« 春の陽射し | トップページ | 郷に入っては »

2014年3月31日 (月)

グランチェスター

まつこです。

今の下宿の女主人は元学校の先生だったそうです。あれこれ人に教えるのが大好きみたいで、「地図にのっていないけれど、このカレッジのここは通り抜けられるのよ」とか「どこそこのギャラリーはぜひ行ってみて」とかいろんなアドバイスをしてくれます。

Dsc00001
[この牧草地はキングズ・カレッジの所有だそうです]

今朝はお天気が良いのでぜひ隣村のグランチェスターまで歩いてみるようにと勧められました。たいへん気持ちのよいウォーキングが楽しめました。

Dsc00018_2
[こんな草原がどこまでもどこまでも続いています]

宿から数分歩くと、グランチェスター・メドウズという牧草地に出ます。どこまでもうねうねと緑の草原が続いています。その草原を20分ほど歩き続けると、隣村のグランチェスターです。

Dsc00011
[小さな村の小さな教会]

この村はルーパード・ブルックという詩人に愛された村として知られています。ブルックは第一次世界大戦で命を落とした詩人ですが、若々しい理想を抱いて戦争に赴き、美しい故郷英国への想いを詩に歌った詩人としてイギリスの人々に人気があります。とびきり美男子の詩人だったというのも人気の要因のひとつでしょう。村の小さな教会の戦没者記念碑に名が刻まれていますが、今日も花が捧げられていました。

Dsc00014
[昔、村の学校として使われていたかわいい建物]

Dsc00017
[藁葺き屋根の村のパブ]

それにしてもこのだだっ広い草原をたくさんの人たちが歩いていました。お年寄りも、子供も、犬も、みんなうれしそうな表情で暖かな日曜日の日ざしを楽しんでいます。バスケットを持ってきてピクニックをしている人たちもたくさんいました。

Dsc00022
[鴨ものんびりしている日曜日]

ピクニック用のバスケットのことを「ハンパー」(hamper)と言いますが、うちにも昔私が「英国風」に憧れてハロッズで買ったハンパーがあったことを思い出しました。1回だけ葛飾の水元公園に持って行って使って、それっきりしまい込まれています。ハンパーはやっぱりこういう風景の中で使った方が雰囲気出るよね・・・と、ピクニックを楽しんでいる家族づれをちょっとうらやましい気分で眺めました。

« 春の陽射し | トップページ | 郷に入っては »

コメント

わが家のあれは、はっきり言って、hamperというより、半端〜ですな。
やはり、イギリスの原風景は、この小川が流れる草原、その中を延々と貫く散歩道、草原の輝き、草花の栄光ですねえ。あれで、天気さえよければ、一人前なんだが・・・

いかにもイギリスらしい光景に心が和みます。これからこれが1年間楽しめるかと思うと、楽しみです。元学校は今では民家なのでしょうか。家の名前に昔の面影が残るのもイギリスらしくていいですね。

うめぞう、コメントありがとう。

そういえば昔コッツウォルズのメドウズを歩いている最中に大雨に降られたことあったね〜。途中まできれいだったんだけどね。あの半端バスケット、ぜひまた使おう!根津神社に持って行って境内でサンドイッチ食べればいいじゃん。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

確かにこの昔の学校は、今は民家として使われているようです。グランチェスターはケンブリッジを退職して住んでいる人が多いそうで、ノーベル賞受賞者が何人も住んでいるとか。ジェフリー・アーチャーも住んでいますが、彼が建てたルーパート・ブルックの像が見苦しいと宿の女主人は顔をしかめていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランチェスター:

« 春の陽射し | トップページ | 郷に入っては »