« ゆべし | トップページ | キャメロンのジョーク »

2014年1月13日 (月)

フランス人とスキャンダル

まつこです。

パソコンに向かって仕事中、好奇心にかられてついつい読んでしまったのは、フランス大統領と女優のスキャンダル記事。

イギリス首相ジョン・メイジャーとかアメリカ大統領ビル・クリントンの女性問題をめぐって大騒ぎしたとき、フランス人は「なんであんなに騒ぐんだ?アングロサクソンはおかしい」とクールに黙殺していました。

今回、フランス大統領フランソワ・オランドと女優ジュリー・ガイエの恋愛を報じる際にも、BBCの記者は「現場に誰も取材に来ていない。フランスのテレビも新聞もGoogle Newsも報道していない」と、スキャンダルそのものよりも、フランスのメディアの無反応の方に注目しているくらいです。

ミッテランだって、サルコジだっていろいろあった。このような個人的なことを報道するプライバシーの侵害の方がよほど問題だ、というのがフランスの政治家およびメディアの基本的な姿勢です。さすが成熟した恋愛文化、自由を重んじるフランス的理念・・・

と言いたいところですが、この写真にはやっぱり笑っちゃいます。

Francoishollandejuliegayetlefoto
[フランス大統領にしてはかっこ悪過ぎ!]

エリゼ宮からたった300メートルしか離れていない恋人のアパルトマンに行くのに、黒いフルマスクのヘルメットで変装し、スクーターの後ろに乗っていたところを写真に撮られてしまいました。

写真を掲載した雑誌Closerはあっという間にかなりの売り上げだそうです。政治家の異性問題に寛容なフランス人も、これを見て笑い者にしているのでしょう。大統領の職務と個人としての恋愛は別問題というのなら、堂々と素顔を見せてゴージャスな赤い薔薇の花束くらい持って恋人を訪ねてほしかったところです。

それにしてもサルコジもオランドもどう見てもモテるタイプには思えません。カーラ・ブルーニとかジュリー・ガイエとか、知性も美貌も兼ね備えている人たちが、なんでこんな冴えない中年男を選ぶんだろう、と大いに疑問です。ナポレオンも見た目がぱっとしない小男だったそうでが、このあたりにひょっとしてフランス恋愛文化の奥深さがあるのかもしれません。

« ゆべし | トップページ | キャメロンのジョーク »

コメント

自分で運転してれば、まだマシだったのに。二人乗りで逆に目立っているような。。。それにしても、お相手がやっぱりしぶいです。さすがはフランス、男女共に成熟度が違います。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

このスクーターを運転しているボディ・ガードが朝のクロワッサンまで届けたとかいう話もあるようです。「こんなんでセキュリティは大丈夫か?!」というのが問題になっているようです。確かにスクーターの二人乗りは、大統領の移動手段としては無防備過ぎますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス人とスキャンダル:

« ゆべし | トップページ | キャメロンのジョーク »