« 帰国 | トップページ | カルヴェン »

2015年4月 5日 (日)

クロワッサンおじさん

まつこです。

東京の自宅に帰ってびっくり!

Dsc02883
[きれいに整理された冷蔵庫の中]

家中のクローゼット、棚、冷蔵庫の中がすっきり、きれいに整理されていました。私の留守中にうめぞうがあれこれ工夫し、整理整頓をしていてくれたのです。

実は私は収納整理ベタ。外から見えるところだけきれいにし、棚の中はゴチャゴチャ。なんでもクローゼットに押し込んでドアを閉めてしまうタイプです。うめぞうは私がいない間に、収納スペース大改革を実行していました。

Dsc02885
[食器棚の上もこのとおり]

いや〜、きれい!『クロワッサン』の収納術特集で見かける写真みたいです。いったんこれだけ片付くと、その秩序を乱すのは気が引けます。

しかも、1年の不在、そしてこの大改革のあと、私はどこに何が収納されているのかわからなくなってしまいました。したがって家事における主導権はうめぞうに移譲することに。

「ねえ、うめぞう、タオルはどこにしまうの? わかんないからお願いね」
「え! 未開封のお茶とその他のお茶はしまうところが違うの? めんどくさいからうめぞう、しまっといて」
「へえ、調理器具も食器もしまい方が変わったんだね。うめぞう、すごいね〜。本格的な主婦だね〜。じゃあ、明日の夕食の支度もたのんじゃっていいかな?」

こんな調子で、うめぞうの「主婦化」が進んでいます。きれいに整列した調味料を見るたびに、「クロワッサンおじさん・・・」と、私は内心つぶやいています。

« 帰国 | トップページ | カルヴェン »

コメント

まつこさま、お帰りなさい!!で、早速この記事に爆笑しています。私も無類の収納マニア、うめぞうさんと手を取り合いたい気分です。テプラは必須ですよね。あと、布物は色によってグラデーションで整理とかほとんど狂気じみた収納法を断行しています。でもって、スーパーのレジ袋をちまちまと丁寧に折り畳んでいるイギリス人の夫の背中を見ると、おお、よくぞここまで、と目頭が熱くなります。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

Pukiさんご夫婦もクロワッサンズでしたか! 研究職は情報の整理分類に慣れているので、収納上手なのかもしれませんね。レジ袋を丁寧にたたむなんて、日本の主婦だけ。いやはや、よくそこまで日本文化に精通されたものです。

先日、イギリスから大きな段ボール7つ分の荷物が到着しました。なんとか収められたのは、うめぞうの整理整頓のおかげです。

まつこさま

ご無沙汰しております。ご無事にご帰国されて何よりです。
久しぶりの日本と我が家、良いものでしょうね。楽しまれますように。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

夢からさめた気分で呆然としながらも、せっせと毎日働いています。すでに夏休みが待ち遠しい気分です。またあちらでご一緒できる機会を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/61389894

この記事へのトラックバック一覧です: クロワッサンおじさん:

« 帰国 | トップページ | カルヴェン »