« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

ピンク

まつこです。

先日、年甲斐もなくピンクのパンツを買いました。まだ寒いけれど、そろそろ春を先取りしたい気分。このピンクのパンツ、はいてみました。

Photo_2
[チューリップもピンク、ストールもピンク]

こういう派手なものを身につけるときは、躊躇や恥じらいは禁物。「年の割に派手?いいでしょ!」という強気な姿勢が大切です。

このピンクのパンツで出かけた先は、女性専用外来のあるクリニック。ピンクは乳がん検診の受診を推進するキャンペーンのシンボル・カラーです。ピンクのパンツでテンションあげて、2年ぶりのがん検診に行ってきました。結果は異常なし

ピンク・リボンのキャンペーンは、化粧品メーカーのエスティ・ローダーが最初に始めたようです。私はラルフ・ローレンのピンクのポニーのTシャツも持っています。ちょっとお洒落なイメージのキャンペーンですが、商業主義に利用されているという批判もあるようです。でも多少、商業主義的なお洒落感があるからこそ、つられて受診する私のような女性もいるのではないでしょうか。

厚生労働省はガン検診の受診率を50%にのばすことを目標としていますが、日本の受診率はまだまだ低く、乳がんの検診率は20%ほど。(マンモグラフィ受診率となるとさらに低く12%程度。)OECD加盟国の中では最低レベルだそうです。

ちなみに厚労省も検診率向上のためのキャンペーンをやっていてイメージ・キャラクターも選定しています。

Index_img02_3  
[こんなキャラクター、ご存知でしたか?]

病気の「癌」と鳥の「雁」、さらに「検診」と上杉「謙信」という、オヤジギャグみたいな駄洒落を使ったキャラクターだそうですが、どうもインパクトに欠けます。電○でも、リ○ルートでもいいから、民間会社のマーケティングのノウハウを活用して、もうちょっと大衆の心理に深く食いこむキャンペーンを繰り広げてほしいものです。

Polopinkpony_3

[こちら、ラルフ・ローレンのピンク・ポニー。みなさんも1年に一度、受診しましょうね!]

2013年2月25日 (月)

今週のお土産

まつこです。

日曜日、私は高槻の老人ホームの母を訪問。帰路に京都伊勢丹に寄り道。今週の京都土産は・・・。

Dsc01610
[本田味噌の柚みそ、ふきみそ、なり田のすぐき]

関西出身の友人ぽにょさんに勧められて、初めて「すぐき」の漬け物を買ってみました。乳酸菌による発酵食品とのこと。発酵の匂いと酸味の組み合わせが、私は苦手なのですが、付されていた説明書きによると、「美容に良い」とのこと。

では、がんばって挑戦してみましょう。

Dsc01611
[千枚漬とすぐき]

若干、抵抗感のある風味ですが、「美容」の一言にひかれて、口に運びます。「好きな味」とは言えませんが、だんだん慣れてくれば美味しく感じるようになるかもしれません。千枚漬はだいぶ好きになってきました。

Dsc01616
[ふろふき大根]

柚みそはふろふき大根に合わせてみました。

Dsc01614
[ふきみそ]

今回、一番、気に入ったのはこのふきのとうの風味の味噌。これは日本酒のアテにいいですね。

50歳過ぎて、遅ればせながら、日本の伝統食の美味しさを理解できるよう、関西に行くたびに少しずつ新しいものを試してみようと思っています。

2週間ぶりの母はそれほど様子が変わっていませんでした。母を楽しませる作戦に、今週はiPadを使ってみました。通販とかファッション雑誌のサイトで、洋服、靴、バッグなどを一緒に見てみました。

Photo
[お洋服の通販ページを熱心に見る母]

これは作戦成功。「あら〜、たくさんあるのね〜」とうれしそうな声を上げていました。

もう毎日、着る服さえ、自分で選べなくなり、職員の方が適当に組み合わせてくださったものを着ていますが、以前は母は買い物好きでした。ショッピング・サイトを見て、思考の回路も一瞬つながったようです。

「これはあなたに合うわ。こういうの、一つ買うと、次のも買いたくなるのね。それでいいのよ

久々に母からもらったありがたいアドバイスでした。京都の漬け物と母の言葉をお土産に抱えて東京に戻りました。

2013年2月22日 (金)

老人ホーム入居完了

まつこです。

うめぞうの両親が無事、老人ホームに入居しました。

Photo

[引っ越し当日の夜、互いの健闘を讃え合ってワインで乾杯したウメマツ。夜9時、上野駅構内のブラッセリーで。疲労のためか、うめぞうの肩も心なしか落ちている]

引っ越し当日は、私が老人ホームで待機して、運送屋さんから荷物を受け取ることになっていました。どんどん運び込まれてくる段ボール、段ボール、段ボール、段ボール、段ボール、段ボール・・・。一人黙々と、それを一つずつ開けていきます。トイレット・ペーパーと昆布の佃煮と聖書が同じ箱に入っていたり、喪服が何組も出てきたり、ジャムの空き瓶が5、6個丁寧に梱包されて出てきたり、そのたびに私の頭の中は「???」。

うめぞうが両親を連れて到着するまでには部屋を片付けておく心づもりでしたが、到底ムリ。結局、一日かかりで山のような荷物も、なんとか部屋におさまりました。義父母は新しい住まいが気に入ったようで、「新婚生活みたい〜」と喜んでいます。

Dsc01591

[温泉に行ってきたうめぞうのゼミの学生からお土産にもらったハロー・キティの靴下。このとぼけたお土産が疲れた心身の癒しになりました]

荷物整理の途中でひそかにヨメが捨ててしまったものがあったり、当日中に家に持ち帰ったものがあったり、かなり混迷した引っ越しでしたが、終わりよければすべて良し!やれやれ、とほっと一息ついています。

追記

「こんなのいらないよね〜。古いし・・・。新しいの買っちゃったから捨てちゃお!」とひそかにヨメが捨ててしまったあれこれのなかに、後日、「あれはどこにいった?」と問題となったものもあります。物不足の戦時中を生き延びた両親と、断捨離派のヨメの間に挟まれたうめぞうは、「きっと引っ越しのゴタゴタの最中にどこかにいっちゃったんだよ」としらばっくれ続けてくれています。

2013年2月18日 (月)

老人ホーム入居まであと三日

まつこです。

うめぞうの両親の老人ホーム入居が目前です。先週は老人ホームに行って新たに購入した家具の設置などを行い、週末は実家で荷造りの手伝い。ところが一足先に行ったうめぞうから心細そうな声の電話があり、「君も来てくれるよね・・・」。

行ってみると荷物の山、山、山!

Dsc01580
[記事とはまったく関係のない写真。荷物の山を見て仰天したら、お茶でも飲んでまずは落ち着こう!でも、うさぎとくまの目も点になっているように見える・・・]

夫婦用居室とはいえ、こんなに多くのものは入りそうにありません。自宅はそのまま残しておくので、「できるだけ身軽にね。最小限度のものだけ荷造りしておいてね」と言っておいたのですが、喪服一式からミシンまで荷造りされています。

家財を自宅と老人ホームの二カ所に仕分けるということが、お義母さんにはどうも難しいみたいです。ま、仕方ありません。イメージの修正が難しいのが老人というもの。ここはいったんすべて老人ホームに持ち込み、入りきらないとか使わないということがはっきりした時点で、自宅に送り返すことにしましょう。

あと数日、老人ホーム入居のドタバタが続きそうです。

2013年2月15日 (金)

特注品

まつこです。

なぞなぞです。これはなんでしょう?

Dsc01563
[何だろう?]

角度を変えるとこんな形。特別に注文したオーダー・メードの製品です。

Dsc01564
[素材はアクリル]

答えは最後に・・・

先日、うめぞうが風邪をひいたとき、熱が続いてひどい汗をかきました。パジャマやシーツをどんどん洗わなければならず、3日間連続で1日3回洗濯機を回しました。その3日目に、乾燥機能が故障してしまいました。

それまで使っていたのはエレ○ロラッ○ス社の製品です。その前も同社の製品を使っていました。20年近くエレ○ロラッ○ス社の洗濯乾燥機を使い続けた結論は、「デザインは良いが、修理代がかさむ」。

今回はすぐに使いたいし(風邪をうつされたくない!)、国内メーカの製品に買い替えようと決意しました。午前中にヨドバシで注文したら、夕刻には配達、設置、夜には使用開始。日本の家電メーカー、海外では苦戦しているようですが、サービスのきめ細やかさは、やはりダントツです。

しかし・・・

デザインがよくない・・・

今までのエレ○ロラッ○ス社のに比べると、どのメーカのも大きくて、設定ボタンや液晶パネルがやたらとついていて、妙に近未来的な曲線の外形をしています。「火星着陸用カプセル」みたいなイメージです。どのメーカーも似たような感じ。

Dsc01554_2
[新しく設置された洗濯機]

その中で、比較的デザインがおとなしく、小型のを選びました。うーん、まあ、これならぎりぎり許容範囲かな・・・。

でも洗濯機買い替えに際しては、さらなる懸案事項がありました。

集合住宅では年に1度、配水管の高圧洗浄があります。でも我が家の場合は排水口が洗濯機の下にあるため、この部分だけは10年間ずっと洗浄できませんでした。作業員の方から、専用のかさ上げ台が売っているので買い替えの際にはそれを使用するようにと言われていました。ヨドバシの人にその旨を伝えると、よくある事例らしくテキパキ手配してくれました。

しかし・・・

設置してもらったあとに見てみると

洗濯機が宙に浮いている!

ように見えます。

Dsc01560
[この隙間が問題]

確かに、下をのぞきこむと排水口まで見えて、これなら高圧洗浄も簡単にできます。でも、見た目がヘンテコです。うめぞうも「これ、ヘンだよ。スカートが短過ぎてパンツが見えている女の子みたい」と妙な感想を述べています。

なんとかこの隙間を隠したいと、あれこれ考えて、ネットで注文して届いた製品が、一番上のアクリル板。サイズや色や形状がオーダーできるサイトを見つけて購入しました。

これを使うと・・・

Dsc01565
[なぞなぞの答えは「隙間の目隠し」でした]

こんなふうに目隠しできます。上から見ると、まだ隙間があるのですが、これならマシです。

家電のデザインだけでなく、日本の住まいについては、まだまだ美意識が欠けているように思えます。多機能で便利な道具があふれていますが、狭い住宅環境では道具を減らしてシンプルにしないと、どうしてもゴチャゴチャしがち。エスプレッソ・マシーン、ホームベーカリー、足マッサージ機など、「ちょっと欲しい」と以前から思っているものはあるのですが、買えばどうしても空白のスペースが減ってしまいます。だから我慢。

コーヒーはフィルターでいれるものだけで我慢し、パンはまめにおいしいパン屋さんで買うようにし、足がむくんだときは夫にもませる。これでなんとかなるものです。

2013年2月14日 (木)

バレンタインデー(快気祝い)

まつこです。

青山のL'ASは、なかなか予約が取れないレストランだそうです。麻布十番のカラペディ・バ・トゥ・バの前のシェフが独立して開いたお店です。

「あの、来週だったらどの日でもいいんですが・・・」と電話をしてみると、14日なら空いていると言われました。

Las

[バレンタインのディナーというより、風邪がほぼ治った「快気祝い」です]

うめぞうは、「2月14日ってバレンタイン・デーだよ!ちょうどいいね!!」と喜び、わたしは「誰かがキャンセルしたんだろうね。中年夫婦がまじったら周りの若いカップルのロマンティックな雰囲気が壊れないかな・・・」と冷静な反応。でも、せっかく取れた予約なので行ってきました。

