« サマータイム終了 | トップページ | クイズ その4 »

2014年10月29日 (水)

Japanese Maple

まつこです。

昨日、今日と続けて、とてもお天気の良い暖かな日でした。図書館の入り口の横にあるメイプルの紅葉が青空に映えて、薄暗い図書館に入って過ごすのがもったいないと感じられるほどです。

Dsc01753
[今日は良いお天気の一日でした]

先週の日曜日の朝のテレビ(Andrew Marr Show)に作家のクライブ・ジェイムズ(Clive James)が登場しました。自作の詩を書斎で朗読している様子が流されました。"Japanese Maple"(楓)という題の詩です。

ジェイムズはオーストラリア出身でイギリスのメディアで活躍している作家・評論家です。ずっと前に「スズキ・アキラ」というヘンテコな日本人が登場する小説も書いている日本通です(日本語もできるらしい)。アクティブなイメージが強かったのですが、4年前に白血病と診断され、最近では自らの死についてしばしば語るようになっていました。

日曜日の朝、テレビから流れた詩は、秋の美しさと人生の終わりを見定めた心の静けさが、率直な言葉で表現されていました。

今朝の青空の下で、秋の最後の美しい風景を見たら、この詩のことを思い出しました。

Japanese Maple

Your death, near now, is of an easy sort.
So slow a fading out brings no real pain.
Breath growing short
Is just uncomfortable. You feel the drain
Of energy, but thought and sight remain:

Enhanced, in fact. When did you ever see
So much sweet beauty as when fine rain falls
On that small tree
And saturates your brick back garden walls,
So many Amber Rooms and mirror halls?

Ever more lavish as the dusk descends
This glistening illuminates the air.
It never ends.
Whenever the rain comes it will be there,
Beyond my time, but now I take my share.

My daughter’s choice, the maple tree is new.
Come autumn and its leaves will turn to flame.
What I must do
Is live to see that. That will end the game
For me, though life continues all the same:

Filling the double doors to bathe my eyes,
A final flood of colors will live on
As my mind dies,
Burned by my vision of a world that shone
So brightly at the last, and then was gone.

そこに迫る死は穏やかなもの。
ゆっくりと消えて行くときに苦痛はない。
次第に短くなる呼吸が
少し苦しいだけ。身体からだんだん
力がなくなっているけれど、思考も視覚も残っている。

いや、むしろ鋭くなっている。細やかな雨が
あの小さな木に降るのを見て、
これほど美しいと思ったことはなかった。
裏庭のレンガの塀を濡らすのを見て
琥珀の間と鏡の間がこれほど無数に見えたこともなかった。

夕暮れが迫るにつれ、より豊かに
きらめきが空気を満たす。
これはなくならない。
雨が降るたびにこの風景がここで見られるはずだ。
私の時間が尽きた後も。だが今私は与えられたものを見ている。

娘が選んだ木、この楓はまだ植えたばかり。
秋来たらば、その葉は炎の色になるだろう。
私は必ずや
生きてそれを見なければ。そして私にとっての
試合は終わる。だが生命はそれでも続いていく。

両方に大きく開いた扉いっぱいに私の目に入ってきた
あの最後の色の洪水は生き続け
私の意識は死んで行く
目に映った光景に焼き尽くされながら
世界は最後にこれほど鮮やかに輝き、そして消えて行った。

Dsc01751
[今朝の風景]

詩の訳は難しいですね。前半は"you"読者に対する呼びかけの形をとっていて、後半は"I"自分の人生の終わりが語られているのですが、その訳し分けは十分にできませんでした。

Dsc01754002
[今日の夕方、同じ場所で。まだ5時くらいですが細い月が出ています]

美しい秋の日を惜しむ気持ちが、人生の限られた時間を尊ぶ思いにつながります。そう思いながらひんやりとした空気を吸い込んだ秋の日でした。

« サマータイム終了 | トップページ | クイズ その4 »

コメント

美しい詩と写真をありがとうございました。Clive James、知りませんでした。お嬢さんはまだ小さいのでしょうかね。静かな前半から鮮やかで激しい後半への転調がいいですね。相変わらず、まつこさまは訳が上手いですよ。こちらも、先週末から冷え込み、木々が色づき始めました。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

1991年にBrrm! Brrm!をロンドンの本屋で見つけて読み始めたのですがすが、若者言葉があまりに多くて途中で投げ出しちゃいました。東大卒のスズキアキラというバイク兄ちゃんが、ロンドンのバービカンみたいな団地で暮らしながら、イギリスのサブカルチャーに触れる、というような話でした。まだ書棚のどこかにあるはずなので、日本に帰ったら再挑戦してみようかな・・・と思っています。

京都はこれから紅葉がきれいでしょうね。少し寒くなった京都で、日本酒とにしんそば・・・これは1年後ののお楽しみです。

まつこさま

美しい詩と和訳、ありがとうございます。
全くもって散文的な人間なので、詩は敬して近寄らずという感じなのですが、現代の詩は案外分かりやすいものなのですね。

朝と夕の写真、とってもきれいです。こういう胸のすくような広い空、今度はいつ見られるのかなぁ。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

私の耳にもすっと入ってきた詩なのでわかりやすいものです。(難しい詩なら聞いてもチンプンカンプン。)葉が小さくて鮮やかな赤い色になる日本の紅葉は、こちらでも人気のある庭木のようです。葉の色の組み合わせをいろいろ工夫して美しくするのも、イギリスのガーデニングの特徴のようですね。

この季節は東京も空が澄んで良い季節ですよね?私はオンライン版の朝日新聞で『三四郎』を楽しんでいます。(愛読書なんです。)『三四郎』を読むと秋の空気の透明感を思い出します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Japanese Maple:

« サマータイム終了 | トップページ | クイズ その4 »