園風景は美しい。

Dsc02946
[一昨日はまだ白かった山が、初夏のような日ざしをあびて、どんどん雪が消えています]

とても良いお天気だったので、庭の木の剪定をしました。うめぞうが切って、私がその後を掃除します。1時間も働くと、汗まみれ。

Photo_2
[伸び放題になっていた生け垣を剪定]

今日は近所の方から、「山うど」をいただきました。

Dsc02953
[うっかり写真を撮る前に葉の部分をだいぶ切ってしまいました]

芽と葉の部分は天ぷらに・・・

Dsc02960
[香り高いウドの天ぷら。塩でいただきます]

白い部分は酢みそ和えに・・・

Dsc02954
[酢みそは簡単に作ったので、つぶつぶが残っています。お味噌も新潟の田舎味噌]

その他の部分はきんぴらに・・・

Dsc02956
[苦みと風味がおいしいウドのきんぴら]

地元の山の幸にくわえ、海の幸もいただきました。

Dsc02957
[地元の漁港にあがったカレイの煮付け]

Dsc02959
[佐渡のカニのむき身は酢の物に]

ウドは皮をむいたり、アクをぬいたり、ちょっと手間がかかりますが、採りたての野生のウドをいただけるなんて、贅沢なことです。

Photo_3
[青空の下で働いたあとの食事はおいしい]

田舎らしいスローライフを楽しんだ一日でした。

« 薫風 | トップページ | それぞれの妻 »

コメント

田舎のスローライフ、満喫されていますね。美しい景色と美味しそうな食事の写真を見ているだけでも、とても爽やかな気分になりました。小さい頃、奈良の田舎の祖父の家に遊びに行った時、従兄弟たちとトラックの荷台に乗りましたよ。今はもう見かけない3輪トラック。祖父の運転は自転車にも抜かれる遅さだったので、こわがりの私も平気だったのです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

それはオート三輪というものでしょうか。いいなあ、そんな思い出が子供の頃にあるなんて! 軽トラの荷台でうめぞうなどは「写真撮って!」と興奮していました。60歳過ぎてるのに。私も「馬車に乗っているみたいだね〜」と歓声をあげてしまいました。

二人とも仕事を抱えて強化合宿のつもりで田舎に来たのですが、タケノコやウドなど旬の食材をもらうと、いそいそ台所に立ってしまいます。すでに連休後半。焦っています・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/61534100

この記事へのトラックバック一覧です: 海の幸、山の幸:

« 薫風 | トップページ | それぞれの妻 »