« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

老人ホーム考

まつこです。

週末、私は西へ、うめぞうは北へ、それぞれの親を訪ねました。

私の母がお世話になっているのは、「介護付き有料老人ホーム」です。民間の事業者が運営する有料老人ホームは、入居金や月額利用料も様々です。立地条件によって値段はだいぶ違ってきますが、当然ながら料金の高いところは設備や内装がゴージャスだったり、介護職員の数が多かったりするのだと思います。

Photo
[今週の母。ひまわりの花は入居者の方達が作ったものだそうです]

母の場合は、たまたま弟一家の家から徒歩3分ほどのところにあった老人ホームが、経費の面から見ても母の収入(年金)や貯金にちょうど見合う条件だったので、こちらに決めました。

母に認知症の兆候が見えてから、私はすぐに老人ホームの情報をあれこれ集めたり、いくつか見学に行ったりしたのですが、実際の入居となると、「家族との近さ」×「料金」の2つの条件のかけ合わせで決めるしかないという気がしました。故郷から遠く離れた地の老人ホームに入居せざるを得なくなった母には気の毒でしたが、これ以外には選択肢がなかった気がしています。

一方、うめぞうの両親が住むのは、やはり民間事業者の運営するものですが、「サービス付高齢者向け住宅」というカテゴリーです。こちらは国土交通省が厚生労働省と共同で管轄する施設で、住宅としての基準を国交省が定めています。それまでの高齢者の住まいに関する法律を整備しなおし、2011年から発足した制度による高齢者向け住宅です。

両方とも民間の高齢者向けの住まいですが、基本的な違いはおおざっぱに言って、介護付き有料老人ホームが介護サービスほぼ丸抱えなのに対し、サービス付き高齢者向け住宅の方は、介護保険の範囲でカスタムメイドで希望するサービスを組み合わせます。有料老人ホームの方は「施設」で、居室にサービスが組み込まれている感じですが、サービス付き高齢者向け住宅は、「住まい」の要素が強く、自宅の代わりにこちらに移り住んで、在宅介護サービスを受けるという感じです。

それぞれの良さ、それぞれの限界があるのですが、ここにきてちょっと困ったことが一つ。うめぞうの両親の介護度が下がったのです。うめパパ(99歳)が要介護1から要支援2へ、うめママ(88歳)が要支援2から要支援1へ。こちらの施設に入居して5ヶ月ほどが経過し、食事など規則正しくなって前より元気になったのでしょう。おそるべし白寿と米寿の寿カップル。

ただしそうなると、使える介護サービスが減ってしまうのです。特にサービス付き高齢者向け住宅に住んでいるので、介護認定にそってサービスの総量が決まってくるので、たとえば入浴サービスも要介護1なら週3回お願いできたものが、要支援2だと週2回になってしまうのだそうです。自己負担で追加サービスをお願いできるのかもしれないのですが、施設自体がまだ発足したばかりなので、どうもそのあたりがまだ明瞭ではないのです。

この他にも種々のタイプの老人福祉施設がありますが、その分類はさらに複雑。自分の親がお世話になるまでこうした老人介護制度についての知識を持つ人はあまりいないでしょうし、実際、お世話になっていてもまだよくわからないところがある、というのが現実。多様な需要に合わせて、施設の形態や介護サービスもだんだん複雑に分岐してきたのでしょうけれど、全体を理解するのはほぼ不可能・・・。

普通に働き、きちんと納税して生きてきた人たちが、あまり不安なく老後を迎えられる。そんなごく常識的な水準の社会保障をなんとか実現できる社会にしたいものです。

2013年7月24日 (水)

ペリーコの8センチヒール

まつこです。

「走れる8センチヒール」と呼ばれ、安定感の良さが評判になっているペリーコのパンプス。以前からほしいと思っていたのですが、実際のところ8センチヒールではやはり誰でも走れるわけではないようです。Pukiちゃんは「やっぱりダメだった。ミスターミニットでヒールをカットしちゃった・・・」、ぽにょも「やっぱりダメだった。ZOZOに売っちゃった・・・」。

