« 強化合宿5日目 | トップページ | 朝の儀式 »

2013年9月28日 (土)

実りの秋

まつこです。

大阪の母を訪ねると、母が書道クラブで書いた字がありました。

Dsc_0009001
[実りの秋]

たっぷりした文字が、いかにも豊穣の秋らしくて、目にしたとたん微笑んでしまいました。

母の名誉のために付け加えますが、以前の母はもっと端整で形のとれた字を書いていました。でも認知症の症状が進んだら、すっかり字も形がとれなくなってしまいました。けれど天衣無縫というか、純粋無垢というか、稚拙かもしれないけれどおおらかで気持ちの良い文字を見ると、母の気持ちもこんなふうに落ち着いているのだろうと思えて、ほっとした気分になります。

Dsc_0019
[秋の青空]

最近、母は膝の具合がよくなくて、歩くのがだんだん難しくなってきました。本当は散歩に連れて行けると良いのですが。せめて秋の気配を感じてもらおうと、一緒にベランダに出てみました。

爽やかな風を感じるだけで、母の表情が生き生きとしてきます。遠くの山を眺めながら、「いろんなことがあるものね・・・」と、そうポツリと言った時の母の顔は、深い感慨にふけっているようで、一瞬、認知症であることを忘れさせるようなものでした。私が「いろいろあるけれど大丈夫よ」と言ったら、「そうね」と言ってニッコリ母は笑いました。

母がこの老人ホームに入って三度目の秋。「いろいろあっても大丈夫!」心の中で私は自分にも向かってそう言ってみました。

« 強化合宿5日目 | トップページ | 朝の儀式 »

コメント

いつもお母様の字から様子を窺っているまつこさまの気遣いに思わず涙しました。もう3年経ったのですね。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

月に2回ほどしか訪ねないので、毎回、京都に向かう新幹線の中では「どうなっているだろう」とかなりナーヴァスになってしまいます。この太々とした字を見たときには、ほっとしました。あまり一喜一憂しても仕方がないのですけれど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実りの秋:

« 強化合宿5日目 | トップページ | 朝の儀式 »