« クリスマス・キャロル | トップページ | ベッカライ・ウメゾウ »

2014年12月26日 (金)

クリスマス・クラッカー

まつこです。

昨日はクリスマスは友人のYちゃんとMくん夫妻のお宅に招いてもらいました。

Dsc02315
[イギリスのクリスマス・クラッカー]

私のために典型的なイギリスのクリスマス・ディナーを用意してくれてました。まずはクリスマス・クラッカー。両側からつかんで引っ張り合うと、パシッとはじけます。中から出てくるのは紙の冠と小さなおもちゃとジョークやなぞなぞなどが書かれた小さな紙。

今年のクリスマスに私がひきあてたジョークの例は・・・

「魚の重さは計りやすい。なぜ?」
「スケールがついているから」

これは"scale"には「計り」と「うろこ」の両方の意味があることを利用した言葉遊びです。

Photo_2
[金色の冠をかぶり、ワイン片手にご満悦]

今年のイギリスのクリスマスは晴天にめぐまれました。庭にやってくるコマドリやリスを眺めながらのクリスマス・ディナーです。途中で女王のスピーチをテレビで聞きながら、ねっちりと甘いクリスマス・プディングにたっぷりとブランデー・クリームをかけ、ポート・ワイン片手に語らうころにはもう夜もとっぷりと暮れています。

Dsc02326
[クリスマス・プディングを食べるときは、カロリーなんて気にしない!]

たくさん食べて、たくさんおしゃべりして、楽しいクリスマスの1日でした。

その頃、日本でクリぼっちのうめぞうは・・・(続く)

« クリスマス・キャロル | トップページ | ベッカライ・ウメゾウ »

コメント

どことなく和の雰囲気もある、素敵なテーブルセッティングですね。そうそう、このクラッカー懐かしいです。紙の王冠はすぐに落ちそうになりますが、皆結構しつこく被り続けるんですよね。王冠かぶってランチ食べて、でもって女王様のスピーチをテレビで聞いて、なんだかんだ言って王室大好きのイギリスらしいクリスマスです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

紙の王冠、意外とみんなうれしそうにかぶっていますね〜。クラッカーはすでに半額に値下げされているので、来年用に買おうかと思ったり・・・。昨日のボクシング・デーのパーティではジェスチャー・ゲームみたいな「シャレード」というのをやらされました。イギリスのおじさん、おばさんに混じって、上を指差し"Sky"、急降下するふりをして"fall"、「おお、Skyfallだ」みたいな感じで盛り上がり(?)ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・クラッカー:

« クリスマス・キャロル | トップページ | ベッカライ・ウメゾウ »