こうした友人達の苦い経験にもかかわらずー

Dsc02427
[ヒールの高さは正確には7.5センチくらい]

買ってしまった、ペリーコのパンプス。夏のセール中のデパートをちょっとのぞいたら、40%オフになっていました。

若い男性店員さんが「今日から40%オフなんです〜。もしもサイズが合えば、ぜったいお勧めです〜」と甘くささやきます。はいてみるとピッタリ。

はき心地を確かめるため、売り場を歩いてみました。「後ろから見てるととても素敵です〜」とイケメン店員君。「後ろから見てると」は、余分な一言ではないかと思いながらも、ニッコリ笑顔で即決。はいクレジット・カード!

Dsc02429
[何にでも合いそうな色ですが、果たしてこれで一日一万歩ちかく歩けるかどうかが問題]

友人二人の敗北を乗り越え、果たしてこのペリーコで走れるかどうか。スエードなので、猛暑が一段落した頃にはいてみようと思っています。

2013年7月21日 (日)

ヘイリー・ロレン@コットン・クラブ

まつこです。

「思わずクリックしちゃった〜。」丸の内のライブ・レストラン、コットン・クラブのHPで美しい女性歌手の写真を見て、うめぞうは魔法にかかったように、気がついたら席を予約していたそうです。

Dsc02439
[フレンチ・レストランのレゾナンスも併設しており、コットン・クラブのお料理はおいしい。このアミューズのカニのコンソメゼリー寄せと鴨のスモークも美味でした。]

というわけで、久しぶりのコットン・クラブ。こちらはワインや食事もおいしいし、それに何よりお客の年齢層が高いのが魅力です。東京には無数のライブハウスやレストランがありますが、中高年が気楽に音楽と食事を楽しめるところはあまり数多くないように思います。この夜(9時からのセカンド・ステージ)もお客の平均年齢は明らかに50歳以上。おじさん、おばさんが、ちょっとおしゃれして出かけて、若い子に気後れせずに楽しめる貴重な空間です。

なんの予備知識もなかった歌手、ヘイリー・ロレンでしたが、ちょっとハスキーで、でも高音がきれいで、とにかく歌がうまい!ゆるやかにウェーブする長い髪、ピチピチの黒いミニ・ドレスから白い肌がはみ出している姿は、まさに濃厚なフェロモン系美人。しかし歌い出したとたん、容姿なんてぜんぜん関係なく、抜群の安定感と豊かな表現力で音楽を聞く快感に会場が満たされました。

Dsc02443
[CDにサインももらい、握手もしてもらってうめぞうは大満足]

ライブ終了後、新作のCDを買うとサインがもらえるとのこと。すっかり魅せられた様子のうめぞうに、「サインもらって握手してきたら?勇気をもって話しかけてみたらいいじゃない」と勧めたのですが、「君が話しかけて。その間、ボクはそばでじっくり見るから」と、例によって弱気なうめぞう。

私が「すばらしかったわ〜。どの曲も良かったけど、私は特にMoon Riverに感動したわ〜・・・」とできるだけ話を引き延ばしてサインをもらっている間、うめぞうはじっくりと歌姫を観察。後で、「すっごいきれいな肌だった・・・。まっしろ・・・。きれい・・・」と、ため息をついていました。

きれいな若い女性を警戒して夫に見せまいとするのか、「ほら、ほら、きれいな人よ、見てごらんなさいよ」と夫に促すのかーー。これが成熟(加齢)の境目の目印になります。超美人を眺めて呆然としている夫を微笑ましく見守る余裕が、老後を共有する同士には必要でしょう。あ、もちろん、逆の場合もあり。素敵な男性が妻に近づいてきたら、すっと身を隠すという程度の修養は身につけておきましょう。

