« それぞれの妻 | トップページ | 改革とは何か »

2015年5月17日 (日)

明石町再訪

まつこです。

うーむ、不本意ながらクレジット・カードよりも、病院の診察券の枚数の方が多くなってしまいました。お買い物は大好きだけれど、ドクター・ショッピングなんてする気はないのですが・・・。

Dsc02980
[どんどん増える診察券]

歯科、耳鼻科、婦人科、さらには帰国後、職場で義務付けられている検診でちょっとひっかかって精密検査、さらに芋づる式に検査があって、このところ毎週、2カ所以上の病院に足を運ぶハメに。

先週、紹介されてさらに1カ所増え、こちらの病院にも行きました。

Dsc_0004
[聖路加国際病院の十字架だけが30年前と変わらず]

元気で長寿の「権化」、日野原翁はすでに103歳。それでもこちらの名誉院長をまだ務めておられます。この機会に、ぜひご利益に預かりたい、と祈願しながら聖路加詣で。

今は昔、30年近く前、学生時代に私はこのすぐそばの学習塾でアルバイトしていました。聖路加周辺の明石町、築地界隈ならよく知っている、と思って出かけたものの、地下鉄の出口を出てみると見知らぬ風景が広がっていました。

以前と変わらないのは、この聖路加の十字架のある尖塔部分のみ。かつての外人居留地の面影をとどめていた聖路加の古い建物は、高層ビルに建て替えられ、通りに並んでいた青いのれんの下がった小さなお店はもう一軒もなくなっていました。築地川にかかっていた暁橋もなく、川だったとおぼしきあたりは公園に。

四半世紀を経れば街の風景も一変していても仕方ありません。あの頃、私も20代前半。毎週、何回か夕刻にこの街の学習塾にやってきて、築地の老舗や銀座でお店を経営する家庭の子弟に勉強を教えていました。ああ、はるかに遠い記憶!

ま、これだけ年月が経てば、こちらの身体も古くなっていてあたりまえ。いろいろ不具合が出る年頃ですが、こまめに医療機関も利用しながら元気に過ごしたいものです。日野原翁の103歳は無理でも、まだまだ人生後半を大いに謳歌したいと、もう一度、十字架を見上げて健康維持を祈念しました。

« それぞれの妻 | トップページ | 改革とは何か »

コメント

確かに年とともに増える診察券・・・!私も束にすると厚さが3センチほどです。やれやれ。でも身体が資本、どうぞお大事に。

mgmさん、コメントありがとうございます。

これからの目標はもはや"stay young"ではなく、"age gracefully"です。そのためにも医療やリラクゼーションをうまく生活に取り込まないといけませんね。働き方もおしゃれも飲みっぷりも、軌道修正のお年頃です。

でもまつこさんはいつまでたっても素敵。みんなの憧れですよ~。素敵に年を重ねられて、素敵なロールモデルでいてください!(素敵の3乗なり)

ののさん、コメントありがとうございます。

おだてにのりやすいタイプなので、お世辞でもそう言われると元気出ます!ヴァネッサ・レッドグレイヴ、シャーロット・ランプリングあたりを目標にして素敵なおばあさんをめざします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/61603342

この記事へのトラックバック一覧です: 明石町再訪:

« それぞれの妻 | トップページ | 改革とは何か »