« モノトーン | トップページ | ハリケーン・ゴンザーロ »

2014年10月16日 (木)

While the Sun Shines...

まつこです。

久しぶりに見たお日様と青空。気持ちいい!

Dsc01729
[ケム川でパントを楽しむ人の数もすっかり減りました]

お天気の良いうちに急いでお買い物。今日、欲しかったのは携帯用ソーイング・セット。毎日、黒いタートルネックのセーターばかり着ていたら、ほつれちゃったのです。(こちらで買うものは縫製が悪い。)どこかのホテルでもらったソーイング・キットがあったはずなのにどうしても見つからないし、自宅から持ってきたのも見つからない。

Dsc01730
[たまたまセールで安くなっていてラッキー]

Mid Season SalesをやっていたCath Kidstonでトラベル・ソーイング・キットを購入。

Dsc01731
[中身はこんな]

Thread Plaitという色とりどりの糸をゆるく編んだものから、必要な色の糸を抜き取って使います。指ぬきとか巻き尺とかは旅先では使わない気もするけど。

それにしても黒いセーターに黒い糸、老眼の身にはちときびしい・・・。イギリスの部屋は照明が日本に比べて暗いので、お日様が出て明るいうちにやってしまいましょう。窓辺でポカポカと日に当たりながら繕いものをすれば、気分はすっかりgranny(おばあちゃん)です。

そういえば「まつこ、針に糸、通してちょうだい」と頼まれたことが何度もあったな・・・と、その昔、祖母や母が繕いものしていた姿を、ふと思い出したひとときでした。

« モノトーン | トップページ | ハリケーン・ゴンザーロ »

コメント

まつこさま

どよーんと暗い冬が近づきましたね。このさい編み物もお始めになって、イギリスの冬を満喫されてはいかが? 炉端と猫が必需品。
東京はようやく真夏の英国並みの涼しさになりました。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

実はvisiting academicsとその家族用の編み物クラブもあるんですよ。よほど始めてみようかと思ったのですが、そこまで手を広げると研究のフリをする時間もなくなりそうなので、やめときました。でも編み物は老後やりたいことのひとつです。

編み物、高校生や大学生の時に流行りましたよね~。私も、半年かけてマフラー編んだりしたなー(遠い目)。編み上がる頃にはもう好きじゃなくなって、困ったりなんかして。夫に編んだのはバイカラーの超力作。時々思い出したように引っ張り出して、着てくれています。私も編み物は老後にやりたいと思っています。カギ針編みでティーコージーを編むのが目標。あとはピアノとお茶。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

へえ〜、Pukiさん、男の子にマフラー編んであげたりしていたんですか?けっこう乙女だったんですね。ティーコージー編んだら、ぜひ我が家にもひとつください。(イギリスで可愛いのを時々見かけてほしくなっています。)

老後の趣味のリストは、どんどん長くなっています。書道、水彩画、編み物、刺繍もやってみたい。あんまり年取らないうちにダンスもやってみたい。できれば小さな庭の世話もしてみたい。うーん、定年退職が待ちきれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: While the Sun Shines...:

« モノトーン | トップページ | ハリケーン・ゴンザーロ »