« 春なのに・・・ | トップページ | 帰国 »

2015年3月28日 (土)

姉妹都市

まつこです。

ここはどこでしょう?

Dsc02784
[ゆったりと流れるネッカー川]

ヒント1: ドイツで一番古い大学のある街です。

ヒント2:ケンブリッジと姉妹都市です。


イギリス滞在のビザが切れる25日に出国し、飛行機とバスを乗り継いでやってきたのはハイデルベルクです。今回は知人のご夫妻にお招きいただき、日本に帰国する前の数日をハイデルベルクで過ごすことにしました。

Dsc02778
[ハイデルベルク大学の図書館]

ハイデルベルクを案内してくださるのは、長年、日本研究をしていらっしゃるS先生です。碩学S先生は江戸末期の漢籍、日本近代文学、ギリシア語、ラテン語、さらにはウェールズ語にまで通じていらっしゃいます。すでに70歳を超えておられるのですが、スタスタと歩く姿は若々しく、次々にあふれでる知識は、滔々と流れるネッカー川の水量のように豊かです。

Photo
[ハイデルベルクの街歩き]

Photo_2
[街の中心の精霊教会]

大学図書館から街角の建物の装飾まで丹念な説明をしてもらい、ドイツやハイデルベルクの歴史がよく理解できました。

Dsc02770
[ハイデルベルクで一番古い建物だそうです。ユグノー教徒の織物商人が16世紀の終わりに建てたそうです]

お城や大学など古い建物が美しいハイデルベルクの街ですが、負の歴史も刻まれています。ナチスの支持者が多かったハイデルベルクでは1938年の反ユダヤ主義暴動の夜「水晶の夜」にシナゴーグが放火されました。ハイデルベルク大学からもユダヤ人教員が追放されました。

Dsc02774
[かつてシナゴーグがあったところ]

シナゴーグの跡地には余分なモニュメントを作ったりはせず、あえて空き地のままにして「喪失」の記憶を残しているのだそうです。

Dsc02769
[石畳に埋め込まれた迫害されたユダヤ人の記録]

また街の中では、ユダヤ人のかつて住居を示す金色のプレートが、石畳に埋め込まれています。雑踏の中で人々に踏まれている金色のプレートにはかつてそこに住み、財産や生命を奪われた人々の名前と生没年が小さく刻まれています。

こうしてS先生から、歴史、政治、美術、文学と・・・幅広いお話をうかがい、おいしいワインを飲みながら、愉快に笑い、とても贅沢な数日を、今回のヨーロッパ滞在の最後に過ごしています。

« 春なのに・・・ | トップページ | 帰国 »

コメント

ハイデルベルクと言えば「アルト・ハイデルベルク」、憧れの街です!まあ、私はその昔、宝塚のミュージカルで知ったわけですけど(笑)。「ネッカの河の岸辺に♪」で始まるのです。思わず口ずさみました。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

「アルト・ハイデルベルク」は明治から昭和にかけてのドイツ語学習者は必ず読んだそうですが、ドイツではあまり知られていない作品なのだそうです。でも美しいハイデルベルクの街を歩いていると、「西洋の古き良き学問の都」に憧れた旧制高校生たちの気分も少し想像できる気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹都市:

« 春なのに・・・ | トップページ | 帰国 »