« 開戦前夜のLove's Labour's Lost | トップページ | ジャック・アロイシアス・メリーソート »

2014年10月 2日 (木)

『白い悪魔』と『女番長』

まつこです。

ストラットフォード・アポン・エイヴォンのスワン座では、今年、女性の活躍する戯曲をシリーズで上演しています。今回、見たのは『白い悪魔(The White Devil)』と『女番長(The Roaring Girl)』の2本。両方ともシェイクスピアと同時代の劇作家の作品ですが、それぞれ異なった時代に設定を移しています。

Whitedevil_2999505b
[The White Devilの悪役フラミーニオが今回は女性という設定]

『白い悪魔』は現代のイタリアに設定。幕開け、ヒロイン、ヴィットリアのあられもない下着姿の登場でドキリ。プラチナ・ブロンドのかつらをかぶり、セクシーなゴールドと黒の超ミニのワンピースを身にまとうところから始まります。

貧しい家庭に生まれた女が、「性を強調」することによって、したたかに生き延びていくという解釈です。原作ではヴィットリアの兄という設定の悪人フラミーニオを、女優に演じさせたのも今回の上演の特徴です。こちらは痩せた身体の女が男装をまとい、「性を消す」ことによって社会の階段を這い上がろうとします。

腐敗した権力のはびこる男社会で、二人の姉妹は、女性性を過度に主張するか完全に抹消するか、いずれかでしか生きていくことはできない。このメッセージは明快です。舞台デザインもスタイリッシュでかっこいい。役者もうまい。

しかし・・・

暴力とセックスだらけの舞台は、そう、ドラッグにまみれた世界のよう(経験ないけど、たぶんこんな感じ)。観客の共感などいらない、と突っぱねられたような気分の悲劇でした。

Roaringgirl035
[今回のThe Roaring GirlのMollはK.D. Langみたいにかっこいいが・・・]

同じ日に喜劇の『女番長』。こちらは男装した女スリが、弱きを助け強きをくじく活躍ぶりを発揮する喜劇です。シェイクスピアの時代に実在したこの女怪盗が登場する劇を、今回はヴィクトリア朝後期に設定していました。

こちらも意図はわかります。ヴィクトリア朝のとりすました紳士たちの偽善や、裕福な若者たちの薄っぺらさを、女怪盗モルの活躍でひっぱがして見せるのが狙いでしょう。

しかし・・・

もともと副筋がゴタゴタとした戯曲なのですが、そのてんこもりの喜劇に音楽がまたてんこもり。ジャズあり、ロックあり、ラップあり。えー、なんで?ヴィクトリア朝じゃなかったの?

モルを演じた女優さんはとても器用な人で、エレキギター抱えてシャウトすることもあれば、コントラバスを抱えてジャズを口ずさむこともあれば、ノリノリでラップで歌う場面もあります。

女怪盗モルの豪放さではなく、この女優さん(Lisa Dillon、本当にうまい!)のクールなかっこよさの方が、印象に残りました。でも喜劇の面白さは、上演の様々な道具立ての中で分かりにくくなったきらいがあります。

いずれも女性演出家が、女性登場人物を通して、女性とは何かを問う、いわゆるフェミニズム・シアターに属する上演ですが、うーん、ちょっと肩に力が入り過ぎたかも。実力派の女性たちが、少し力を抜いて、のびのびと活躍できるような時代は、もう少し先なのかな・・・と思った一日でした。

« 開戦前夜のLove's Labour's Lost | トップページ | ジャック・アロイシアス・メリーソート »

コメント

後期が始まり、てんやわんやです、しくしく。どの劇も、時代設定に工夫を凝らすのですねー。まあ、そうでもしないと、えらく古めかしい劇になってしまいますもんね。The Roaring Girlは、グローブに新しくできた室内劇場でも上演していたような。LLLは、ブラナーのミュージカル映画もわりと好きでした。もともと音楽的要素が多いのでしょうね。

まつこさま

しかし…と思われるところもおありだったでしょうけれど、歌も台詞も演技もうまい役者がいるだけで、一見の価値がある!と思ってしまうのは、日本にいる悲しさからかもしれません。。。そちらは芝居シーズンたけなわですね。たくさんご覧になってください!

Pukiさん、コメントありがとうございます。

ケンブリッジではまだMichaelmas Termが始まっていません。始まっても2ヶ月後にまた1ヶ月のお休み。うらやまし〜ですね。

ジャコビアンに設定しても面白くなる場合もあると思うんですけどね。今回のプロダクションは人物造形の面白さより、政治的メッセージを優先しちゃったので、見ていてもどうも肩がこっちゃいました。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

The Roaring GirlのLisa Dillonという女優さん、Cambridge Spiesにも出ていたらしいんですけど、覚えていらっしゃいます?音楽やアクションではなく、もうちょっと台詞を聞かせる芝居で見てみたい女優さんです。知性がまさるタイプで男装が似合うので、As You Like ItのRosalindとかThe Merchant of VeniceのPortiaなんか良さそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『白い悪魔』と『女番長』:

« 開戦前夜のLove's Labour's Lost | トップページ | ジャック・アロイシアス・メリーソート »