Photo
[好々爺とその妻として、はや枯淡の境地に達しつつあるウメマツ]

2013年7月19日 (金)

ラガルドのファッション

まつこです。

50代でもおしゃれなワーキング・ウーマンは増えています。そんな熟年ワーキング・ウーマンのファッション・アイコンはこの人ー

Lagarde_2  
[57歳。フランス出身]

IMFの専務理事クリスティーヌ・ラガルドです。現在57歳。フランス出身。アメリカで長年弁護士をした後、50歳になってから政治家に転じました。この人の洗練されたファッションと、その政治的な効果をBBCの記者が分析しています(Christine Lagarde: Dressing all the way to the bank)。

Furiwfchefinlagardeistdieeurokrisen
[ユーロ危機に立ち向かうラガルド]

ユーロ圏崩壊寸前の危機感が重く立ちこめる会議上で、言葉につまったラガルドは、一瞬ためらった後、美しいスカーフを肩からするりと肩からはずし、率直に自説を語りだし毅然と危機に立ち向かう姿勢を見せたそうです。

Christinelagardeimfmanagingdirector
[スカーフ使いがうまい]

Unknown
[黒やグレイのスーツがスカーフ一枚で華やかに]


Angelamerkelchristinelagardegermanw

[独仏、おしゃれに関してはまだまだ差が大きいかな・・・]


Christinelagardescarvespatternedsca

[男性たちに混じると女らしさが際立つ]

P0186445
[さりげなく肩にかけたところがカッコいい]

このスカーフが彼女のシグネチャー・スタイルです。時にエレガントな雰囲気をふりまき、時に強い個性を主張する一枚の布。黒やグレーのスーツが、スカーフのアレンジ一つで、保守的にも斬新にも表情を変えます。決してわざとらしくならず、さりげないのに、とても魅力的、個性的でありながら、年齢にふさわしい品位がある。このバランスがラガルドのおしゃれのポイントだとBBCのこの記事は結論づけています。

Lookit_2
[こちらのバッグはLouis VuittonのLockit]

エルメスやシャネルなどがお気に入りで、国際的な舞台でフランスの文化の伝統や趣味の良さをアピールしているという面もあります。緊縮財政を主張しながら、一方で、自らは高価なバッグや宝飾品を身につけているのは、いかにも特権的エリートだという批判もあるそうですが、もっと安価なブランドも堂々とおしゃれに取り込んでいるそうです。ちなみにサラリーはオバマ大統領より高いとか。

18062013g8summitheadoftheimfchristi
[こちらはエルメスのバーキン]

国務長官だったヒラリー・クリントンは、「忙しくて見た目なんか構ってられないわ」という切羽つまった感じがありましたし、ドイツ首相アンゲラ・メルケルは「ドイツは質実剛健、ださくていいのよ」と開き直っているように見えます。そこにいくとラガルドの洗練されたさりげないおしゃれは、仕事とおしゃれは両立することを示してくれています。60代になっても、70代になっても、素敵なワーキング・ウーマンでいられるよう、これからもラガルドのおしゃれに注目していきましょう。

P0186259

Christinelagarde1

Christinelagardeouterwearblazerpdek

[50代のおしゃれのロールモデル]

2013年7月16日 (火)

宵宵宵山

まつこです。

先週の土曜日は、私は都内で会議の後、京都へ移動。うめぞうはこの日は朝から京都で研究会です。

京都でも猛暑を覚悟して出かけたところ、新幹線を降りると爽やかな夕暮れの風が吹いていました。激しい嵐の直後だったそうです。

Photo
[雨上がりの京都の夜]

今年は翌日の7月14日が宵山の一日目ということで、この日は雨上がりの京都の街の各所で山鉾の組み立てが行われていました。雨に濡れた道に提灯の灯りが映っていっそう風情があります。

