« Remembrance Day | トップページ | 35 Days until Christmas »

2014年11月17日 (月)

ヴィクトリアン・スポンジ・ケーキ

まつこです。

毎日、空は灰色。でも例年よりはかなり暖かい11月。うめぞうを誘って散歩に出かけてみました。

Dsc01877
[まだ黄葉がブナの木に残っています]

散歩していると、たくさんのリスに遭遇します。木に残った葉っぱや木の実を食べているようです。

Photo
[いつものケム川も灰色]

比較的暖かいので(気温は10度くらい)、ケム川ではパントを楽しむ観光客もまだかなりいます。

Photo_2
[キングズ・カレッジも灰色]

少し陰鬱な冬景色ですが、お店に入るとクリスマス用品が並んでいて華やかです。ポインセチアの赤やツリーの金銀の飾りなどが、外の灰色と対照的です。

Dsc01889
[バターがたくさん使われていてどっしりと重いヴィクトリアン・スポンジ]

たくさん歩いたので、家に帰ったらお茶にしましょう。マーケットで人が並んでいるケーキ屋さんがあったので、つられて並んでしまいました。初めてのお店だったので、とりあえず典型的なイギリスのケーキであるヴィクトリアン・スポンジを購入。

バターたっぷり、お砂糖たっぷり、ずっしり重い伝統的ヴィクトリアン・スポンジでした。ちょっと胸焼け・・・。イギリスらしい日曜日のひと時でした。

« Remembrance Day | トップページ | 35 Days until Christmas »

コメント

イギリスの素朴な焼き菓子のボソボソしたスポンジの風味がどうも口に合わず、日本の精巧なケーキのきめ細かなスポンジが懐かしくなる私です。ヴィクトリアン・スポンジも食してみるるものの、逆に無性に日本のケーキが懐かしくなってイケマセン。ジャム・ドーナツは大好きですけどね。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

BBCのお菓子作り番組Great British Bake Offを見ていたら、イギリスのケーキもおいしそうに見えたのですが、ずっしり重くあま~いケーキはやはり胸につかえますね。絵画教室のお茶の時間に出されたビスケットがおいしいと思ったら、日本のブルボンのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアン・スポンジ・ケーキ:

« Remembrance Day | トップページ | 35 Days until Christmas »