« ヴィクトリアン・スポンジ・ケーキ | トップページ | ドイツ:様々な記憶 »

2014年11月20日 (木)

35 Days until Christmas

まつこです。

クリスマスまで35日。

Windows_phone_20141119_11_13_35_pro
[ギルドホールの横のツリー]

大都会のような華やかさはありませんが、ケンブリッジでも少しずつクリスマスの飾りつけが始まっています。

Windows_phone_20141119_11_08_45_pro
[市場の花屋さんにもリースが登場]

今日も空は灰色・・・。

寒くて暗い北国の冬だとクリスマスのありがたみがひしひしと感じられます。

« ヴィクトリアン・スポンジ・ケーキ | トップページ | ドイツ:様々な記憶 »

コメント

まつこさま

商業化された派手派手しいのではない、素朴で暖かいクリスマスが味わえそうですね。楽しんで下さい。

ヴィクトリア・スポンジ、日本のスポンジケーキと違いますよね。日本のはメレンゲを使ってふんわり軽いスポンジですけど、英語のスポンジはレシピを見るとただのパウンドケーキ。でも私はどっしりした英語風の方が好みです。ストロベリー・ジャムをはさんだだけのシンプルさをケーキの重みが支えているところが。
ケーキを焼きたくても、日本はバター不足でマーガリンしかない。情け無い話です。日本は酪農家は補助が少なくて、廃業するひとりが多いと聞きました。マーガリンの方が健康には良いんでしょうけど味は天と地の違い。あーあ。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

バター不足は深刻なようですね。マーガリンというのはトランス脂肪酸が多く含まれていて、あまり健康には良くないと聞いたことがあります。摂取量の問題なのかもしれませんけれど。こちらのレシピを見ると、バターの量が半端じゃありません。今回市場のストールで買ったヴィクトリアン・スポンジもジャムとともに、こってりとしたバタークリームが、さらなる重みとなっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35 Days until Christmas:

« ヴィクトリアン・スポンジ・ケーキ | トップページ | ドイツ:様々な記憶 »