« 晩柑 | トップページ | ハナミズキ »

2013年4月27日 (土)

シアバター

まつこです。

海外から小包が届くのは、うれしいものです。包装の段ボールがちょっとへこんでいたりすると、いかにも航空便で長旅をした感じが出ていて、「ご苦労様」と箱に向かって言いたくなります。

先日届いたのはこちら。

Dsc02000
[フランスから届いた小包]

Institut Karite(アンスティテュ・カリテ)というフランスのメーカーのスキンケア製品です。Institut Kariteは「シアバター研究所」という意味。シアバターを使ったスキンケア、ヘアケアを開発販売しているメーカーです。数年前にたまたま使ってみたらなかなか良い感じなので、以来、使い続けています。

あれこれ悩み多い50代の肌。ノン・ケミカルの自然派化粧品を使ってみたり、ランコムやコスメデコルテなどの高機能美容液を使ってみたり、どうせ何を使っても大した変化はないかと投げやりな気分になったり・・・。その試行錯誤、暗中模索の間も、このアンスティテュ・カリテのクリームやクレンジング・クリームはずっと使い続けてきました。

Dsc02002
[今回まとめ買いしたのは、デイ・クリーム、ナイト・クリーム、クレンジング・ミルク、ハンド・クリーム、スクラブ・マスク]

劇的な変化はないけれど、なんとなく肌が落ち着く安心感があります。ブルーと白のパッケージのデザインもちょっとレトロっぽくてオシャレ感があります。ちょっとミルクっぽいほのかな匂いも「舶来品」らしい懐かしさを感じます。

409pxnofretete_neues_museum
[古代エジプトの王妃ネフェルティティもシアバターを使っていたらしい]

クレオパトラとともに古代エジプトを代表する美女ネフェルティティの美しさの秘密もこのシアバターだったとか。30年ほど前、ベルリンのエジプト博物館でこのネフェルティティの胸像を見たとき、その幾何学的な優美さに目を奪われました。あのときの息を飲むほどの衝撃は今もよく覚えています。この紀元前14世紀のエジプト王妃が使っていたのが、アフリカ奥地の聖なる木から採れたシアバター。

3千年以上の時を経て、その効用に少しでもあやかりたい!そう願いつつアンスティテュ・カリテのオンライン・ショップでお買い上げ。英語のページがあるので、フランス語が出来なくても買えます。注文してから1週間程度で届きます。

« 晩柑 | トップページ | ハナミズキ »

コメント

わー、さすがはフランス、パッケージがお洒落ですね。ハンドクリームは、ロクシタンのラヴェンダーを愛用していますが、このメーカーは知りませんでした。シアバターの香りがちょっと苦手ですが、これは良い香りなのでしょうか?

Pukiさん、コメントありがとうございます。

こちらのメーカーはロクシタンほど商品の幅が広くなく香りのヴァリエーションもありません。ひたすら実質本位。シアバターの匂いが苦手な人にはダメかも。

顔の年齢はある程度ごまかせても手でバレる・・・ということがしばしばあるので、ハンドクリームって大切!職場のデスクの引き出しに一つ、バッグの中に一つ、洗面所に一つ・・・行く先々にハンドクリーム常備です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/57260514

この記事へのトラックバック一覧です: シアバター:

« 晩柑 | トップページ | ハナミズキ »