翌日も、高槻市の老人ホームの母を訪ねた後、京都に戻り、少しだけ市内観光を楽しみました。

Photo_2
[宵宵宵山の日の京都]

細い道にも露天が並び始め、日曜日とあって浴衣姿の人々も目立ちます。ときどき祇園囃子も聞こえてきて、お祭り気分で街が活気づいていました。

以前から京町家を見たいと思っていましたが、ちょうど大店の杉本家の公開日にあたっていたので、見学することにしました。

Photo_3
[公開時間まで列を作って待つ人々。うめぞうもこの中にいます(iPadで囲碁をやっている)。]

内部の写真は撮れませんでしたが、この日も雨で、雨に濡れた庭がとてもきれいでした。夏のしつらえや屏風、扁額など、どれも高い美意識に支えられていることは一目瞭然でした。知識があれば、細かな意匠などの面白さももっと理解できることでしょう。次回はもう少し勉強してから見学に行きます。

京都のタクシーの運転手さんは、おしなべて話し好きな方が多いように思います。今回も「この祇園祭りが終われば、あとは8月の五山送り火だけど、高い建物が増えて、五山いっぺんに見ることができるところがなくなってしまった」と残念そうに話してくれました。

確かに、京都の街並はまだらに近代化が進み、祇園祭の風情も雑然とした都市風景の中でしか味わえません。お祭りの伝統や古い町家など、これだけの文化遺産があるのですからもう少しうまく活用すれば、もっとずっと魅力的な古都になることでしょう。「古都京都の文化財」は1994年にユネスコの世界遺産に登録され、そこに17の神社仏閣などが含まれているそうですが、街並みは世界遺産に入っていません。フィレンツェやプラハと同じように京都の「歴史地区」が世界遺産となるような街の再生はできないものか、とやや惜しまれるところです。

2013年7月14日 (日)

まつこです。

今週はうめぞうと一緒に母を訪ねました。

Dsc02412_2
[ただ一文字。人]

母は老人ホームの書道クラブに、なんとかまだ参加し続けています。この書道クラブに来ていただいている書道の先生の、さらにその先生が、実はうめぞうの大伯母さんだということが最近判明しました。世の中は意外と狭いものです。

母の居室に無造作におかれた一枚の書道。いちばん最近、母が書いた字のようです。難しい字は書けなくなった母のために、先生が選んでくださった文字は「人」。

以前の母なら自分の作品をなかなか見せてくれなかったのですが、今はそういう照れや謙遜はなくなったので、「あら、いい字じゃない。写真撮るわ」と声をかけると、うれしそうに掲げてくれました。

今日は久しぶりにうめぞうにも会えて、母はうれしそうでした。「これから東京に戻る前に、二人で京都の祇園祭りを見に行ってみる」と言うと、「あら、いいわね〜。それは良いわ〜」と自分のことのように喜んでくれます。食事の介助をしてい最中には、美味しいと自分で感じるものがあると、「これ、美味しいわよ。あなた食べなさい」と言います。帰り際には、「何か欲しいものがあったら言いなさい」と言うので、調子を合わせて「今は思いつかないけれど、何かあれば電話でお願いするわね」と応えると、「そうそう、それがいいわ」。

これだけ認知症が進んでいても、あくまで母は母。自分の境遇がよくわからなくても、子供の幸せを願う気持ちは強く残っているようです。

母の書いた「人」という力強い一文字を見ながら、「こういう母性愛が人間の根源的力なのかな。娘はいつまでたっても母にかなわないものだ・・・」と思いました。

2013年7月 8日 (月)

日曜日の空

まつこです。

梅雨明けして、一気に本格的な夏。

早朝の朝焼けが鮮やかでした。

Dsc02390
[日曜日の朝]

午後になると突然の豪雨。雨があがると東の空に大きな虹が見えました。

Dsc02398
[日曜日の夕方]

