« 新潟の春 | トップページ | てんぷら »

2013年3月17日 (日)

ふきのとう

まつこです。

庭のすみっこで見つけた!

Dsc01772
[枯葉の中から顔を出すふきのとう]

よく見ると、たくさんあります。

Dsc01774
[花が開いているのも見た目がかわいい]

この人の場合、食べ物は鑑賞ではなく収穫すべきものです。

Photo
[あるある・・・]

Photo_2
[ふきのとうの天ぷら食べたい]

Photo_3
[お味噌汁に入れるのもいいね]

ふきのとうを摘んだ手にも匂いがうつり、春の香りがします。荒れ果てた庭の片隅にも確実に春が到来していました。

« 新潟の春 | トップページ | てんぷら »

コメント

ふきのとう、美味しそうっ!うめぞうさん、張り切ってますね~。「つくしのおひたし」が大好物の私の父は、毎年この時期になると、そわそわします。つくしが生える場所を巡回しては、(勝手に)せっせと収穫しているようです。子供の頃の思い出の味だけに、年々執着が強くなっているようです。。。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

オックスフォードから戻られたのですね。「ふきのとう」や「つくし」は、いかにも日本の春を感じさせる植物ですね。私はつくしは食べたことがありませんが、苦みがあるものなのかしら。苦みや香りは高度に洗練された食文化ですよね。きっとイギリス人にはわかんない・・・かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/56972114

この記事へのトラックバック一覧です: ふきのとう:

« 新潟の春 | トップページ | てんぷら »