« 外から見ると・・・ | トップページ | 最後の子育て »

2014年2月13日 (木)

Rom-Comの終焉

まつこです。

ヴァレンタイン・デーを前にしてこんなクイズを見つけました。

問:映画『フォー・ウェディング』は何年前の作品か?

これはBBCのウェッブサイトの「ロマンティック・コメディは終わったのか?」"Is the romantic comedy over?"という記事にあったクイズです。

Hughgrantfwaf_468x470
[ロマンティック・コメディと言えばヒュー・グラント。この人も今や53才、三児の父・・・]

この記事によればロマンティック・コメディ、略してrom-comの最盛期は2000年くらいまでで、ここ10年ほどはこのジャンルではヒット作が出ていないとのこと。

最近、興行成績が良いのは、男の子同士の友情を描くbromance、あるいはそれの女の子版や、恋愛が副筋になっている作品なのだそうです。ロマンティック・コメディは観客層が細分化され、女性専用の『幸せになるための27のドレス』とか、ちょっとマッチョ(?)な『40才の童貞男』とか、男女ともが楽しめるというよりは、どちらかにターゲットを絞ったコメディの方が多いと分析されています。

中年ロマンティック・コメディには比較的佳作があり、たとえば『マンマ・ミーア』、『恋愛適齢期』、『新しい人生のはじめかた』、『恋するベーカリー』などなど。しかしこれらは「ロマンティック・コメディ」というよりは、人生第2回戦に向けての「リューマティック・コメディ」と呼ぶべきであろうと、やや自虐的な解説。(たぶんこの記事を書いた記者は、ヒュー・グラントの活躍を懐かしむ我らが同世代でしょう。)

答え:20年

『フォー・ウェディング』が世界的ヒットしてからすでに20年がたっているそうですが、シニカルな現代の男女の前に、ロマンティック・コメディというジャンルがもはや絶滅寸前に瀕していることを思えば、200年前の古典に思えるというのが、この記事の結論です。

ちなみに古き良きロマンティック・コメディの大スター、ヒュー・グラントですが、中国人のガール・フレンドとの間に二人目の子供ができた・・・と同時に、別のスェーデン人のガール・フレンドとの間にも子供ができた。要は二人の女性をほぼ同時期に妊娠させた、15ヶ月で3人の子供の父親になった、というのでイギリスのタブロイド紙をにぎわせました。

Article25347721a728fa600000578970_6
[離婚の傷もなんのその。直後に大昔に別れたボーイフレンドと息子と一緒にスイスでスキー。あっぱれエリザベス・ハーレイ!]

でもって、さらに長年のパートナーだったエリザベス・ハーレイが離婚したあと、彼女の子供もまじえ三人でスイスにスキーに行ったりもしています。1回も結婚しないまま、実子が3人に名付け子が1人・・・。ロマンティック・コメディはもはや古いジャンルになったようですが、ヒュー・グラントは実生活でロマンティック・コメディそのままの人生を送っているようです。

« 外から見ると・・・ | トップページ | 最後の子育て »

コメント

20年前とは驚きました。。。ついでに「恋人たちの予感」を調べたら、あらま25年前。「フォーウェディング」とか「ノッティングヒル」でヒュー・グラントが演じた気弱な男性って今こそ受けそうな気がするのに、なんででしょうね~。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

恋愛が脱神話化されちゃったのかもしれませんね。3DとかCGといったハイテクもあまり使えないし、若者たちには視覚的な刺激が弱すぎるのかもしれません。

コリン・ファースは『シングルマン』や『裏切りのサーカス』などシリアスな役でも再び活躍していますが、どうするヒュー・グラント? 私生活の情けなさがこれだけ露出していると、これからも気弱なおじいさん役をやって中高年用rom-comで活躍するしかないかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rom-Comの終焉:

« 外から見ると・・・ | トップページ | 最後の子育て »