朝の朝焼けと夕刻の虹を見ることができて、ちょっと得した気分の日曜日でした。

2013年7月 7日 (日)

夏の風物詩

まつこです。

ここしばらく忙しく、家に帰っても、全身から「邪魔するな」「話しかけるな」という仕事光線を発していたようです。多少は申し訳ないという気持ちもあるので、仕事からの帰り道、家で待つ夫にお土産など買ってご機嫌をうかがったりもします。

先日、うめぞうを喜ばせたお土産はこちらー

Dsc02363
[氷室饅頭]

江戸時代に加賀の大名前田家が、氷室に貯蔵しておいた氷を幕府に献上したことにちなむお饅頭だそうです。庶民には貴重な氷は手の届かないものなので、白い皮の酒まんじゅうを食べて無病息災を祈ったのだとか。金沢では夏の風物詩の一つのようです。

駅ビルの中の成城石井で見つけてお土産にしたら、うめぞうはたいそう喜んでいました。

今日は七夕です。都心のとあるオフィスビルに、今年も七夕飾りが飾られていました。

Dsc_0001
[オフィスビルの中にも七夕飾り]

願いごとを書いた短冊をだれでも自由につけることが出来ます。忙しそうに足早に行き過ぎようとする人たちが、ちょっと足をとめて、ささっと願い事を書いてつけていました。私も一枚水色の短冊を吊るしてきました。何を書いたかは・・・ヒミツです。

2013年7月 6日 (土)

国家の役割

うめぞうです。

まつこは今週いっぱい、何やら仕事を抱えていて、「話しかけるな」光線を発散しているので、かわりに雑感を書くことにしよう。

このところ、同世代が集まると、時に国家の役割についての議論になる。たしかにこの世代は40年前の学生時代には、そんな議論をたくさんしていた。

大島渚の映画『日本の夜と霧』は、私たちよりは一世代上の60年安保世代を扱ったものだが、今の大学生があれを見ると、なぜ若者たちがあんなに切羽詰まった気持ちで、国家や革命について語れたのか、不思議に感じるだろう。しかし、70年代初めまでは、そんな雰囲気のなごりが、学生寮の畳部屋には、まだまだ残っていた。
でも、私たちが社会人になった頃から、だんだんと国家よりも、政治のこと、経済のこと、社会のこと、生活のことが、話題の中心になっていった。

ところが、ここにきてまた、「国家って何なんだろうね」という話がよく出るようになった。とくにリーマン・ショックの後は、国家の果たすべき役回りについて、よく議論をする。
話をごく簡単にしよう。舞台には4人の重要人物が登場する。それぞれの名前は以下のとおり。
Aは「金融資本」君。
Bは「超国家組織」君。
Cは「国民国家」君。
Dは「市民」君。
ここではA君に、ちょっと悪役を演じてもらう。本当は、A君の言い分だってちゃんと聞かねばならないのだが、A君は今、巨額のマネーをあずかって、それを合法的に増やすことを命じられている。
誰に命じられているのかは、ここでは問わない。A君だって、同じことをめざしている無数のライバルと闘っている。だから、けっこうつらい人生だ。甘いことを言っていると、すぐに舞台から引きずり降ろされる。

話の都合で、今日はD君には、ちょっと正義の役を演じてもらう。D君だって、そんなにいつも立派なわけではない。しかし、D君に言わせれば、自分の願いなど、とても、つつましいものだ。お腹をすかせることなく、一日健康で働いて、雨露しのげる屋根の下で、暖かい布団にくるんでゆっくり眠りたい。贅沢を言えば、隣に愛する人が寝ていれば最高だ。それ以上のことを自分は願っているわけではない。これがD君の言い分だ。

