« Private Lives | トップページ | ヴァカンス用の1冊:The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry »

2013年8月28日 (水)

ロンドンでお一人様

まつこです。

「君もたまには一人の時間が必要だよ。ロンドン行って来たら?」

うめぞうにたまにそう言われることがあります。確かにこの年齢になると、老いた母親のこと、そのほかの家族親戚のこと、仕事のこと、今晩の食事、明日の買い物、うめぞうのこと、肌のたるみのこと、などなど常に考えることがたくさんあって、ひとりっきりでぼんやりする時間はなかなかありません。

Dsc03192
[滞在中のアパートのリビング・スペース]

時間に追いかけられるように暮らす日々の微かな疲れが蓄積すれば心身の状態も不安定になり、イライラして、結局、被害をうけるのはうめぞうになります。そんなとき、ぜひとも「ロンドンでお一人様」の時間を持って妻にリセットしてほしい、というのはまことに切なる願いです。

Dsc03189_2
[部屋は二人まで滞在できる大きさです]

これが「パリでお一人様」でもいいわけなのですが、言葉の問題やら、仕事とのからみやら、買い物の誘惑の危険やら、(ひょっとしてアヴァンチュールの可能性も?)、いろいろあって、まあ「ロンドンでお一人様」というのが妥当なところでしょう。

Dsc03187
[食洗機、電子レンジ、オーブン、食器、調理器具など、とりあえず一通りそろっているキッチン]

あまりのんびり暮らしているわけでもなく、図書館行ったり、留学中の学生に会ったり、趣味と仕事を兼ねて芝居を見たり、あれこれ予定は入っているのですが、それらを含めて24時間の使い方を自分だけで決められるというのが、実にストレス解消になります。

Dsc03194
[バスタブもついていました。ただしこのバスルームの換気扇はヘリコプターの音のようにバタバタうるさい]

今、滞在しているアパートは、決して豪華なところではありませんがサービス付きなので、ベッドもキッチンもちょこっと片付けてでかければ、帰宅時にはきれいになっています。ゴミ捨てもなし。リネン類も週に一度、替えてくれます。食事も食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけ・・・ああ、極楽、極楽。

Dsc03196
[洗濯機がついていないと思ったら、クローゼットの中にあってびっくり・・・。狭いクローゼットで音が反響するので、まるでジェット機の離陸時のような騒音がします]

その間、うめぞうも厳しい妻の監視から解放されて、自由を謳歌していることでしょう。フランスから帰って、冷蔵庫にある鰻の蒲焼きを温めてご飯にのせたら、涙がでるほど美味しかったそうです。

Dsc03167
[うめぞうが鰻を食べた日、わたしはステーキを食べた]

気の合うパートナーがいるというのは、実に幸運なことなのですが、だからこそあえてたまには「お一人様」の時間を持ってみるというのは、とても贅沢なことだと実感しています。

Dsc03199
[今晩はもらった白ワインがあったので、サーモンを焼いて食べた。一人でほろ酔い。ああ、パラダイス・・・]

« Private Lives | トップページ | ヴァカンス用の1冊:The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry »

コメント

ロンドンのフラット、いつも興味津津で眺めています。毎回素敵な住処を見つけられるのには感心します。それにしても、クローゼットの中に洗濯機にも驚きましたが、吊戸棚の並びに電子レンジ?にもびっくりです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

いやいや、写真で見ると、実物より2割ほど良く見えます。実際は地味目な印象です。

このアパートの良いところは立地です。地下鉄の駅までの道の途中にJosephとConran ShopとChanelがあります。毎日、信号待ちしながらじーっと、物欲しげな目でウィンドウを眺めています。

束の間のおひとり様、ばんざーい、です。でもこれも、パートナーがいてこそ、言えること?かな?オン二、チャルガー♪頂いたクリームで肌のたるみ、解消します。

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

お一人様の自由、お互いに存分、謳歌していますね〜。なんでこんなにお酒がおいしいのかしら?この勢いを日本でも維持して、パートナーも巻き込みながら、ガンガン楽しみましょう。

まつこさま こんにちは

居心地の良さそうなフラット! 長期滞在したくなりますね。まつこさまの選択眼には、本当に感心します。高速 Wifi さえあれば、文句なしなのでは?

私は常に自分の時間がたっぷり。このまま行くと、相当わがままな老人になりそうです。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

部屋に戻るとベッドメイキングがされていて、食器が片付けられていて、というのが何よりうれしいです。

Wifiもあればいいんですけどね。なんとかネット依存からなんとか脱却したいと思っているのですが、ブロードバンドと洗濯機のどちらか一つしか選べないとしたら、やっぱりブロードバンドでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンでお一人様:

« Private Lives | トップページ | ヴァカンス用の1冊:The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry »