« 今週のお土産 | トップページ | やよい »

2013年2月26日 (火)

ピンク

まつこです。

先日、年甲斐もなくピンクのパンツを買いました。まだ寒いけれど、そろそろ春を先取りしたい気分。このピンクのパンツ、はいてみました。

Photo_2
[チューリップもピンク、ストールもピンク]

こういう派手なものを身につけるときは、躊躇や恥じらいは禁物。「年の割に派手?いいでしょ!」という強気な姿勢が大切です。

このピンクのパンツで出かけた先は、女性専用外来のあるクリニック。ピンクは乳がん検診の受診を推進するキャンペーンのシンボル・カラーです。ピンクのパンツでテンションあげて、2年ぶりのがん検診に行ってきました。結果は異常なし

ピンク・リボンのキャンペーンは、化粧品メーカーのエスティ・ローダーが最初に始めたようです。私はラルフ・ローレンのピンクのポニーのTシャツも持っています。ちょっとお洒落なイメージのキャンペーンですが、商業主義に利用されているという批判もあるようです。でも多少、商業主義的なお洒落感があるからこそ、つられて受診する私のような女性もいるのではないでしょうか。

厚生労働省はガン検診の受診率を50%にのばすことを目標としていますが、日本の受診率はまだまだ低く、乳がんの検診率は20%ほど。(マンモグラフィ受診率となるとさらに低く12%程度。)OECD加盟国の中では最低レベルだそうです。

ちなみに厚労省も検診率向上のためのキャンペーンをやっていてイメージ・キャラクターも選定しています。

Index_img02_3  
[こんなキャラクター、ご存知でしたか?]

病気の「癌」と鳥の「雁」、さらに「検診」と上杉「謙信」という、オヤジギャグみたいな駄洒落を使ったキャラクターだそうですが、どうもインパクトに欠けます。電○でも、リ○ルートでもいいから、民間会社のマーケティングのノウハウを活用して、もうちょっと大衆の心理に深く食いこむキャンペーンを繰り広げてほしいものです。

Polopinkpony_3

[こちら、ラルフ・ローレンのピンク・ポニー。みなさんも1年に一度、受診しましょうね!]

« 今週のお土産 | トップページ | やよい »

コメント

ピンクって、陽射しはやわらかくなったけど、実は結構寒いこの時期に着たくなる色で、私も薄ピンクのニットをカイロを貼って愛着しています。心なしか、体温も上がる気がするのです。まつこさまのように、薄いグレーとも合いますね。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

寒い季節のおしゃれのために、薄着にカイロ、これ必定ですね。

若い頃はピンクなんて着ませんでした。Pukiさんはいかが? 私は年とともに、派手なものがワードローブにまじるようになってきました。そのうちラメでキラキラしたおばあちゃんになりそうな予感がします・・・。あんまり珍妙になったら警告してね!

高校時代は熱烈な宝塚ファンだったので、ピンクもフリルも着倒しました(笑)。お互い、色の力を借りて頑張りましょう~

え、Pukiちゃんがフリル? 想像できない・・・。背が高くてスラっとしているから男役なら似合いそうだけど。いつか高校生の時の写真見せて!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/56847491

この記事へのトラックバック一覧です: ピンク:

« 今週のお土産 | トップページ | やよい »