« 実りの秋 | トップページ | イギリス首相とパナソニック »

2013年9月30日 (月)

朝の儀式

まつこです。

今日は月曜日。1週間が始まったと思うと、あっというまに過ぎて行く。そんな忙しい時こそ、日々の日課を決めて、規則正しく落ち着いた気持ちで暮らしたい・・・。

Dsc03275
[トイレのニッチのディスプレイ。今はロンドンで買ったHeyland and Whittleのフレグランスを使っています]

というわけで、今期の目標を設定しました。それはー

「毎日、朝一番にトイレ掃除する」

出勤前はことのほか忙しいもの。シャワー浴びて、お化粧して、朝ご飯食べて、ゴミ捨てて、うわー、遅刻だあ〜・・・あっ、忘れものした!えーん、キーホルダーが見つからない。うぉー、もうダメだ〜・・・あれ、キーはバッグに入っていた!いってきま〜〜す。

このようなパニックを日々繰り返していましたが、なんとかこの繰り返しから脱却したいのです。そのため出勤前の朝、精神的余裕を持つために、あえて、まずはトイレ掃除から一日を始めてみることにしました。

トイレ掃除といってもマジッ○リンをシュシュッ、ブラシでチャチャッ、クイック○ワイパーでチョイチョイ、はい、終わり。しめて50秒ほど。たいした手間ではありません。

でもその50秒を使って単純な作業を毎朝繰り返せば、それは一種の「儀式」となって日常生活に一定の折り目正しさを与えてくれるのではないかと思うのです。

9月はなんとか毎日、実践することができました。この調子で10月も継続したいと思います。

« 実りの秋 | トップページ | イギリス首相とパナソニック »

コメント

共通の同僚によると、某ノーベル賞候補作家は、自宅周りのアップダウンのあるコースを毎日ひたすら2時間ぐるぐるジョギングしている、といってましたよね。。。50秒なんてあっというま、継続は力なりです。がんばってください :-) (私はミッシェルちゃん任せだけど・・・)

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

2時間のジョギングと50秒のトイレ掃除の差が、ノーベル賞候補と無名の教師の違いでしょうか?

でも継続するって大切。ブログで宣言したからにはやります!

毎日というのがいいんですよね。「習慣」ほど、味方にすると強力な武器はないと思います。インテリアにも興味津々のわたし。この真ん中の赤い帽子をかぶった子はだれ?

Pukiさん、コメントありがとうございます。

そうそう「習慣」って大切。ただ私もうめぞうも飽きっぽいので、なかなか身につかないんです。退職までに1学期にひとつずつ良い習慣を増やす、というのが老後にむけた野望です。

赤い帽子はたぶんGnomeと呼ばれるものだと思います。前にドイツ人の男の子からお土産にもらいました。「お母さんが持って行けって言った」と、ちょっと恥ずかしそうに鞄から出してくれました。以来、我が家のトイレの守り神となっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/58297717

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の儀式:

« 実りの秋 | トップページ | イギリス首相とパナソニック »