« 鶴亀スムージー | トップページ | トルテリーニ »

2014年12月15日 (月)

パントマイム

まつこです。

昨晩は友人Mさん親子を誘ってパントマイムの『アラジン』を観に行ってきました。

Photo
[Mさんと息子さんのL君とうめぞう。開場のCambridge Arts Theatreは経済学者のケインズが作った劇場です]

パントマイムはイギリスのクリスマスの恒例行事の一つと聞いていたので、ぜひ一度観てみたいと思っていました。パントマイムと言っても日本の無言のパフォーマンスではなく、家族で楽しむ笑劇です。今回の出し物は『アラジン』。

Aladdin_h1
[家族向けエンターテインメントの『アラジン』]

若い女性が青年を演じ、中年女を女装した男優が演じるというのがパントマイムの約束事の一つだそうです。今回も若者アラジンは女優さんが演じていました。その母親には男優が扮し、大きな胸とヒップをゆらしながら軽やかに歌い、踊り、たっぷり笑わせてくれました。観客と舞台のやり取りもパントマイムの伝統の一つ。うまい役者と、積極的でノリのいい観客のにぎやかなやり取りが楽しい雰囲気を盛り上げます。

小さな子供が大喜びするドタバタ場面もたっぷりありますが、きわどい言葉遊びや政治風刺も盛り込まれています。中国皇帝は財政赤字に苦しみ、悪人の経済アドバイザーと契約してしまうなど、時勢を反映したネタも取り込まれています。私には理解できないジョークもたくさんありました。うめぞうも最初は戸惑っていたようですが、お色気もほどよくちりばめてあり、ムチムチした太もものダンサーたちを食い入るように眺めていました。魔法のランプから出てくる魔神ジンニーは筋骨隆々の黒人男性。なるほど、おじいちゃんから子供まで、老若男女がそれぞれ楽しめる要素が満載。

Photo_2
[外に出ると市場のツリーが輝いています]

たっぷり笑ったあとは、外の冷たい空気も気持ち良く感じました。クリスマスまであと10日です。

« 鶴亀スムージー | トップページ | トルテリーニ »

コメント

まつこさま

パントーですか、いいですね〜!
友人にパントマイムを研究している方がいて、私もいつか見たい!と思っておりましたが、これこそ完全な季節もので、私が見られるのはいつのことやら。。。
パントーのデイム、伝統的にドラッグ・クイーンなんですよね。子供の頃からこういう舞台に慣れ親しむ英国人って。。。

楽しく大笑いなさって、風邪を撃退してくださいね。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

今回のデイムは名前からして"Widow Twankey"ですからね〜。「こんなジョーク、子供に聞かせていいの?」と思う場面もしばしば。観客の一人に名前を聞いて「あら、アンガス?良い名前ね。私も手術前はその名前だったのよ。ホホホ」という調子。一緒に行った友人の息子さんは「ねえ、operationってどういう意味?」とここでお母さんに質問していました。(お母さん、答えに窮していました・・・。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パントマイム:

« 鶴亀スムージー | トップページ | トルテリーニ »