« 東西南北 | トップページ | あわれ彼女は娼婦 »

2014年5月14日 (水)

ケンブリッジのランナーたち

まつこです。

イギリス、やっぱり雨が多いです。うめぞうは「金沢と同じくらい天気が悪い」と言っています。

でもそんなお天気でも、雨の合間をぬって走るランナーがたくさんいます。ケンブリッジに来て驚いたのはランナーの多さ。

Dsc00042002
[今日の夕暮れ。ちょっと晴れたと思ったらランナーが続々走っていました]

パリのリュクサンブール公園でもランナーはたくさん見かけましたが、走り方が違うんですよね・・・。パリのランナーはいかにも楽しんでます、という表情の人が多いのですが、ケンブリッジのランナーたちの表情は真剣そのもの。走り方も、自分を追い込んで鍛えているという感じが、全身から発せられているように見えます。

Photo
[呆然とランナーを見送るうめぞう]

うめぞうはそれを見て、「この人たち、頭脳も身体も鍛えて、世界制覇を狙っているみたいだね」とつぶやきました。かたやコートとマフラーで防寒しながら寒さに震え、かたや半袖半ズボンでランニング。かなり違う生き物に見えます。

« 東西南北 | トップページ | あわれ彼女は娼婦 »

コメント

こんな風景なら、ジョギングでもしてみようか、という殊勝な気にもなりますね。たしかに、イギリス人がジョギングすると、みんなストイックな「炎のランナー」になっちゃうのかも。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

きれいな青空だな、ジョギングでもしてみようかな・・・と思っている間に、みるみる雲が広がり、ポツリポツリと雨粒が。それでも確固とした信念で走り続けるのがアングロ・サクソン魂でしょうか。雨でいちいちひるんでいたら、何にもできないということでしょうね。

今日は久々に晴れました。うれしい〜!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケンブリッジのランナーたち:

« 東西南北 | トップページ | あわれ彼女は娼婦 »