さて、悪玉と善玉をとりあえず単純に決めた上で、問題は、B君と、C君がどちらの味方か、ということだ。これが、同世代でも時々くいちがう。

どちらかというと、うめぞうはCの国家君は、ついついA君の方を見てしまう傾向があるとにらんでいる。だからここは、Bの超国家組織君を味方につけて、BD連合で、AC連合を監視してはどうか、と提案することが多い。たしかにB君は4人のうちで一番多種多様で、当たり外れが大きい。だから注意が必要だ。それはEU議会であったり、国連であったり、人権NGOであったりする。
しかし、それに対しては、よくこんな反論が出る。最後のところ、D君の味方になってくれるのは、やはりC君をおいてない。そしてA君に対抗する力をもっているのも、C君しかいない。B君はたしかに理念は立派かもしれないが、親身にはなってくれない。A君に取り込まれる危険はむしろ大きい。やはりCD連合でAB連合に当たることを、基本戦略とするべきだ、と。

こんな議論をしていると、仕事光線を発するまつこが言う。
「うめぞうの議論は、どうも善玉と悪玉を、単純化して考えるところが弱い。この世は、もっと複雑怪奇。とりあえず、呼吸を整え、なるようにしかならない世の中をしかと見据えて、自分の出来る範囲でなにか具体的なことをしたほうがいい。ふっふっふ、仕事は終わったぜ、ワインでも飲もう。」

2013年7月 4日 (木)

ゆっくり深呼吸

まつこです。

今日は——

Dsc02384
[Happy Birthday!]

うめぞうの誕生日でした。祝64歳!

仕事があれこれ重なって忙しいこの時期、プレゼントの用意やレストランの予約はとりあえずしておいたものの、当日になってカードを忘れていたことに気づきました。通勤途中の駅ナカの売店みたいなところで探したら、こんなカードしかなかった・・・。

数日前に見つけたプレゼントはこれー

Dsc02377
[なんだ、これ?]

これはiRelaxというものです。小さな液晶ディスプレイに脈拍とともに、「呼吸トレーニング」のための肺の絵が表示されます。この肺にゆっくりとした呼吸をした場合の、空気の出入りが示されます。この肺の中の空気量の変化の表示に会わせて、ゆったりと深く呼吸するうちに、心身がリラックスするという仕組みのリラクゼーション・トレーニング器具です。その時点でのストレス度も測定できます。製造元のHPを見るとPersonal Stress Management Deviceと書かれています。ストレス管理は現代人の健康管理には必須です。

Devon Medical Productsというアメリカの医療機器メーカーが作ったものですが、私は文京区本郷にある「ねむりの樹」という「睡眠ケアショップ」で見つけました。この機器を使って自律神経を整え、副交感神経優位にすれば、ゆっくりと眠れるというわけです。枕を脇に抱えた羊くんは、このショップのキャラクター「ねむりん」です。

最近、うめぞうは朝目が覚めても疲れが取れていないとか、睡眠の質が下がった気がするとよく言います。年齢のせいでしょうか・・・。このiRelaxを使って、深く落ち着いた呼吸法を身につけ、64歳という年齢にふさわしい、悠揚迫らぬたたずまいも身につけてほしいものです。

お祝いのディナーは小石川、伝通院前のイタリア料理店チッタ・アルタ

Photo

[乾杯!]

カウンターだけの小さなお店です。シェフとアシスタントのお二人だけでやっているので、忙しそうなのですが、創意工夫をこらしたおいしい食事がいただけました。

Photo_3

[前菜3品、パスタ2品、メイン1品、デザート2品。少しずつ変化に富んだ料理がいただけます]

誕生日用のプレートも用意してくれました。

Dsc02374

[この最後のデザートはビールのジュレと枝豆のジェラート!]

50代、60代にもなると、誕生日はつつがなくこの日を迎えられたことを安堵する機会になります。日々、笑顔でおいしく食事をいただき、落ち着いた気分で暮らし、夜はぐっすりと眠る。そういう心身の健康に恵まれていることを、あらためて二人で感謝した一日でした。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »