« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

限りあればこそ

ひさびさにうめぞうです。

顧みると、たまにはブログでも書こうか、と思ったのが去年の大晦日。結局その時は見送り、ふと気づけば、すでに半年が過ぎている。
陳腐ながら「光陰矢のごとし」という言葉は還暦を過ぎると誇張ではなくなる。ここでそのうち、と思っていると、2013年の大晦日もまもなく過ぎてしまうことだろう。
中江兆民は喉頭ガンの宣告を受けたとき、余命いかばかりかを医師に尋ねた。「一年半」というのがサバを読んだ医者の答だった。その時、兆民はその短さに嘆息することなく、むしろ以外な長さに感謝した。「一年半は諸君は短促なりといはん、余は極めて悠久なりといふ」。
実際には一年ももたなかったが、死を見据えた数ヶ月、兆民は『一年有半』『続一年有半』という珠玉のエッセイを残した。この絶筆が兆民の著作の中で一番良く読まれた。
限りあればこそ、最後の時が主題と文章を蒸溜した。残されたテーマは政治批判、芸能への愛着、宗教批判だった。
兆民の一年有半は、それに先立つ茫茫たる実業の歳月よりも、ずっと長く感じられる。言論のために職を失う同胞たちに資金を提供すべく開始した北海道での実業は、失敗の連続だった。そんな時、25歳で自殺した北村透谷は「兆民居士、いずくにかある」と悲痛な叫び声をあげていた。
「社会は彼を以て一部の思想の代表者と指目せしに、何事ぞ、北海に遊商して、遠く世外に超脱するとは」と透谷は嘆いている。
「世、兆民居士を棄てたるか、兆民居士、世を棄てたるか、そもそもまた仏国思想は遂にその根基を我邦土の上に打建つるに及ばざるか。居士が議会を捨てたるはむべなり、居士が自由党を捨てたるもまたむべなり、居士は政治家にあらず、居士は政党員たるべき人にあらず、然れども何が故に、居士は一個の哲学者たるを得ざるか。何が故に、此の混濁なる社会を憤り、此の紛擾たる小人島騒動に激し、以て痛切なる声を思想界の一方に放つことを得ざるか。吾人居士を識らず、然れどもひそかに居士の高風を遠羨せしことあるものなり、而して今や居士在らず、いたづらに半仙半商の中江篤介、怯懦にして世を避けたる、驕慢にして世を擲げたる中江篤介あるを聞くのみ。」
この声は兆民には残念ながら届かなかった。しかし、同じことを、限りある時が、兆民に伝えたのだ。余命を知らされた時、哲学者兆民がもどってきた。時間に限りがあることを見据えた人にとって、一年有半はけっして短促ではなかった。
してみると、光陰矢のごとく過ぎ去るのは、時間に限りのあることを、うめぞうが忘れているからかもしれない。

旅は道連れ

まつこです。

先週の日曜日、大阪の老人ホームの母を訪ねた後、関西出張中の同僚ぽにょと合流。東京に戻る新幹線車中で二人女子会をしました。

Photo
[ぽにょは童顔(アニメ顔)ですがお酒が強い]

この日の女子会のテーマは「日本酒」です。

Dsc02345
[玉乃光純米大吟醸 こころの京 「源氏物語絵巻」のラベルが女子会にぴったり]

梅雨空の下、しっとりと色鮮やかな緑の景色を眺めながら飲む冷えた日本酒の味は最高です。「あ〜、明るい時間に飲むお酒っておいしいわね〜」と、満足のため息がもれます。

Dsc02344
[ちょっと贅沢な井傳のお弁当]

この女子会のために私が京都駅の伊勢丹で選んだのは錦「井傳」のお弁当。このお弁当、すごく美味しかったです。鮎の塩焼き、鱧寿司、だし巻き卵などなど、一つずつのお料理が控えめなながら丁寧な味付けです。

ぽにょとは職場でも互いに助け合い励まし合う同士です。たまには職場を離れたところで、こうして贅沢三昧のひとときを楽しみ、また翌日からは一緒に仕事。旅でも仕事でも、そばにいてくれるとたいへん心強い仲間です。「旅は道連れ」ということわざを実感したひとときでした。

2013年6月26日 (水)

