« ハリケーン・ゴンザーロ | トップページ | Japanese Maple »

2014年10月26日 (日)

サマータイム終了

まつこです。

昨日から今日にかけての夜の間に、サマータイムが終了しました。パソコンやスマホは自動的に調整されています。給湯器やヒーターのタイマーと腕時計は手で1時間、遅らせました。

Dsc01749
[冬近し。ブラックベリーもこれで食べ納め]

この秋は例年にない暖かさだそうです。でも、夏の終わりから秋にかけて美味しかったブラックベリーももうおしまい。一昨日、めずらしくスーパーで見かけたので、今年最後と思って買ってきました。

「まずい」と評判の良くないイギリスの食事ですが、食材は悪くはありません。野菜の味は濃く、お肉やお魚も大きなカットで売っていて、料理の楽しみの幅が広がります。円安とイギリスのインフレで全体に物価高を実感しますが、フレッシュなベリー類などは比較的安く、種類豊富です。生のラズベリーやブラックベリーは日本で売っているところは少ないので、今年のうちにたっぷり食べておきました。

Dsc01496
[ヤギのチーズとビーツの水煮。この日はそこにラディッシュも合わせてみました]

日本にもあれば良いのに・・・と思う食材のもうひとつは「ビーツの水煮(cooked beetroot」です。日本には缶詰のは見かけますが、こちらのスーパーでは少量パックで売っていて、手軽で使いやすいです。

このビーツの水煮を適当な大きさにカットして、同じような大きさのヤギのチーズと合わせると、なかなかおいしいサラダになります。さらに桃などの果物も合わせてもいけます。

野菜や果物をたっぷり食べて免疫力アップで冬に立ち向かいたいと思っています。

« ハリケーン・ゴンザーロ | トップページ | Japanese Maple »

コメント

色彩が美しいです!ビーツ、私も大好きです。ちょっとしたお肉料理の付け合わせにも合うし、ビーツとチーズがあれば十分美味しいランチになります。私が日本に入ってきたらなーと思うのがライビーナ社(Ribena)のスグリ(blackcurrant)のジュース。サントリーが買収したとかいう話も聞いたのに、一向に日本で流通しないのはナゼ?

Pukiさん、コメントありがとうございます。

日本でもたまに生のビーツを売っているのを見かけるのですが、あれって生から茹でると時間がかかるんですよね。タケノコの水煮と同様に、ビーツの水煮も売ってほしいです。

ライビーナってサントリーに買収されたんですか。知らなかった。そういえばサントリーの「山崎」はケンブリッジのワイン屋さんに並んでいます。「すばらしいウィスキーだ。日本人の作るもののクオリティは高い」と、店主が絶賛していました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム終了:

« ハリケーン・ゴンザーロ | トップページ | Japanese Maple »