« クリスマス・クラッカー | トップページ | マタイの原理 »

2014年12月27日 (土)

ベッカライ・ウメゾウ

まつこです。

「ボクシング・デーは何か予定があるの?」と聞かれ、何もないと答えたら、さっそくジュディ&トムと一緒にご近所のスー&クリスの家に呼ばれました。やはりご近所に住む一人暮らしのジューンも一緒。単身者にこうやって声をかけて寂しくないように心遣いするのが、クリスマス・スピリットの伝統なのでしょう。

というわけで、私が連日、あっちでワイン、こっちでケーキと、賑やかに過ごしている間、東京のうめぞうは・・・

Image_2
[うめぞうがクリスマス・イブに焼いたパン]

連日、パン焼きに精を出しています。

Image
[クリスマスの日はライ麦パン]

私がいると「キッチンが汚れるからやめて!」と言われてしまうのですが、鬼の居ぬ間の自由です。

日頃から東京にはおいしいドイツ・パンを売っているところがないと、嘆いていたうめぞう。だったら自分で作ろうと思い立った模様。老後の第二の人生は「ベッカライ・ウメゾウ」になりそうです。

うめぞうからのコメント: ヨーグルトを少し加えたライムギを自然発酵させてザウアータイク(サワー種)を作り、それでライムギパンを焼くと、うっすらとした酸味のある薫り高いドイツパンができます。でもこの時期、なかなか温度を保つことが難しく、今回は少しふくらみの足らない黒パンとあいなりました。でも、意外と簡単で、味も悪くないので、興味のある方はどうぞお試しあれ。

« クリスマス・クラッカー | トップページ | マタイの原理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッカライ・ウメゾウ:

« クリスマス・クラッカー | トップページ | マタイの原理 »