« うめぞうのおしゃれ | トップページ | Rom-Comの終焉 »

2014年2月10日 (月)

外から見ると・・・

まつこです。

このところちょっと取り込んでいて、ブログを書いている時間がなかなかとれません。でも、昨日は朝早くにちゃんと投票してきましたよ。

Dsc00006
[ちょっと気分転換の写真。ゼミの学生からもらった花束]

でも・・・

投票した人、落ちちゃった。国政選挙、地方選挙、あるいは職場の役職を決める選挙、ほとんどいつも選挙で私が投票する人は落選します。投票行動がいつも多数派の人たちと違うというのは、私の性格がへそまがりであまのじゃくなせいかもしれません。

しかし、今回の都知事選挙の結果がイギリスのメディアで速報されているのを見たら、改めて考え込んでしまいました。BBCとガーディアンはほとんど同じ表現で伝えています。"Pro-nuclear candidate wins Tokyo governor vote"(原子力容認派の勝利)。いずれの記事も原発反対派が候補者選びで合意できず、人々は安倍政権の原発再開を受け入れたと見ています。

数日前から両方とも"Tokyo women call for sex strike over sexist candidate"(女性差別主義者の候補者に対し、東京の女性たちがセックス・ストライキ!)と報道していました。

原発推進派の女性差別主義者(Pro-nuclear sexist)が世界最大の都市の知事に選ばれた。それがここ数日のBBC、ガーディアンで伝わる日本のイメージです。外国語を通して語られているものに接する方が、日本語のメディアを見ているよりも、事態がはっきり認識できるという面があります。外からの評判に振り回される必要はないけれど、たまには外部からどう見られているか気にしてみるのもいいかもしれません。

***************************

続報

アメリカのTIMEのオンライン版が2月7日付けで、NHKの経営委員の選挙応援演説について"Japanese Broadcast Official: We Didn’t Commit War Crimes, the U.S. Just Made That Up"という記事を掲載しました。「確信的保守派首相」(The staunchly conservative Abe)が委員に任命した取り巻きの一人で、日本の政治リーダーの右傾化をアメリカはきわめて危惧してるとの内容。TIMEだから影響力大きいし、実際あっというまに760もコメントついてていました。

いままでのほほんと生きてきた世代の一人としては、こんなふうに英米のメディアから危険視される国は、どこか別のぜんぜん違う遠い国だと思っていました。まさか・・・っていう感じです。

« うめぞうのおしゃれ | トップページ | Rom-Comの終焉 »

コメント

なんだかますます民主主義に悲観的になっていきます。恩師のK先生が「ニュースを見ると腹が立つことばかりで、毎日怒っている」と仰っていましたが、私も怒れる老人になりそうです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

私もすでに怒れる老人になりかけてます。九州のS先生も「ぼくのような年寄りには近頃の政治や文化を取り巻く状況はdepressingというほかありません」と嘆いていらっしゃいました。どんどん怒って世相を少し変えていきましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外から見ると・・・:

« うめぞうのおしゃれ | トップページ | Rom-Comの終焉 »