勅使饗応役

まつこです。

先日、友人のPukiちゃんが買物出張のため、京都から東京にやってきました。仕事(と買物)の合間に我が家で一緒に食事をすることになりました。京都から東下りするPukiちゃんを迎えるため、気分は「勅使饗応役」です。

1)まずは花を飾るー

Dsc02341
[カサブランカ]

いつもより気合いを入れて日比谷花壇のカサブランカです。

2)窓ガラスも磨くー

Dsc02343
[窓辺にもカラーを飾る]

ガラス拭きは時間がないので、いつもの家事代行の会社にお願いしてやってもらいました。

3)一番、重要な準備はうめぞうの頭ー

Puki
[再会を祝して乾杯!]

Pukiちゃんはうめぞうの寝癖ウォッチャーです。我が家のブログを見るたび、写真の中のうめぞうの寝癖を見つけています。(うめぞうの寝癖はいつものことなので、私は感覚が麻痺して気がつきません。)

うめぞうは前の週から「Pukiちゃんが来るから床屋に行け」と命じられていました。いつもは駅の中の1,000円のQB Houseなのに、今回は奮発して近所の床屋に行ってきました。これで準備万端。

お客様が来ると、楽しい時間が過ごせるだけではなく、家の中はきれいになるし、うめぞうの髪の毛もさっぱりするし、いいことづくめです。Pukiちゃん、どうぞまたいらしてください!

2013年6月15日 (土)

ガラス拭き

まつこです。

新潟は今まで空梅雨で、毎日、真夏のような暑さだったそうですが、今日は朝から曇り空。午後からは雨になると天気予報が言うので、思い切って午前中に窓ふきをしました。

1001
[帰省するたび気になっていたガラスの汚れ。今日は庭に面した1階だけ、しかも外側だけ。それでもガラスがきれいになると気分がいいです]

ガラスがきれいになると、庭の緑もいっそう色濃く鮮やかに見えます。予想通り午後から降り出した雨で、しっとりと濡れた緑もきれいです。

今日も地産地消の夕食。和洋折衷でオードブルは甘エビのお刺身と白ワイン。

2001
[トウモロコシ、そら豆、トマト、サラダ菜、アスパラガス・・・どれも地元産で新鮮でおいしいです]

新潟はお魚だけでなく、和牛の産地でもあるそうです。地元のスーパーで「にいがた和牛」というブランド名で売っています。東京で買うお肉よりかなりお安いので、今日メインはどーんとステーキ。

Dsc02323
[もも肉とロースのステーキ肉を半分ずつ。それぞれに美味しい]

窓の外ではまだしとしとと雨が降り続いています。雨に濡れた庭を眺めながらの、ちょっと贅沢ディナーでした。

2013年6月14日 (金)

うめぞうの休日

まつこです。

最近、うめぞうはちょっとくたびれ気味。毎週、老人ホームの両親を訪ねているので、なかなか週末にゆっくり休めないのが、ちょっとつらいところ。私も忙しいし、毎日ジメジメしたお天気なので、なんとなく家の中に湿気と疲労感が混じった重たい空気が漂っています。

そこで今週は、二人ともそれぞれの親の老人ホーム訪問は休むことにして、新潟でのんびり週末を過ごすことにしました。関東は梅雨空続き、西日本は真夏なみの暑さ。でも今日の新潟は、青空が広がり、気温も25度くらいで、とても過ごしやすい一日でした。

2001
[先月来た時はまだ植えたばかりの稲でしたが、今回はすっかり青々とした景色に変わっていました]

午前中にまず来週の講義の準備をして、午後は散歩がてら近所のスーパーまでお買い物。

3001
[お夕飯の食料もばっちり確保]

明るいうちにお風呂に入って、庭から入るさわやかな風を感じながらお夕飯。

4001
[ほんの少しワインも飲んでご機嫌なうめぞう]

今日のメニューは、地元の漁港にあがったお魚です。小鯛のお刺身サラダと舌平目のソテー。どちらもとてもおいしい!

