« 通学路 | トップページ | グッド・フライデー »

2014年4月18日 (金)

別居ダイエット

まつこです。

私がイギリスに来て以来、うめぞうは食生活に気をつけ、チーズとパンとジャムを減らしたら、血圧も体重も下がったそうです。

Dsc00004
[デパートのジョン・ルイスで買った体重計(bathroom scale)]

この数ヶ月でうめぞうはお腹周りがふくらんで、持っているズボンが全部きつくなり、「ひょっとして全部買い替えか!」という危機的状況だったのですが、とりあえずその危険は回避されたもよう。

二人で生活していると、「おいしいものを作って食事を楽しもう」とか「これはうめぞうが好きなチーズだから買ってあげよう」とか、ついついお互いに甘くなってしまうのですが、別居していると自分の健康管理だけを考えて食事ができるので、ダイエットには効果的です。

イギリスの食事はカロリーが高いので、私も気をつけなければいけません。まずは体重計を買いました。単位がイギリス独特の「ストーン」だったら厄介だな、と危惧していたのですが、「キログラム」「ストーン」「パウンド」と切り替えられるものでほっとしました。

体重を計る3つの単位の換算は下記のとおり。
1 pound = 0.454 kg
1 stone = 14 pounds = 6.35 kg

ちなみに『ブリジット・ジョーンズ』のシリーズでは、第2作目(1999年)まではブリジットはストーンで体重を記録していますが、昨年出版された第3作目ではパウンドで計っていました。イギリス人の日常生活がアメリカ式になっているひとつの例と言えるでしょう。

で、私の体重は何ストーンか・・・ちょっと計算が難しいので、体重計の単位を切り替えて計ってみることにします。ここから先は機微な個人情報となりますので、今日はここまでということに。

« 通学路 | トップページ | グッド・フライデー »

コメント

これはまた、随分と洒落た体重計ですね。
うめぞうのぼっちダイエットは功を奏して、62キロを切り、なんとかズボンが入るようになりました。驚いたのは、降圧剤をやめても血圧は130台、血糖値もよろしい。ヨーロッパで元の木阿弥にならぬよう、お互い「甘い」誘惑をしないように気を引き締めていきましょう。

うめぞう

とにかくズボンを買い替えなくてすんで良かった。家計のためにもぜひ、そのウェストを維持してください。フランスでは「自分にやや甘く、夫には厳しく」という態度を貫くようにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別居ダイエット:

« 通学路 | トップページ | グッド・フライデー »