« 春の挨拶 | トップページ | スズラン »

2013年4月13日 (土)

Downton Abbeyを語りあう夜

まつこです。

青山のビストロに熟女3人が集まり、「Downton Abbeyについて語り合う会」を催しました。

Photo_2
[壮麗なる館Downton Abbey。写真はDaily Mailより]

Downton Abbeyはイギリスのテレビ局ITV製作のドラマ・シリーズで、2010年から続いています。第一次世界大戦前後の時代、イギリス貴族の館を舞台とする時代劇です。遺産相続、階級社会、アイルランドの独立といった歴史的問題あり、階級を超えた恋愛ロマンスありの波乱万丈の展開で視聴者を毎回ドキドキさせ、ゴージャスな衣装の数々、壮麗なるインテリア、イギリスのカントリー・ライフの美しさで目を釘付けにして、大ヒットとなりました。

Dining_room
[ゴージャスなセットが一つの魅力。写真はDaily Mailより]

イギリス、アメリカのみならず、中東やアジアでも膨大な数の視聴者を得て、その世界的成功たるやニューヨーク・タイムズ紙が「太陽の没することなき大英帝国のかけら」(A Bit of Britain Where the Sun Still Never Sets)と呼ぶほどです。日本でもスター・チャンネルで放映されているようです。

Photo_3
[それぞれ個性の強い三人姉妹。写真はDaily Mailより]

こういうドラマはたっぷり感情移入して見る方が断然楽しめます。「三人姉妹の長女の婿マシューと三女の婿トムのどちらがよりカッコいいか」「美人で気の強い姉を持つ次女はいかに大変か」「三女が亡くなったエピソードでどれほどの涙を流したか」など、それぞれの熱中ぶりを遠慮なく語り合い、同好の士を得た喜びを存分に味わった夜でした。

Servants
[召使いの間でも恋愛あり、愛憎のもつれあり、ドラマがいっぱい。写真はTelegraphより]

このドラマの大きな魅力の一つはマギー・スミス演じる貴族の老婦人の、寸鉄人を刺す鋭い毒舌です。"What is a weekend?"「週末って何ですの?」は最初のエピソードに出てきた有名なセリフ。平日とか仕事という概念をそもそも持たない貴族と、週日に弁護士の仕事をし週末に館の管理をしようとするアッパー・ミドルクラスの生活感覚の違いを、たった一言で際立たせました。

[What is a weekend?]

Photo_4

[マギー・スミス対シャーリー・マクレーン。英米横綱対決の趣あり。息子の妻はアメリカ人、その母がアメリカからやってくることになり、マギー・スミス演じる貴婦人はこう言い放ちます。"When I am with her, I'm reminded of the virtues of the English."(あの方といるとイギリス人の良さがわかるわ)]

高飛車な上流階級を演じさせたら右に出るものがいないマギー・スミス。でもこの名女優も78歳。心臓疾患や癌など健康問題のせいで、Downton Abbeyの次のシーズンに出演できるかどうかまだ決まっていないようで、世界中のファンをやきもきさせています。

Mattew

[やっと結ばれたマシューとメアリーなのに・・・]

また幾多の障壁を乗り越えて長女メアリーと結婚しDownton Abbeyの若き当主となったマシューもファンの多い役でしたが、それを演じたダン・スティーブンズがこの世界的人気に押されアメリカ進出をしたせいで忙しくなり、作者ジュリアン・フェローズも筋の展開で苦心したようです。

そんなあれやこれやも含め、ファンをハラハラさせて4年目のシーズンの製作が目下進んでいます。DVDの発売が今から待ち遠しいことです。次のシーズンを見終わったら、また3人で集まって泣いたり笑ったりしながらエピソードの数々について語り合うことにしましょう。

Photo
[Downton Abbeyについて熱く語り合う会。よく語り、よく飲み、家についたら真夜中。そのままソファに座り込んで眠り、うめぞうがいくら呼びかけてもピクリとも動かなかったそうです。ちょっと飲み過ぎました。反省]

« 春の挨拶 | トップページ | スズラン »

コメント

面白そうなドラマですね~。グレン・クローズのDamages以来、海外ドラマはほとんど見ていない私。目下、「八重の桜」で会津弁にハマってごぜえやすが、エゲレスものにもハマってみててえでやす。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

イギリスのテレビ・ドラマはとにかく役者がうまい!演劇の伝統の厚みを感じます。

ダン・スティーブンズはケンブリッジでマーロウ・ソサエティのメンバーでピーター・ホールに見いだされてシェイクスピア劇にも出ていました。ただハンサムなだけじゃなく、昨年はブッカー賞の選考委員も務めたインテリ。「アメリカに行くなんてもったいない」とマギー・スミスなら言いそうです。

「八重の桜」、面白そうですね。明日から私も見てみようかな。

まつこさま

楽しいひとときでした。楽しすぎて生ハムとチーズ以外は食べたものすらあまり記憶にありません・・・(笑)。

これでゴールデンウィークぐらいまでは乗り切ることができそうです。

まあ、season 3のendingはあまり納得いきませんでしたがね。

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

あの晩私は、ソファーで背筋を伸ばして座ったまま眠りこみ、呼んでも揺すっても目を覚まさなかったそうです。そんなに飲んだかしら?

Thomasの件でしょう、納得できない部分って。Tom Branson のクリケット姿はなかなか爽やかでいいと私は思ったけど。2012年のクリスマス・エピソード入手しました。近日中に、持って行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/57163456

この記事へのトラックバック一覧です: Downton Abbeyを語りあう夜:

« 春の挨拶 | トップページ | スズラン »