Dsc02298
[舌平目のソテー]

日が暮れかかった頃、お友達がやってきて、夜は囲碁三昧。

1001
[ノン・アルコールのビールなど飲みながら、対局は深夜まで続きます]

うめぞうも久しぶりにのんびりして、元気を回復しました。都心の生活は便利だけれど、いつも急き立てられているような慌ただしさからなかなか逃れられません。1ヶ月に1度くらいは、こうして都会を離れ自然の風景に接して、心身の健康を維持したいものです。

2013年6月13日 (木)

手作り笹団子

まつこです。

新潟に住む母の友人から小包が届きました。開けてみると手作りの笹団子とちまきです。

Dsc02276
[きなこも一緒に送ってきてくださいました]

作り立てを送ってくださったとのこと。笹の葉も、ヨモギも、自分で採ってきて作ってくださったものです。あんこも手作り。一つずつ丸めて、笹の葉でくるんで、いぐさ(たぶん)の紐でひとつずつ結わえる・・・。

果てしなく手間のかかる作業です。田舎でもスーパーで買えるようになった今日、こういう笹団子やちまきを手作りしているご家庭はごくわずかだと思います。母にも食べてもらいたいからと、大阪の弟のところにも同様に送ってくださったとのこと。

ひたすら感謝あるのみです。そしてこうして手間のかかるお団子を一つずつ律儀に作ってくださった方の誠実さを、少しでも見習いたいと思いました。笹の葉とヨモギの香りに、青く瑞々しい日本の初夏の風景の美しさを思い出しました。

2013年6月11日 (火)

ベトコン

まつこです。

天気予報で夜から雨と言っていたので油断してしまいました。夕刻の帰宅時間にどしゃぶり。足元は某イタリア・ブランドのパンプス。濡らしたくな〜い。

そこで・・・

Dsc_0024
[リゾートっぽいビーサン]

駅ビルで見つけたビーチーサンダル。470円。さっそく履き替えて帰りました。

ちなみにこの日の服装はTheoryのクロップド・パンツに、Sportmaxのカットソー、Goyardのトートバッグ。それなりに都会のワーキング・ウーマン風コーディネートのつもり。

しかし足元一つで印象はがらりと変わるもの。帰宅した私を見て、うめぞうのひとこと——。

ベトコンだな」

若い世代のための解説:「ベトコン」(Viet Cong)とは南ベトナム解放民族戦線のこと。ベトナム戦争時に、アメリカ軍を苦しめたゲリラ部隊です。

寸づまりのズボンをはき、肩から大きな荷物をぶら下げ、ペタペタとサンダルで歩く姿は、確かにジャングルの女戦士に見えなくもないかも・・・

お洒落の要点はやはり足元だと、再度、認識した雨の日でした。

2013年6月10日 (月)

シャーベット・ブルー

まつこです。

スマホについている万歩計を見ると、普通に勤務する日で、八千歩から一万歩は歩いています。ポインテッド・トウの7センチヒールで5〜7キロメートルくらい歩いているわけですから、足も疲れるはず。

さらに最近、机に向かっていると足首が冷えて、脚がむくみがち。(歳のせいか?)

そこで・・・

Dsc02270
[ヘンテコな写真をお見せしてすみません]

最近見つけたのが、これ、『くつろぎ時間の足指セラピー』です。足の指を広げるストレッチ効果と、ふくらはぎのマッサージ効果の、一石二鳥の着圧ソックスです。

使ってみるとなかなかいい感じです。特にデスクワークの時の、足首が冷えや重いだるさが軽減します。狭い靴の中で縮こまっていた指が広がるのも気持ちがいいです。

しかし・・・

この色はなんとかならないものか。パッケージには「シャーベット・ブルー」と表記されています。うめぞうはギョッとした顔で、「マルヴォーリオだ!」と言いました。(マルヴォーリオは黄色い靴下をはいて、みなの笑いものになるシェイクスピア喜劇の登場人物です。)

ところがそのうめぞうも、私が愛用しているのを見て、「ボクもほしい」と言い出しました。この色でペアはインパクト大きすぎます。ピップエレキバンのメーカーが作っていますが、ネイヴィー・ブルーあたりの穏当な色のもぜひ作ってほしいところです。 

2013年6月 8日 (土)

ヴァイオリンの女王

まつこです。

今週はアンネ・ゾフィー・ムッターのコンサートに出かけました。カラヤンに才能を見いだされた天才少女もそろそろ50歳、「ヴァイオリンの女王」と呼ばれるのにふさわしい成熟した美しさを誇っています。