Photo

[ハーゲンダッツのクリスピーサンドに似せたフォアグラのムース、生で食べられるカボチャのサラダ、トリュフ入りのカリフラワーのポタージュ、アンコウのアメリケーヌ・ソース、小鳩のアンチョビ・ソース、プチ・トマトのコンポートとバジルのゼリー]

凝ったお料理が少しずつ出る料理で、どれも美味しかったです。お料理と合わせて一皿に一杯ずつワインを選んでもらうセットにしたら、確かにワインとお料理の香りや味が調和して、「マリアージュ」とはこういうことかと納得しました。

Img_0050_2

[チョコレートのムース]

最後はバレンタイン・デーのお約束、チョコレートのデザート。

店内はカップルばかりかと思ったら、女性同士のテーブルもいくつかありました。女性同士で、高級そうなチョコレートの交換をして盛り上がっていました。日本のバレンタイン・デーは、職場や友人同士の円滑なコミュニケーションのための「贈答文化」に進化しているようですね。

2013年2月11日 (月)

苦手克服計画

まつこです。

土曜日、母を訪ねたあと、京都駅で新幹線にのる前に伊勢丹でお買い物。買ったのは・・・

Dsc01538
[京菜漬、千枚漬、しば漬]

京都の老舗「なり田」のお漬け物。

実は私は漬け物とお味噌汁が苦手です。懐石料理で最後に白いご飯に赤だしとお漬け物が出てきたりしますが、学生時代、初めて懐石料理の席に招かれた時は、面食らいました。「おかずがないから食べられない」という状態です。

あの日以来、20数年をかけ、お味噌汁はようやく美味しさがわかりかけているのですが、お漬け物はまだ苦手。

Dsc01546
[清水焼の小皿にのせて。苦手克服にはまず美しい盛りつけから]

ところが年末に仕事関係の会食で京料理の「かじ」というお店で食事をした際、最後に出てきたお漬け物をちょっとつまんでみたところ、「あれ、おいしい・・・気がする。」漬け物の美味しさにちょっと開眼した瞬間でした。

以来、関西に行くと、お漬け物を買ってきて、すこしずつ舌を慣らしています。まだ奈良漬けとかぬか漬けとか、匂いが強いのはダメなので、千枚漬けあたりからボチボチと。

Dsc01545
[藤野の飛龍頭は百合根、ぎんなん、キクラゲなど具がたくさん入っていました]

Dsc01547
[生湯葉はしっかり厚みがあってモチモチしていました]

ついでに京とうふ「藤野」の飛龍頭や生湯葉も買ってきて、ちょっとだけ京料理風のお夕飯にしてみました。

Dsc01550
[All Aboutの「シンプル和食レシピ」で見つけたお味噌汁]

お味噌汁はAll Aboutで見つけたレシピの菜の花と油揚げとかき玉のお味噌汁。

最近、こうして少しずつ和食が増えている我が家の食卓です。ココログの「Mikageマダム」みたいな美しい食卓が目標なのですが、うめぞうに言わせると「君のは『見かけマダム』だね」。苦手な漬け物を克服し、和食の腕を上げるのが、この春の目標です。

2013年2月10日 (日)

ロリアのハンドクリーム

まつこです。

昨日は老人ホームの母のところに行ってきました。症状が急激に進んでいる母のために、頻繁に行ってあげたいと思うのですがが、ととりあえず老人ホームを訪ねる目的は、ただ一つ、母を笑わせることです。77年の人生の記憶がほとんど消えつつあるこの瞬間に、母と共有できる経験は一緒に笑うことです。

Dsc01542
[今回、役にたったのはロリアのハンドクリーム]

先回、『論語』の「朋あり、遠方より来る、また楽しからずや」の「楽し」のところで必ず笑っていたので、今回も孔子の「学而第一」を音吐朗々読みあげてみました。しかし今回、「論語」は笑いのツボからはずれていたようです。二人で真剣な表情で真面目に読むだけ。

「毎回『論語』で笑うわけないよね・・・」と我ながら自分でやっていることの可笑しさに私の方が、笑っちゃいました。

そうそうに「論語」は諦めて、あまり伸びてもいない爪を切ってあげて、手がカサカサしていたのでバッグのポーチの中に持ち合わせていたロリアのハンドクリームを塗ってあげました。今回はこのロリアのハンドクリームが「ツボ」でした。

ラベンダーとバニラの甘〜い香りのハンドクリームです。「ママ、いい匂いするよ」とクリームを塗った手を鼻に近づけてあげると、「あら〜、ほんとう、いい匂い〜、ホホホ・・・」と満面の笑顔。この日は一緒にいた数時間のうちに何度も、このハンドクリームを塗っては「あら、いい匂い、ホホホ・・・」を繰り返しました。

認知症の母の笑いのツボ探しは、なかなか面白い挑戦です。次回もロリアかロクシタンか、何か良い匂いのハンドクリーム持って行ってみます。

2013年2月 7日 (木)

大人買い

まつこです。

用事があってデパートまでお出かけ。

ついでだからちょっとだけ洋服も見てみようかしら・・・。

Dsc01534
[今年はカラーパンツが流行るらしいわ]

あっと言う間にパンツ3本、色違いでお買い上げ!

買物の法則その1:身体にあってシルエットが気に入るパンツを見つけたら即決で買うべし。
だいたい日本人女性の体型の弱点はみんな同じようなもの。私に合うパンツは他の人にも合う確率が高い。故に、ためらっていると先に買われてしまう。

買物の法則その2:どの色にしようか迷った時は両方(全部)買うべし。
同じデザインのボトムズならトップスも同じものを合わせられることが多い。たとえば一枚のセーターでも色違いのパンツが二本あれば二通りに着られる。色違いで持っていると着回しの幅が広がる。

買物の法則その3:大人買いしたらクヨクヨ後悔するべからず。
勢いにまかせて「これ色違いで3本ともください」と言ってしまったら、その「勢い」は「宿命」だったと納得しよう。売り場で出たアドレナリンの快感は、高価なサプリよりもよほど健康に良い。

たまには大人買い、良いものです。

2013年2月 5日 (火)

鬼はどっち?

まつこです。

2月3日は節分。4日は立春。暦通りの暖かな日が続きましたが、うめぞうは風邪でずっとベッドで寝ていました。ベッドで咳をしているうめぞうに、無理を言って頼んでみました。

Dsc01533001
[鬼は外!]

まつこ:ねえねえ、ブログの話題がなくて困っているんだけど協力してくれない?
うめぞう:ゴホゴホ・・・なにすればいいの?・・・ゴホゴホ。
まつこ:節分だから家から逃げて行く鬼の役やって。
うめぞう:ゴホゴホ・・・えー、ボクが鬼?・・・ゴホゴホ。
まつこ:写真撮るだけだから、お願い!
うめぞう:ゴホゴホ・・・風邪で大学休んでいるんだから、こんなのブログに載せないでね・・・ゴホゴホ。
まつこ:はいはい。

咳き込むうめぞうにお面をかぶせ、ベランダから逃げて行く鬼のポーズをさせてみました。

「風邪?ウィルスなんか鬼と一緒に追い出しなさい!風邪は外!鬼も外!」

このように夫を叱咤激励する妻のことを「鬼ヨメ」と呼ぶのでしょうか。鬼ヨメのスパルタ式介護のかいあって、うめぞうの風邪もようやく治りかけています。

2013年2月 1日 (金)

きさらぎ

まつこです。

今日から2月。

Dsc_0004
[ほころびはじめた紅梅]

2月は「如月」。草木がよみがえる時節という意味で「生更ぎ」(きさらぎ)というのだとか。

仕事が早めに終わった午後、同僚のぽにょちゃんと一緒に駅に向かう道すがら、ふと上を見ると紅梅がほころびはじめていました。白梅のつぼみもふくらんでいます。

Photo
[梅の木の前でポーズをとるぽにょちゃん]

寒さと陽射しがまじり合う季節です。うめぞうは風邪をひいてダウン。みなさん、どうぞ気をつけてください。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »