« 速報:手袋発見 | トップページ | フランス人とスキャンダル »

2014年1月10日 (金)

ゆべし

まつこです。

これはトリュフか!

Dsc00004
[トリュフにそっくり]

黒いゴロリとしたかたまりは、トリュフに見た目がよく似ています。

しかしこれはトリュフではありません。「ゆべし」です。

冬休みに母の友人の農家を訪ねたとき、農作業場を見せてもらったら、梁からたくさんの「てるてる坊主」がぶら下がっていました。「雪がふらないように祈るためのてるてる坊主なのかな?」と不思議そうに私が見上げていると、「これは『ゆべし』。こうやって乾燥させているの」と教えてもらいました。

Dsc00003
[このような『てるてる坊主』状態でもらってきました]

「ゆべし」といえば、和菓子屋さんで売っているグミっぽい食感の伝統的なお菓子だと思っていましたが、このゆべしはお菓子ではありません。柚の皮をケースに使って、中にお味噌やクルミが入っている保存食でした。

Dsc00007

[薄くスライスしていただく]

薄くスライスして、お酒のつまみとして食べるようにと勧められました。確かに日本酒にあう珍味です。しみじみした味です。

ゆべしは「柚餅子」と書くそうです。柚で作った加工食品の総称で、全国には千差万別いろいろな柚餅子があるそうです。秋に実ったゆずの実で作って、乾燥して固くなるまで2ヶ月くらいぶら下げておくようです。手間と時間のかかるスローフードです。

Photo
[これにはやっぱり日本酒がぴったり]

昨日からの厳しい冷え込み。新潟は雪がふりしきっているのだろうな・・・と、遠く離れた故郷の風景を想像しながら、手作りのゆべしをいただきました。

« 速報:手袋発見 | トップページ | フランス人とスキャンダル »

コメント

ゆべしって、干し柿のようなお菓子のことと思っていました!やっぱりお酒が飲めると、食の世界が広がりますね。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

いただいたゆべしは、白いご飯にもあいそうな味です。ねっとりしたイカの塩辛、濃厚なるウニ、辛子明太子・・・日本酒にあう珍味はホカホカの白いご飯にもぴったり。ああ、朝からお腹がすいてきた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/58917027

この記事へのトラックバック一覧です: ゆべし:

« 速報:手袋発見 | トップページ | フランス人とスキャンダル »