Dsc02273
[ギリシア神話の女神を思わせるプログラムの写真]

もちろん容姿だけでなく音楽も堪能しました。美しい音色と、たっぷりとした表現。ルトワフスキという作曲家の現代音楽も、まったく予備知識のない曲でしたが、聞く人の心を深いところまで連れ去るような迫力のある演奏でした。シューベルトもサンサーンスもたっぷりとロマンティックで情熱的。雑然とした忙しい日常を忘れるひとときでした。

サッカーのワールドカップ出場がかかる試合が行われたのと同じ夜だったせいか、空席が目立ちましたが、演奏終了後はそれを補うかのように、観客は熱い拍手を送っていました。その喝采に応えるようにアンコールで3曲も演奏してくれました。

1曲目、ラベルの『ハバネラ』。笑顔で拍手に応える女王様を見て、うめぞうの一言。
「やっぱりきれいだね〜」

2曲目、マスネの『タイス瞑想曲』。舞台の袖に戻る後ろ姿を見て、うめぞうの一言。
「体型崩れてないね〜」

3曲目、ブラームス『ハンガリー舞曲第1番』。サントリーホールならではの舞台背後の客席に挨拶する後ろ姿を見て、うめぞうの一言。
「でもお尻が大きくなってるかな〜」

この日のアンネ・ゾフィー・ムッターの衣装は真っ赤なマーメード・ラインのドレス。そのヴォリューミーな曲線美を最大限に発揮するドレスでした。うめぞうが耳だけではなく、目までも釘付けにされたのも当然です。かなり遅めのテンポでたっぷりと聞かせるタイスの瞑想曲などは、濃厚な甘美さが神話的エロティシズムを感じさせるほど。うめぞうは娼婦タイスに幻惑されたナイーブな修道僧のようなふぬけた表情になっていました。

2013年6月 4日 (火)

老人ホームの屋上庭園

まつこです。

週末、老人ホームの母を訪ねた際に、職員の方から「バラを見に行きませんか」と声をかけてもらいました。こちらの老人ホームでは屋上に園芸用のコーナーが作られています。

Photo_2
[屋上の園芸コーナー]

梅雨の合間に、色とりどりの花々が咲いていました。

Dsc02246
[職員の方が丁寧に世話してくださっているバラの花]

この日は薄日がさし涼しい風が吹いていました。日頃、狭い居室にいる入居者にとって、大きな空を見て、頬に風を感じるのは、こういう機会がないとできない経験です。一緒に屋上に出てきた入居者さんたちも、みな「気持ちいいわ〜」とうれしそうな表情を見せていました。

Photo_3
[花壇もきれいに作られています]

外気に触れた開放感で、自然と会話も弾みます。大阪市内で育ったという上品なおばあさんは、眼下に広がる大阪近郊の景色を眺めながら、いつもよりずっと気さくに昔話をしてくれました。「このあたりは小学校の遠足に来たことがあるわ」「大阪も空襲にあったわ・・・私は女学校の生徒で工場で勤労奉仕をしていたの」ー。花々を眺めながら、戦時下の苦労も明るい表情で話してくれます。

Dsc02244
[紫陽花も咲き始めていました]

それにつられるように、いつもは声すら出さない認知症のおばあさんがポツリ、ポツリと言葉を口にし始めました。「ここは良いところ」「きれい」「和歌山から来た」ー。この方は、うちの母よりも認知症が進んでいて、最近はほとんどいつも無表情です。もう言葉はすっかり忘れてしまったのかと思っていました。その人が「庭にミカンの木があった」と言いながら、微かな微笑みを浮かべました。付き添っていた若い介護職員の方もビックリしていました。

Photo
[自然に触れて言葉を取り戻したおばあさん]

母とそのおばあさんは、「きれいね」「きれい」「あっちもきれい」「きれいね」というような簡単な会話をし始めました。

光や風や草花に触れることで、老人たちが生命力を少し取り戻した瞬間のように思えました。ビルや住宅が密集する地域に建っているこの老人ホームですが、わずかな屋上の庭園でさえ、これだけの効果があります。医療設備や豪華な内装などなくても、美しい自然に囲まれ、家族がしばしば訪ねて来れるような所であれば、それが一番贅沢な老人ホームなのだろうなと思いました。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »