« 朝の儀式 | トップページ | 灰まみれ »

2013年10月 1日 (火)

イギリス首相とパナソニック

まつこです。

イギリス首相のデイヴィッド・キャメロンが失言?

Davidcameron2
[スーパーの食パンの値段・・・?]

英国王ウィリアム四世の血もひくという出自の首相キャメロン、緊縮財政で国民に我慢を強いながら、「本人は世間知らずの裕福なおぼっちゃまじゃないか!」という批判の声がしばしば聞かれます。

日曜日の朝のラジオのトーク番組に出演したキャメロンは、司会者にスーパーの食パンの値段を問われて立ち往生。答えに窮したキャメロンは、「スーパーのパンは買わないんだ。家にホームベーカリーがあるから」と言ってしまったそうです。

Kitchen_cabinet
[以前から家事や育児に協力的なマイホーム・パパぶり強調しているキャメロン]

このホームベーカリーがパナソニック製。「前の晩に材料入れておけば、朝、タイマーでおいしいパンができているよ。パナソニックのは誰でも使えて簡単だよ。子供達もボクの作ったパンが大好きさ。」

「パナソニックの製品は高価だ」、「家にあるブレッドメイカー(ホームベーカリー)ってお抱えのパン焼き職人のことじゃないのか」、「選挙区コッツウォルズの小麦粉の宣伝か」、「胚芽入りの高級小麦粉だってさ」、「パンの焼き方じゃなくて国の治め方を知っている方がいいんじゃないか」とか、このキャメロンの発言は皮肉をこめた反響を呼んでいます。

それにしてもパナソニックにとっては、格好の宣伝になったはず。Daily Mailのオンライン版は世界でもっともアクセス数の多いニューズペーパー・サイトです。しかも読者の過半数が女性。そこにでかでかとパナソニック製品の写真が首相と一緒に掲載されています。キャメロン効果でパナソニック・ホームベーカリーの売れ行き急上昇ということになるかもしれません。

パナソニックのホームベーカリー、ちょっと良さそうだわね・・・とわたしもDaily Mailの記事("How much is a value loaf? I don't know...")を見ながら思ってしまいました。

(写真はすべてMail Onlineより)

« 朝の儀式 | トップページ | 灰まみれ »

コメント

たしかにホームベーカリーはイギリスやヨーロッパでこそ売れる商品かもしれませんね。場所を取らず、故障せず、性能すぐれた日本の電化製品ファンの私としては、是非海外で活路を拓いてほしいものです。そう言えば、義母も昔愛用していましたっけ。パナソニック製品を買ってあげればよかったです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

お義母さま、ブレッド・メイカーを使っていらっしゃったのですか。イギリスの方は焼きたてのフカフカのパンよりも、こんがり焦げたパリパリのトーストを好まれるようですが、どんなパンを焼いていらっしゃったのでしょう。私はキッチンがもう少し広ければ、あの手で引き上げるイギリス製のトースターが欲しいなあと思っているのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス首相とパナソニック:

« 朝の儀式 | トップページ | 灰まみれ »