« ハナミズキ | トップページ | 田舎の嫁 »

2013年5月 4日 (土)

加齢とハイヒール

まつこです。

先日、夕刻に東京駅に隣接した大丸デパートに立ち寄ったら、帰宅途中とおぼしき若い女性たちが靴売り場にあふれかえっていました。いつもよりはるかに混んでいます。デパートのポイント・アップ期間中とか。なるほど・・・。ポイント・アップ期間を狙ってショッピングするしっかり者の女性たちです。

Dsc02134
[今回は一気に2色大人買い、ではありません]

ひときわ多く女性たちが集まっているところをのぞいてみると、「歩きやすいヒール靴」の売り場で、下着メーカー、ワコールの製品「サクセス・ウォーク」のコーナーでした。

つられて試し履きしてみると確かに歩きやすそうです。特に気に入ったのは型押しの7センチ・ヒール。ベージュ、ピンク・ベージュ、グレー、ブラックなど使いやすそうな色がそろっています。しかしあまりの混雑。急いでいたので、いったん諦め、翌日改めて行ってみると・・・

ない!

Dsc02132
[とりあえず一足確保]

ほとんどの色が売れてしまっていて、私のサイズはベージュしか残っていませんでした。あわてて即決で購入。一日掃いていても確かに疲れにくく歩きやすいので、さらに翌日、在庫があることを確認して新宿高島屋まで行き、色違いを購入。

Dsc02137

[こちらも合わせやすい色です]

ワコールは敗戦翌年、1946年、京都で小さな個人事業として始まった会社です。女性の社会進出と軌を一にして成長。肉体的にも精神的にも女性が胸をはって生きることを応援するのが企業理念とか。近年では「美しいエイジング」がマーケット拡充のキー・ワードのようです。

ハイヒールのキリリとした姿は確かに働く女性らしいイメージはあるのですが、一日はいていても疲れないハイヒールというのはなかなかありません。さらに40歳を過ぎたあたりから、土踏まずやふくらはぎの筋肉の力も落ちてくるので、だんだんハイヒールが億劫になりがちです。

しかし今はやりのクロップト・パンツ、これを一定年齢以上の女性が着こなそうとするとハイヒールなしではなかなか難しい。ペタンコなバレエ・シューズで可愛く、というのは若い子か身長165センチ以上のスタイルの良い人でないと、お尻が下がって見えるから危険です。ボーイフレンド・デニムもフラット・シューズをあわせるときはよほど注意しないと田舎のおばちゃんスタイルになってしまいます。でもきれいめなハイヒールと組み合わせれば、このあたりのリスクが回避できます。

日本女性の胸の形の研究をして半世紀。その三次元の解析力を靴づくりにも生かしたらしく、ワコールのハイヒールはなかなか優秀です。加齢に抵抗し、今しばしハイヒールをはき続けたいと思う中年ワーキング・ウーマンとしては、その企業努力をさらに継続して、70歳でも快適にはけるハイヒールの開発をしてもらいたいと切に願っています。

« ハナミズキ | トップページ | 田舎の嫁 »

コメント

これ、すごく素敵ですね~。外返持ちの私はポインテッドが履けないのですが、今度チェックしてみます。私が今シーズンゲットしたのは、初めての8センチヒール。只今近所で練習中ですが、これがなかなか大変で、1センチの壁に泣かされています。まつこさまは、8センチ履けますか?

Pukiさん、コメントありがとうございます。

8センチヒール、何度か挑みましたよ。今も忘れぬあのViciniの黒いミュール、シャルル・ジョルダンのピンクのヒール、などなど。すべてオブジェとしての美しさに魅了され、魔法にかけられたように、「あら、これならはけるわ」と売り場を闊歩したものです。ところが自宅に持ち帰り、魔法の解けたあとに待つのは、曲芸のような歩行と拷問のような窮屈さ。

それでもまだ掃いてみたい8センチヒール・・・。底の厚さが1センチあれば大丈夫かも、などとまだ未練を捨てていません。

上官殿 自分はゴムチューブで臀部筋を鍛えております。腰痛対策であります。

wombyさん、コメントありがとうございます。

我が家ではカーヴィーダンスで腰痛が軽減しました。ゴムチューブはヒップアップに効きますか?

上官殿 ゴムチューブ、私の場合には効くようです。整体の先生からの指導。ヒップアップに良いはずだとも思っております。自分にはあまり関係がありませんが。

wombyさん、コメントありがとうございます。

ふむ、ヒップアップと腰痛予防の一石二鳥ですか。ゴムチューブ、次回お目にかかった時に、ご指南ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加齢とハイヒール:

« ハナミズキ | トップページ | 田舎の嫁 »